メインメニューを開く

おのだサンパークは、山口県山陽小野田市中川6丁目に所在する複合商業施設。前身の「サンパークおのだ」は1983年に開業した。

小野田商業開発株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
756-8585
山口県山陽小野田市中川六丁目4番1号
設立 1983年
業種 不動産業
事業内容 商業施設「おのだサンパーク」の運営管理
テンプレートを表示
おのだサンパーク
Onoda SunPark
おのだサンパーク
おのだサンパーク
店舗概要
所在地 756-8585
山口県山陽小野田市中川六丁目4番1号
座標 北緯33度59分9.8秒 東経131度10分19.7秒 / 北緯33.986056度 東経131.172139度 / 33.986056; 131.172139座標: 北緯33度59分9.8秒 東経131度10分19.7秒 / 北緯33.986056度 東経131.172139度 / 33.986056; 131.172139
開業日 2008年5月30日(リニューアルオープン)
施設所有者 小野田商業開発株式会社
施設管理者 小野田商業開発株式会社
敷地面積 90,660 m²
延床面積 67,600 m² (容積率75%)
商業施設面積 38,000 m²
中核店舗 サンリブおのだ
店舗数 140
営業時間 サンリブおのだ:9時30分 - 21時30分
専門店街:10時 - 21時
東館:10時 - 20時(一部店舗は異なる)
グルメストリート:11時 - 23時(一部店舗は異なる)
駐車台数 2,200台
商圏人口 350,000人
最寄IC
外部リンク http://sunpark.co.jp/
おのだサンパーク
Sun Live
テンプレートを表示

概要編集

小野田商業開発株式会社(おのだしょうぎょうかいはつ)が運営する大型ショッピングセンター。サンリブおのだの核テナントと約140店の専門店から成っている。営業面積は3万8,000平方メートル。なお、約2,200台分の無料駐車場を備えている。

2008年には大幅な増床・リニューアル工事が行われ、フジグランテナント部分を除いてこれまでの店舗を取り壊し、新館が建設された。営業面積はそれまでの2万4,300m2から3万8,000m2シーモール下関に次ぐ山口県第2の規模)に、店舗数は79から約140に増えた。

なお、リニューアルにあたっては、京阪グループ京阪流通システムズに計画立案・リーシング業務が委託されており、リニューアル完了後はリーシングに加えて施設運営に関するコンサルティング業務も委託されている。

最寄り駅はJR小野田線南中川駅であるが当路線の列車運行本数が少ないため、JR山陽本線小野田駅より船鉄バスによる経路が主となる。

歴史編集

  • 1983年10月 - 寿屋(現在のカリーノ)を核テナントに、地元商店を中心とした88の専門店の入居するショッピングセンターとしてサンパークおのだが開業。
  • 1997年3月20日 - 店舗を大改装し、MrMaxが出店。駐車場は300台増加し1800台に、売り場面積は1.8倍の約2万7000m2ザ・モール周南とほぼ同規模)となる。95の専門店が入居[1]
  • 2001年12月 - 核テナントの寿屋が民事再生手続きを申請。
  • 2002年
    • 2月1日 - 寿屋が閉店、専門店街とMrMaxのみの営業となる。利用者が大幅に減少。
    • 5月3日 - 倒産した寿屋のスペースにフジグランが出店。
  • 2007年9月30日 - この日をもって、全面リニューアルのため、ごく一部のテナントを残してほぼ全館を閉店。フジグランは一時閉店、専門店の多くとMrMaxが営業終了(Mr.Maxは撤退)。
  • 2008年5月30日 - 増床およびリニューアル工事が完了。新生おのだサンパークとして、再オープン。
  • 2012年
    • 5月6日 - テナント契約期間の満了に伴い、核テナントのフジグラン小野田が閉店。
    • 6月20日 - 核テナントとして、イズミの「ゆめタウン小野田」がオープン。
  • 2015年5月22日 - 社団法人日本ショッピングセンター協会による第6回日本SC大賞の特別賞に選定される。
  • 2019年
    • 5月12日 - テナント契約期間の満了に伴い、核テナントのゆめタウン小野田が閉店[2]
    • 6月21日 - 核テナントとして、サンリブの「サンリブおのだ」がオープン[3]

主要店舗及び施設編集

 
ゆめタウン小野田。かつての寿屋・フジグラン部分を利用している。画像手前の駐車場部分には2008年のリニューアル以前まで専門店街があった

核店舗編集

その他の主要店舗編集

テーマソング編集

  • 現在のテーマソングは3代目であり、2008年のリニューアルオープンより店内放送やCMで使用されている。
  • 初代テーマソングは1983年のオープンから1996年まで使用され、現在サンパークあじすで使用されている。
  • 2代目は1997年のリニューアルオープンから2007年まで使われ、旧公式ホームページ内でも流れていた。

備考編集

  • かつてのサンパークおのだに類似する形態のショッピングセンターとしてサンパークあじす山口市阿知須)がある。サンパークおのだ同様、寿屋が核テナントとして開業しており現在も当施設同様、核テナントがサンリブと共通しているが、「あじす」については寿屋撤退直後より、サンリブを核テナントとしている。
  • 開店当時からしばらくは、寿屋のほかに、地元スーパーの丸喜、ビッグママ(後にLaLaLaグループ傘下の中国寿屋に、寿屋倒産とともに廃業)が出店しており、スーパーが3店舗も同居する形になっていた。また1997年の改装後2000年ごろまで、前述の2店舗に変わりやはり地元スーパーである大和が出店していた。
  • 寿屋が撤退したのち、食品スーパーが不在となったことで、サンパークおのだの集客力ダウンに拍車がかかった。そのため、寿屋撤退からしばらくしてからフジグラン開店まで、生鮮食品を除く食料品を販売する簡易的な食品スーパーを営業していた。
  • 無料送迎バスを運行している(ただし山陽方面のみ)。
  • フジグラン出店前は全館10:00 - 20:00だったが、現在は店舗によって営業時間が異なる。しかし、1980年代は寿屋(当時)と専門店街とで営業時間が異なっていた。また1997年の大改装まで、レストラン街の営業時間も異なっていた。

脚注編集

  1. ^ “売り場面積1.8倍に 新装サンパークきょう開店”. 朝日新聞(山口版). (1997年3月20日) 
  2. ^ ゆめタウン小野田閉店のごあいさつ - 2019年3月6日閲覧
  3. ^ “「サンリブおのだ」6月オープン サンパーク、核テナント”. 山口新聞. (2019年4月4日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2019/0404/6p.html 2019年4月6日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集