北設楽郡総合交通システム「おでかけ北設」(おでかけほくせつ)は、愛知県北設楽郡の3町村(設楽町東栄町豊根村)が共同で運行する交通システム。

東栄町が運行するバス車両
豊根村が運行するバス車両

従来から運行されている豊鉄バス、設楽町営バス、東栄町営バス、豊根村営バスの運賃体系やサービスなどが一体化された。

四者一体のサービスのために、調整機関として北設楽郡公共交通活性化協議会が設置されており、町村営バスは一部事務組合組織とはなっていない。

主な特徴編集

町村をまたぐ広域的な移動に対応する「基幹バス」、基幹バスに接続する「支線バス」「予約バス」が運行されている。三町村の他、「基幹バス」は豊田市稲武地区にも乗り入れる。

町営バス、村営バスが相互に乗り入れることにより、各町村間を直通で運行する便が新設された。

運賃は100円単位でブロック制。(田口新城線を除く)

路線により毎日運行、休日運休、土休日運休と異なるため、注意が必要。

支線バスと予約バスを運行する地域においては、予約バス運行時間帯は支線バスは運行されない。

おでかけ北設のマスコットキャラクター「ばすりん」が広報誌や時刻表などに掲載されている。ホームページにて、ばすりん壁紙をダウンロードできる。

歴史編集

  • 1985年昭和60年)4月1日 - 豊根村営バスが運行開始。
  • 1986年(昭和61年)11月5日 - 富山村民バス(2005年11月 富山村は豊根村に合併)が運行開始。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 設楽町営バス、東栄町営バスが運行開始。
  • 2001年平成13年)4月1日 - 豊鉄バス「設楽東栄線」の廃止を引き継いだ町営バスが町内運行となり、東栄町と設楽町との直通バス路線が一時的に廃止[1]
  • 2010年(平成22年)
    • 1月1日 - おでかけ北設 基幹バス、支線バス 実証運行開始。
    • 5月1日 - 設楽町・東栄町で予約バスが運行開始。宇連長江線と東薗目線の2路線。
    • 7月1日 - 三都橋豊邦線を設楽中学校へ路線延長。予約バス三都橋豊邦線を運行開始。

路線編集

基幹バス編集

2010年平成22年)1月1日現在。

太字は日祝年末年始も運行する路線。

  1. 東栄設楽線(東栄町営バス、設楽町営バス運行):本郷 - 大田口 - 田口
  2. 豊根東栄線(豊根村営バス、東栄町営バス運行):東栄駅前 - 本郷 - 日向・石堂
  3. 東栄線(東栄町営バス運行):東栄駅前 - 本郷 - とうえい温泉
  4. 稲武線(設楽町営バス運行):どんぐりの湯前 - 稲武 - 奴田口 - 大田口 - 田口
  5. 豊根設楽線(豊根村営バス運行):大立 - 石堂 - 下津具 - (田口高校前まで平日一部便運行)
  6. 津具線(豊鉄バス運行):下津具 - 奴田口 - 大田口 - 田口
  7. 田口新城線(豊鉄バス運行):田口 - 本長篠駅前 - 新城市民病院

支線バス編集

2010年(平成22年)1月1日現在。

設楽町営バス、東栄町営バスは日祝年末年始運休。

豊根村営バスは土日祝年末年始運休。

  • S1:宇連長江線(設楽町営バス運行)
  • S2:三都橋豊邦線(設楽町営バス運行)
  • E1:御園線(東栄町営バス運行)
  • E2:東薗目線(東栄町営バス運行)
  • N1:坂宇場線(豊根村営バス運行)
  • N2:三沢線(豊根村営バス運行)
  • N3:富山線(豊根村営バス運行)
    • 富山線は他路線との接続のない独立した路線となっている。

予約バス編集

2010年(平成22年)8月1日現在。

  • 宇連長江線
  • 東薗目線
  • 三都橋豊邦線
  • 御園線

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集