おおすみ (巡視船)

おおすみ」(Ōsumi)は、海上保安庁ヘリコプター1機搭載型巡視船つがる型巡視船の2番船にあたる。船種記号は、当初は他の大型巡視船と同じPL(Patrol vessel Large)とされていたが、後にPLH(Patrol vessel Large with Helicopter)に変更された[注 1]。また公称船型も、当初は単に「ヘリコプター搭載型」と称されていたが、2機搭載のみずほ型の出現によってヘリコプター1機搭載型となった[3]

おおすみ
JCG Osumi (PLH-03).jpg
基本情報
船種 巡視船 (ヘリコプター1機搭載型)
船籍 日本の旗 日本
運用者  海上保安庁
建造所 三井造船玉野造船所
母港 鹿児島横浜
船舶番号 123526
信号符字 JCHD
IMO番号 793477993
改名 さがみ(2022年2月1日以降)
経歴
発注 昭和53年
起工 1978年9月1日[1]
進水 1979年6月1日[1]
竣工 1979年10月18日[1]
要目
総トン数 3,237トン(旧)[2]
全長 105.0メートル
15.0メートル
詳細な要目表はつがる型巡視船を参照
テンプレートを表示

2022年に「さがみ」(Sagami)と改名された。

船歴編集

1979年10月18日に竣工し、鹿児島海上保安部第十管区)に配属された。船名は大隅半島に由来する。

その後、新造の「しゅんこう」が同保安部に配属されることになったことから、2019年12月25日付けで横浜海上保安部第三管区)へ配属替えとなった。1979年10月から2019年10月までの間で、航走距離は約95万海里、457回の海難出動で304人を救助した[4]

なお平成22年度補正予算で延命・機能向上工事費が認められ、2012年1月から同年6月まで工事を受けた[4]。その際に、主兵装であるボフォース 60口径40mm単装機関砲エリコン 90口径35mm単装機関砲へ換装している。

みやこ型巡視船の2番船が「おおすみ」と命名されたことに伴い、2022年2月1日に「さがみ」と改名された[5]

搭載機の変遷編集

機種 機番 愛称 配属期間
ベル 212 MH540 きんこう 1979年2月7日-2011年3月25日
MH595 2011年3月6日-2015年3月12日
シコルスキー S-76D MH912 るりかけす 2015年3月9日-

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1985年6月1日付けで「海上保安庁の船舶の番号および名称の附与基準」(昭和24年海上保安庁達第54号)の一部が改正されて「PLH」の記号が制定されたもので、本船は同年9月4日付けで変更された[3]

出典編集

参考文献編集

  • 海人社編「海上自衛隊・海上保安庁 艦船の動向 : 昭和60年度を顧みて」『世界の艦船』第366号、海人社、1986年7月、 61-67頁、 NDLJP:3292150
  • 海人社編「海上保安庁 PLHの全貌」『世界の艦船』第590号、海人社、2001年12月、 53-59頁、 NAID 40002156202
  • Wertheim, Eric (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World (16th ed.). Naval Institute Press. ISBN 978-1591149545 

関連項目編集