おとめ座イオタ星

おとめ座ι星 (おとめざイオタせい、ι Vir / ι Virginis) は、おとめ座の方角にある恒星4等星

おとめ座ι星[1]
Iota Virginis
仮符号・別名 シュルマ[2], Syrma[3][4]
星座 おとめ座
視等級 (V) 4.08 [1]
4.04 - 4.11(変光)[5]
変光星型 疑わしい[5]
分類 連星
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  14h 16m 00.8662081150s[1]
赤緯 (Dec, δ) −06° 00′ 02.012594493″[1]
赤方偏移 0.000042[1]
視線速度 (Rv) 12.51 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: -24.579 ミリ秒/年[1]
赤緯: -412.096 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 45.4888 ± 0.4256ミリ秒[1]
(誤差0.9%)
距離 71.7 ± 0.7 光年[注 1]
(22 ± 0.2 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 2.4[注 2]
Virgo IAU.svg
Cercle rouge 100%.svg
ι星の位置
物理的性質
半径 2.7 R[6]
質量 1.5 ± 0.05 / 0.6 ± 0.2 M[6]
自転速度 24 km/s[6]
自転周期 <5.5 [6]
スペクトル分類 F7III[1]
光度 9.4 L[6]
表面温度 6,185 K[6]
色指数 (B-V) +0.52[7]
色指数 (U-B) +0.04[7]
色指数 (R-I) +0.27[7]
年齢 2.7×109[6]
軌道要素と性質
元期:1950.7 ± 2.7[8]
軌道の種類 周回軌道
軌道長半径 (a) 0.830 ± 0.020"[8]
離心率 (e) 0.1 ± 0.2[8]
公転周期 (P) 55 [8]
軌道傾斜角 (i) 60 ± 9°[8]
近点引数 (ω) 336 ± 27°[8]
昇交点黄経 (Ω) 3 ± 20°[8]
別名称
別名称
おとめ座99番星[1]
BD-05 3843[1]
FK5 525[1]
Gaia DR2 3640828731549668608[1]
GJ 9473[1]
HD 124850[1]
HIP 69701[1]
HR 5338[1]
NSV 6604[1]
SAO 139824[1]
Template (ノート 解説) ■Project

概要編集

スペクトル分類ではF7IIIと巨星に分類されているが、まだ準巨星の段階にあり、中心核でヘリウム核融合が始まる直前の段階であると考えられている[6]。また、F型主系列星で伴星を伴う脈動変光星の一種であるかじき座γ型変光星である可能性も示唆されており[6]、2010年に周囲を55年で公転する伴星を発見したとする研究結果が発表された[8]。伴星の直接検出には成功していないが、太陽の0.6倍の質量を持つ主系列星白色矮星であると考えられている[8]

また2011年には、約1.2光年離れた位置にある恒星HD 125354とも、連星を成している可能性が示唆された[9]

名称編集

固有名のシュルマ[2] (Syrma[3][4]) は、ギリシャ語で「ドレスのすそ」を意味する συρμα に由来する[3]。これはトレミーの『アルマゲスト』の中でι星の説明に使われていたことから、近年になって名称として使われるようになったものである[3]。かつては、κ星、λ星とともに、アラビアの月宿で15番目の al-ḡafr(「覆い」)とされていた[10]。2016年9月12日、国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Syrma をおとめ座ι星の固有名として正式に承認した[4]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Results for iot Vir”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2018年7月25日閲覧。
  2. ^ a b 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、121頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  3. ^ a b c d Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. p. 61. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  4. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年12月2日閲覧。
  5. ^ a b Combined General Catalogue of Variable Stars (Samus+ 2004)”. VizieR. CDS. 2016年12月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i Kaler, Jim (2009年7月3日). “Syrma”. Stars: Portraits of Stars and their Constellations. 2016年12月2日閲覧。
  7. ^ a b c Hoffleit, D.; Warren, W. H., Jr. (1995-11). “Bright Star Catalogue, 5th Revised Ed.”. VizieR On-line Data Catalog: V/50. Bibcode1995yCat.5050....0H. http://vizier.u-strasbg.fr/viz-bin/VizieR-5?-ref=VIZ5a76628e9487&-out.add=.&-source=V/50/catalog&recno=5338. 
  8. ^ a b c d e f g h i Gontcharov, G.A.; Kiyaeva, O.V. (2010). “Photocentric orbits from a direct combination of ground-based astrometry with Hipparcos II. Preliminary orbits for six astrometric binaries”. New Astronomy 15 (3): 324. arXiv:1606.08182. Bibcode2010NewA...15..324G. doi:10.1016/j.newast.2009.09.006. 
  9. ^ Shaya, Ed J.; Olling, Rob P. (2011). “Very Wide Binaries and Other Comoving Stellar Companions: A Bayesian Analysis of the Hipparcos Catalogue”. The Astrophysical Journal Supplement 192 (1): 2. arXiv:1007.0425. Bibcode2011ApJS..192....2S. doi:10.1088/0067-0049/192/1/2. ISSN 0067-0049. 
  10. ^ 近藤二郎『アラビアで生まれた星の名称と歴史 - 星の名前のはじまり』誠文堂新光社、2012年8月30日、初版、32頁。ISBN 978-4-416-21283-7