メインメニューを開く

おはようパーソナリティ中村鋭一です

おはようパーソナリティ中村鋭一です(おはようパーソナリティ なかむらえいいちです)は、1971年4月1日から1977年3月25日[1]まで朝日放送ラジオ(ABC)で放送された生ワイド番組。

おはようパーソナリティ中村鋭一です
ジャンル ワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 1971年4月1日-1977年3月25日
放送時間 月曜日-金曜日 7:15-9:30
放送局 朝日放送ラジオ
パーソナリティ 中村鋭一
出演 嶋亜矢(初代アシスタント)・萩原輝子(中期アシスタント)・池田生子(末期アシスタント)
テーマ曲 クラリネット・ポルカ
テンプレートを表示

当時朝日放送報道局のプロデューサーだった中村鋭一冠番組で、放送時間は平日の7:15 - 9:30(JST)。1975年4月26日までは、同局の女性アナウンサーや女性タレントがパーソナリティを務める『おはようパーソナリティ』も毎週土曜日に放送していたため、「『おはようパーソナリティ』の平日版」と扱われていた。

目次

概要編集

朝日放送のスポーツアナウンサーなどを経て、1969年4月から同局の人事交流制度で朝日新聞大阪本社記者を務めていた中村が、朝日放送へ復帰したことを機に誕生した情報番組。日本で初めて、ラジオの司会者が「パーソナリティ」を名乗ったり、ラジオの聴取者を「リスナー」と呼んだり[2]した番組とされている(詳しくはラジオパーソナリティの項を参照)。

中村は、朝日放送への入社前に中学校の英語教師を務めたことから、第1回の放送を“Spring has come early in the morning.”(「朝に春が来た」)というフレーズでスタート[1]。番組タイトルが決まらないまま放送を始めたため、『おはようパーソナリティ』というタイトルが付いたのは、放送開始から数日後であったという[3]。それにもかかわらず、1972年度には、日本のラジオ番組で唯一第10回ギャラクシー賞を受賞している[4]

滋賀県出身の中村が関西弁で長時間にわたって独断で生放送を進行するスタイルを確立したことから、放送期間中には一貫して、日本のラジオ番組でトップの聴取率を記録[5]。中村自身も、名前の「鋭一」から、「鋭(えい)ちゃん」という愛称で広く親しまれた。最高聴取率は9%(テレビ番組の視聴率では40 - 50%台に相当)で、近畿地方では、カーラジオでの占拠率が6割を越えたこともあったとされる[6]

エピソード編集

阪神タイガースを公然と応援編集

当番組の放送を始めた頃の朝日放送ラジオのプロ野球中継では、阪神タイガースの公式戦を中心に据えながらも、読売ジャイアンツ(巨人)や関西地方に本拠地を置くパシフィック・リーグの球団(主に近鉄バファローズ)の公式戦も随時放送。放送業界全体でも、「不偏不党」という原則が、スポーツ関連番組の編成や放送にまで徹底されていた。しかし、中村が阪神タイガースの熱烈なファンであることから、当番組では開始当初から阪神を応援する姿勢を明言。阪神がセントラル・リーグの公式戦で勝利した翌日の生放送で、中村が球団歌の『阪神タイガースの歌(六甲おろし)』を熱唱したことをきっかけに、阪神ファンのリスナーから絶大な人気を博した。ラジオ中継の実況を収録した音源から阪神が勝った試合のハイライトシーンを放送したり、阪神が読売ジャイアンツ(巨人)戦に勝利した翌日の放送で軍歌の『凱旋』を歌ったりするなど、応援は次第にヒートアップ。放送開始翌年の1972年に、テイチクレコードから中村の歌唱・朝日ミュージックサービス(現在のAMC)製作で『阪神タイガースの歌』のレコードを発売したところ、関西地方を中心に40万枚を超える売上を記録した。現在一般に広く知られている「六甲おろし」という通称は、このレコードの発表に際して、1番の歌詞の最初のフレーズ(「六甲颪」)を基に中村が考案したとされる[7]

また、「鋭ちゃんと一緒に阪神を応援しよう」という企画で、3000名のリスナーを阪神の本拠地・阪神甲子園球場に招待。招待したリスナーに小旗やメガホンを無料で配りながらの観戦で、リスナーとの親交を深めた。中村は、後年のインタビューで、「(野球の応援に)集団でメガホンを使うのはあそこ(前述の企画)からやと思います」と述べている[8]

1973年には、中村がプロ野球シーズン開幕前の生放送で、「阪神がセントラル・リーグで優勝しなければ頭を丸刈りにする」と公約。阪神は当時8連覇中だった巨人との間で激しい優勝争いを展開したが、10月22日に甲子園球場で催された直接対決によるシーズン最終戦で、巨人に0 - 9のスコアで敗れて優勝を逃した。そこで、当番組ではシーズン終了後の生放送で、中村の公開断髪式を盛大に断行。公約通り丸刈りになった中村が、阪神の優勝を求める嘆願書を携えながら、当時大阪市北区梅田にあった阪神の球団事務所へリスナーと共に押し掛ける事態にまで発展した[9]

ちなみに、前述した最終戦では、朝日放送読売テレビがテレビで同時生中継を実施していた。しかし、阪神の大敗に怒ったファンの一部が、試合終了後に読売テレビの放送席や中継機材を破壊するという暴挙に及んだ。朝日放送の中継には中村もゲストで出演していたが、当番組のリスナーと思われるファンが「ここは鋭ちゃんのとこ(朝日放送のテレビ放送席)やから勘弁したれ」と叫んだことから、放送席や中継機材の難を逃れたという[10]

中村以外の出演者も人気に編集

中村は、朝日新聞大阪本社への出向期間中に一時、大阪管区気象台の天気予報担当記者を務めていた。その際に福井敏雄(当時は同気象台の職員)と知り合った縁で、1974年頃からは福井が気象台への勤務を続けながら当番組へ定期的に出演。「お天気おじさん」として広く親しまれた。1976年には、喜納昌吉を出演させることによって、関西地方における「ハイサイおじさん」の人気に火を付けた。

1973年には、中村の友人であるキダ・タローが、5月2日から14日まで当番組のパーソナリティ代理を担当(担当期間中の番組タイトルは『おはようパーソナリティキダ・タローです』)。6月1日からは、当番組の後枠で『フレッシュ9時半!キダ・タローです』のパーソナリティを務めた。

他局への影響編集

在阪の民放ラジオ局では、当番組を開始するまで、平日の早朝に短時間の収録番組を並べる編成が定着。定時ニュースや天気予報を除いて、自社制作の生放送番組をほとんど編成していなかった。MBSラジオでは、当番組の人気を背景に1972年4月から、阪本時彦(当時は毎日放送アナウンサー)がパーソナリティを務める『おはようリスナー阪本時彦です』をスタート。中村に対抗して「東京都出身の巨人ファン」という阪本の個性を押し出そうとしたが、「後発の弱みもあって、健闘も及ばなかった」[11]という。そこで、MBSラジオは1974年4月に、『ありがとう浜村淳です』の放送を開始。後に当番組との間で激しい聴取率争いを展開したほか、2018年5月の時点でも放送を継続している。関西以外の地方のラジオ局でも、パーソナリティの名を冠した自社制作の生ワイド番組が、平日の早朝に相次いで放送されている。

ちなみに浜村淳は、ラジオパーソナリティとしての活動の軸足を深夜番組から『ありがとう浜村淳です』へ移すに当たって、出身大学(同志社大学)の先輩でもある中村から「独りよがりのしゃべりはいけない。(リスナーの)みんなが分かってくれる放送を(目指しなさい)」とのアドバイスを受けたという[12]。中村も、後述する理由で朝日放送を退社してからは、浜村やキダが所属する昭和プロダクションにタレント活動のマネジメントを依頼していた。

番組の終了とその後編集

中村は、1977年7月10日投開票の第11回参議院議員通常選挙で、大阪府選挙区から新自由クラブの公認候補として出馬することを決意。同年3月31日付で朝日放送を退社することに伴って、「中村鋭一」名義での生放送を終了させた。ちなみに、中村はこの選挙に落選したが、1980年第12回参議院議員通常選挙では新自由クラブ・民社党の共同推薦候補として大阪府選挙区で初当選。この当選を機に、参議院議員を2期、衆議院議員を1期務めた。

朝日放送では、『あすは日曜 道上です!』(『おはようパーソナリティ』土曜版の後継番組)を担当していた中村の後輩アナウンサー・道上洋三を、中村の後任のパーソナリティに抜擢。『おはようパーソナリティ道上洋三です』としてテーマソング(クラリネットポルカ)ごと番組を引き継がせたほか、最後期のアシスタントで、出演契約期間が残っていた池田生子(通称「アイアイ」)を続投させた(道上の起用へ至るまでの経緯は道上洋三#「おはようパーソナリティ道上洋三です」に詳述)。ちなみに、道上はスポーツアナウンサーを志望していた新人時代に、中村からスポーツ実況を指導。当番組の最終回では、「リスナーは賢者や。分からんことがあったら(生放送を通じて)リスナーに訊け」という金言を中村から授かったという[3]

『おはようパーソナリティ道上洋三です』が放送40周年を迎えた2017年に、中村は肺炎のため87歳で逝去。道上は、中村の逝去から2日後(11月8日)の放送で、当番組出演時の音源(「六甲おろし」の熱唱や担当最終回での挨拶・おもいでのアルバムの合唱など)を流しながら中村の訃報を伝えた[13]。その際には「中村さん(の担当期間)が6年、私(の担当期間)が40年ですが、40年かかっても『(中村に)追い付き、追い越せた』と思った日はありません」とのコメントを添えている[1]

番組から派生したレコード編集

  • 阪神タイガースの歌(六甲おろし) / 初恋は星に似て(1972年発売:テイチクレコード A-89)
    • 1974年には、「阪神タイガースの歌」で、テイチクからゴールデンヒット賞を授与。B面に収録された「初恋は星に似て」は、中村と初代アシスタント・嶋亜矢によるデュエット曲であった。
  • ハイサイおじさん / ハイサイおじさん(対訳篇)(1976年5月発売:テイチクレコード A-95)
    • 喜納昌吉の楽曲を中村がカバー。関西地方を中心に人気を博した。
  • タイガース音頭 / 進め!タイガース(1976年7月発売:東宝レコード AT-4005)
    • A面曲(タイガース音頭)は「中村鋭一とサウンド・フォー」名義、B面曲(進め!タイガース)は「アートボーン・チビッコ合唱団とサウンド・フォー」名義で発表。

出演者による楽曲のリリースは、『おはようパーソナリティ道上洋三です』でも、周年企画などで定期的に実施。数々のヒット曲を輩出している。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 道上洋三アナ「追い越せたと思った日ない」“偉大な先輩”中村鋭一さん偲ぶ(『スポーツニッポン2017年11月8日付記事)
  2. ^ 中村鋭一さん告別式「六甲おろし」の合唱で送られる(『日刊スポーツ2017年11月10日付記事)
  3. ^ a b 道上洋三アナ、中村鋭一さん悼む 六甲おろし「優勝したら一緒に歌おう」と(『デイリースポーツ2017年11月8日付記事)
  4. ^ 第10回ギャラクシー賞受賞作品
  5. ^ 昭和プロダクションでの中村のプロフィールを参照
  6. ^ 井上章一『阪神タイガースの正体』(太田出版、2001年)、P325
  7. ^ 井上章一『阪神タイガースの正体』(太田出版、2001年)に掲載された中村へのインタビューで「一番のうたいだしから、私が勝手に命名しました」と語っている(同書P320)。
  8. ^ 『阪神タイガースの正体』P328。学生野球では慶應義塾大学が1906年にメガホンを応援に使用しており、社会人野球でも1937年に撮影された写真にメガホンを使用している例がある(永井良和・橋爪紳也『南海ホークスがあったころ』(紀伊國屋書店、2003年)P107,P111)。プロ野球観戦にメガホンを持参することについては『南海ホークスがあったころ』に「一九八〇年代前半になって定着した行動である」(P228)との記述があるが、中村の発言が正しいかどうかは裏付けとなる資料がなく不明である。
  9. ^ 中村鋭一さん死去 「六甲おろし」よ永遠なれ…阪神ファンの名物パーソナリティー(『デイリースポーツ2017年11月8日付記事)
  10. ^ 中村鋭一さん虎党に愛され…甲子園暴動もABC放送席だけ無被害(『デイリースポーツ2017年11月8日付記事)を参照。ただし実際には、同時に中継していたサンテレビの放送席も、「サンテレビは俺ら(阪神ファン)の味方や!手を出すな!」というファンの一声で難を逃れた(阪神タイガース#世紀の落球とV9も参照)。
  11. ^ 『阪神タイガースの正体』P325~326。「 」の箇所は『毎日放送の四〇年』(1991年)からの引用。
  12. ^ 浜村淳「まだまだ舌戦繰り広げたかった」 「お手本」の中村鋭一さんを悼む(『デイリースポーツ2017年11月8日付記事)
  13. ^ 道上洋三アナ「おはパソ」で中村鋭一さんの「六甲おろし」歌声放送して追悼(『デイリースポーツ2017年11月8日付記事)
朝日放送ラジオ 平日早朝
前番組 番組名 次番組
ニュース他番組
おはようパーソナリティ中村鋭一です
朝日放送ラジオ おはようパーソナリティ
----
おはようパーソナリティ中村鋭一です
おはようパーソナリティ道上洋三です