メインメニューを開く

おかしな関係』(Best Defense)は、1984年アメリカ合衆国コメディ映画ウィラード・ハイク監督、ダドリー・ムーアエディ・マーフィ出演。マーフィは「戦略的ゲスト・スター」とクレジットされている。

おかしな関係
Best Defense
監督 ウィラード・ハイク
脚本 グロリア・カッツ
ウィラード・ハイク
原作 ロバート・グロスバック
『Easy and Hard Ways Out』
製作 グロリア・カッツ
出演者 ダドリー・ムーア
エディ・マーフィ
音楽 パトリック・ウィリアムズ
撮影 ドナルド・ピーターマン英語版
編集 シドニー・ウォリンスキー英語版
製作会社 シネマ・グループ・ヴェンチャーズ
エディ・マーフィ・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年7月20日
日本の旗 1985年10月5日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $18,000,000
興行収入 $19,265,302[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

1984年のクウェート、そこに陸軍兵として送られたT・Mランドリー中尉は、軍事テストで最新型の戦車にアリとサイードとともに乗り込み、戦車の能力を披露しようとするが、戦車は欠陥だらけで操縦が利かなくなり、テスト場から出て行ってしまう。その2年前、戦車のミサイル装置に使用されている「DYPジャイロ」の開発にかかわっていたのは、才能はないが正義感はあるワイリー・クーパーだった。

ワイリーの会社は業績不振により倒産寸前で、DYPジャイロに会社のすべてをかけていた。しかしジャイロの実験が失敗してしまい、会社にあきらめムードが漂い始めた。そんな中、バーで飲んでいたワイリーに、エンジニアのフランク・ホルツマンという男が話しかける。彼はKGBに狙われていると訴えるが、巻き込まれたくないワイリーは早々に退散しようとする。するとホルツマンは、ワイリーのかばんにデータディスクを忍ばせると、直後彼は男たちに連れ去られる。翌日会社のコンピュータでそのディスクを見ると、内容は高性能なジャイロの設計図だった。それを見た社長や同僚は、ワイリーの開発だと勘違いし、彼は会社の救世主と祭り上げられるが、同時にジェフというKGBの産業スパイに付け狙われるようになる。

一方のランドリーたちは、欠陥だらけの戦車でなんとかしてテスト場に戻ろうとするが、敵による攻撃が開始され、それに耐えながらようやく軍のもとにたどり着いた。だが、再び使い物にならない戦車で戦場に駆り出され、ランドリーたちは命の危機にさらされる。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ワイリー・クーパー ダドリー・ムーア 安原義人
T・M・ランドリー中尉 エディ・マーフィ 江原正士
ローラ・クーパー ケイト・キャプショー 高島雅羅
スティーヴ・ロパリノ ジョージ・ズンザ 池田勝
クレア・ルイス ヘレン・シェイヴァー 吉田理保子
ハーヴィ・ブランク マーク・アーノット英語版 二又一成
フランク・ジョイナー社長 ピーター・マイケル・ゴーツ英語版 筈見純
フランク・ホルツマン トム・ヌーナン
ジェフ デヴィッド・ラッシュ 千田光男
チーフ・エージェント ポール・コミ英語版 仁内建之
ザイアス軍曹 ダリル・ヘンリケス
FBIエージェント ジョエル・ポリス英語版 田原アルノ
アリ マシュー・ローレンス英語版
サイード クリストファー・メイハー英語版 牛山茂
ガルシア・ヴェガ大佐 エドゥアルド・リカルド 塚田正昭
パディラ署長 ウィリアム・マークェス 加藤正之
モーガン・クーパー マイケル・スカレラ 神代知衣
ソニー レイ・バーク
カーリー デヴィッド・ペイマー
  • 日本語吹替:テレビ放送版(DVD収録)

スタッフ編集

参考文献編集

  1. ^ Best Defense” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2014年3月26日閲覧。

外部リンク編集