おとぎ話 (ディーリアス)

おとぎ話』(Eventyr)もしくは『昔あるとき』(Once Upon a Time)は、フレデリック・ディーリアス1917年に作曲した交響詩。初演は1919年1月11日ロンドンにおいてヘンリー・ウッド指揮によって行われた。

"Eventyr"とは『冒険』を意味する単語であり、曲はノルウェー童話にインスピレーションを得ている。20小節の導入の後、幻想的な主題がまずファゴットによって、次に他の木管楽器によって奏される。第2の主題が弦楽器に出され、別の主題と対位法的に組み合わされることで激しさを増していく。幾度か頂点を迎えた後におとぎ話の世界が現れ、弦楽器、チェレスタハープによる半音階の下降主題に支配される。最終的には前に登場した主題が回帰し、静かな結尾句によって終わりを迎える。

編成編集

ピッコロフルート2、オーボエ2、イングリッシュホルンクラリネット3、バスクラリネットファゴット3、サリュスフォン

ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバ

ティンパニシンバルトライアングルグロッケンシュピールシロフォン

チェレスタハープ弦5部

参考文献編集

  • David Ewen, Encyclopedia of Concert Music. New York; Hill and Wang, 1959.

外部リンク編集