メインメニューを開く

おぎやはぎの「ブス」テレビ』は、インターネットテレビAbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで2017年1月23日から配信されているトークバラエティ番組。副題は「BROADCAST EVERY MONDAY 21:00 CAST IS OGIYAHAGI AND BUSU」。

おぎやはぎの「ブス」テレビ
ジャンル トーク番組/バラエティ番組
配信時間 月曜 21:00 - 22:00(60分)
配信期間 2017年1月23日 -
配信国 日本の旗 日本
制作 AbemaTVイースト・ファクトリー[注 1]
出演者 おぎやはぎ

特記事項:
AbemaGOLDEN 9配信枠番組
テンプレートを表示

目次

概要編集

「ブスに幸せと勇気を与える」と銘打ち、「ブス」を主役に据えたバラエティ番組である[1]

“世には一見美人が溢れているように見えるが、本当はブスのほうが多数派で、すなわちブスの声に耳を傾けていないだけ”ということを題目に、スタジオには「ブス」として選ばれた女性パネラーが10名前後ひな壇に着席し、MCのおぎやはぎとトークを繰り広げる。ときおり容姿にまつわる過激な発言が出ることもあり、おぎやはぎは「最低な番組」「いつか絶対怒られる」と自虐。冗談交じりではあるが「『ブステレビ』に出ているのが恥ずかしい」と述べ、公式プロフィールには出演も載せていない、としている。[2][注 2]

パネラーは若手芸人や舞台女優ユーチューバーなどのほか、いわゆる「一般人」までさまざまで、一般応募も受け付けている。メンバーは週によって替わる。

毎週、タレントゲストが登場する。「美人ゲスト」はおぎやはぎの横に座る。「ブス」としてのゲストは、前述のメンバーに混じってトークに参加する。

おぎやはぎ以外の出演者は(美人ゲスト含め)、「あだ名」を書いた名札をつけている。

2016年12月17日にパイロット版が配信され、2017年からレギュラー番組に昇格した。通常は1時間だが、2時間スペシャルが放送されることもある。

AbemaGOLDEN 9」のラインナップの一つとなっている[3]。放送(配信)が月曜21時台のため、「月9」をアピールしている。

主な企画編集

  • ◯◯なブス - 東京・大阪の街頭で「◯◯なブスのここがイヤだ」をテーマにインタビューを行う[注 3]
  • インタビュー - 事前にブスメンバー1名ずつにインタビューし、「ブスならではのエピソード」を聞く。
  • ブスリサーチ - 週替わりのVTR企画。ブスメンバーのセクシー写真撮影、小学生に顔を見せ感想を言わせる企画など。
  • 詐欺メイク - 「達人」が出演者にメイクを施し、スタジオ出演者がビフォーアフターを見て驚く企画。
  • ロケ - メンバー数名が温泉やキャンプ場などでロケを行う。ゲーム、トーク、ドッキリ企画など。2~3週に分けて放送する。

出演者編集

レギュラー編集

毎週10名前後が選抜。前列および後列左端が週替わりのゲスト席となっている。

主なゲスト編集

スタッフ編集

  • 制作著作:AbemaTV

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 2017年まではイースト・エンタテインメント
  2. ^ 実際には人力舎のプロフィールページに当番組の記述がある。
  3. ^ 顔が隠されるため、遠慮がない表現で答える者が多い。
  4. ^ 番組内では「ホンコン」と呼ばれる。
  5. ^ 途中まで「川口ゆま」名義

出典編集

  1. ^ おぎやはぎ・小木の合コン持論「可愛い子が幹事だと自分よりブスを連れてくる」に一同納得”. music.jpニュース (2017年1月31日). 2017年8月11日閲覧。
  2. ^ おぎやはぎ、ブステレビ出演を隠す「プロフィールに載せてない」”. AbemaTIMES (2018年1月23日). 2018年2月26日閲覧。
  3. ^ AbemaTV、熱量の高いオリジナル番組で狙う若年層開拓とメディア革命”. ORICON NEWS (2017年7月2日). 2017年8月11日閲覧。
  4. ^ IMALU「ブスの気持ちわかってる」と豪語 闇の深さにおぎやはぎも驚愕”. しらべぇ (2017年8月15日). 2018年2月26日閲覧。
  5. ^ SKE48・須田亜香里が「ブスなのにアイドルの恐怖」を激白 おぎやはぎも同情”. しらべぇ (2017年8月1日). 2018年2月26日閲覧。
  6. ^ 松村香織のあんず飴の食べ方に、矢作兼「おまえ本当にSKE48なの?」”. ウオーカープラス (2017年8月12日). 2018年2月26日閲覧。
  7. ^ “天木じゅんはブス?「真横から見た時のアゴがすごい」との指摘も” (日本語). AbemaTIMES. https://abematimes.com/posts/4615743 2018年8月1日閲覧。 
  8. ^ “WORKS|EAST FACTORY INC.” (日本語). EAST FACTORY INC.. http://www.eastfactory.co.jp/works/ 2018年5月12日閲覧。 

外部リンク編集