おはよう川村龍一です(おはようかわむらりゅういちです)は、毎日放送ラジオ(MBSラジオ)で放送されていた生放送ラジオ番組である。

おはよう川村龍一です
ジャンル 帯番組/情報ワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 1983年10月10日[1] - 2002年10月4日
放送時間 月曜日 - 金曜日5:00〜6:45
(放送時間の変遷は下記)
放送局 毎日放送ラジオ
パーソナリティ 川村龍一
出演 豊島美雪桜井一枝ほか
テーマ曲 ビートルズ
フロム・ミー・トゥ・ユー
テンプレートを表示

概要

編集
  • 1983年10月10日、『おはようMBS』(おはようエムビーエス)として6時30分〜7時40分の時間で放送開始。1986年10月からパーソナリティーの川村の名前を入れ「おはようMBS 川村龍一です」となり、後に「おはよう川村龍一です」となる。
  • 放送開始以来、長らく放送時間が変わることがなかったが、6時45分より「朝はトコトン菊水丸」が新たにスタートすることとなり、2001年(平成13年)10月1日より放送時間が5時10分〜6時45分に変更となる。さらに2002年(平成14年)4月1日からは5時00分〜6時45分に。そして半年後の2002年10月4日を以て番組は終了した。
  • 月曜から金曜まで放送に加え、1993年10月9日(平成5年)から2000年(平成12年)3月までの土曜日の朝6時00分〜8時00分には『おはようMBS 川村龍一のゴールデン・エイジ→おはよう川村龍一です MBSゴールデン・エイジ』という番組も放送されていた。戦時歌謡を紹介したり、ゲストを招いた特集コーナーなどにじっくり時間を割くなど、月曜から金曜までの番組構成とは全く違ったものであった。
  • 番組のオープニング・エンディングテーマは、ザ・ビートルズの「フロム・ミー・トゥ・ユー」であった。番組中に、同曲をアレンジしたジングルが流されたほか、ジョニ・ミッチェルの「青春の光と影(Both Sides, Now)」などをアレンジした曲もコーナージングルとして使用されていた。

主な出演者

編集

『おはようMBS』時代のアシスタントは日替わりで、当時毎日放送と専属契約を結んでいた森口かすみ(大阪テレビタレントビューロー所属のフリーアナウンサーで、後に読売テレビ牧野誠三アナウンサーと結婚)や、現役の女子大生が担当していた。

主なコーナー

編集
  • FAXピックアップニュース
いわゆる局のアナウンサーがニュースを読み上げる形ではなく、川村自身がニュースの原稿を紹介。注目したニュースなどには川村が自身の考えやコメントをはさんだりした。
  • ミューニング
コーナー名は、「モーニング」と「ミュージック」をかけ合わせた、川村による造語。川村の選曲による音楽を1曲紹介する。
  • アメカルチョ
リスナーに、翌週の月曜日から金曜日までの5日間の天気予報を、「晴」または「雨」で、ハガキで予想してもらう。抽選週の各曜日の天気は、当日に発表された大阪府降水確率が30%以上の場合には「雨」、逆に30%未満の場合には「晴」とみなされる。
月曜日から木曜日までは、当日の結果確定の段階で勝ち残っている応募者の中から抽選で1人に、雨傘(アメカルチョアンブレラ)が贈られる。5日間全て当てることが出来た場合は、金曜日の放送で、抽選で1人に現金3万円が当たる。
コーナーのテーマソングは「雨に歩けば」(Just Walkin' in the Rainジョニー・レイ)。
  • トラ勝ち金
番組内の名物コーナー。冒頭に3〜4秒ほどのジングル[注釈 2]が流れ、その直後、前日に行われた阪神タイガースの試合結果によって、(勝の場合)または(敗の場合。「トラがネコになってしまった」という意味)の鳴き声が流れる。
前日の試合が阪神の負けであった場合は、ユニークな目覚まし音の「ネコニャン時計」という目覚まし時計[注釈 3]が当たるが、前日の試合が阪神の勝利であった場合は、その日の試合で活躍(本塁打や適時打を放った、勝利投手となった等)した阪神の選手の背番号を全て加算した数字に「(米)ドル」の単位をつけ、これに前日午後5時現在の東京外国為替市場-米ドル相場(1ドル=X円)の最大値(つまり、最も「円安ドル高」となる場合のことである。この「X円」の最大値に1円未満の端数が生じる場合は、当選者に有利となるように、Xの小数点以下を切り上げる)を乗じて得られた金額(番組後期には、この金額に、阪神タイガースが前日の試合で獲得した得点の1000倍をさらに加算した金額となっていた)と、「太鼓判」(当選者の名前が彫られている、阪神タイガースのロゴ入りの印鑑)が当たる。
なお、このコーナーに限り、抽選対象者は、番組宛に葉書・封書・FAX・Eメールを送ってきた全てのリスナーが対象となる。ちなみに、阪神が立て続けに負けて「ネコニャン時計」の在庫が少なくなってきた場合は、例外的に、近鉄バファローズが勝利した場合にも「(助っ人の)ウシ勝ち金」として、トラ勝ち金同様のルールで賞金が当たる、という時期もあった(この場合のコーナージングル直後の鳴き声は、「バッファロー」を意味する「水牛」や「バイソン」ではなく、「」となっていた)。
プロ野球のオフシーズンには、このコーナーのメインである賞金等のプレゼントは行わず、ストーブリーグの話題(契約更改やキャンプ等)のみで構成されていた。
  • 今朝の焦点~毎日ニュース~(『おはようMBS』時代)→ 夜討ち朝駆け ホットな情報~毎日ニュース~(いずれも企画ネット
7時の時報明けに放送されていたニュースで、NRNネットの全国ニュース番組からスポンサー(YKK吉田工業ヤマト運輸日立ビルシステムなど複数社)のCMのみ挿入。八木が勤務していた毎日新聞大阪本社の協力を得ながら、本編をMBSで独自に制作する方式で、直近の最新ニュースを解説付きで伝えた。当番組以降の生ワイド番組でも、7時過ぎの定時ニュース(『MBSニュース』)で、MBSの単独制作ながら企画ネットを継続。
  • TEL日くもる日
様々な話題に関して、専門家の電話インタビューで構成。リスナーからの葉書・封書・FAX・Eメールを紹介することもあった。
ダイハツ工業1社提供のコーナー。全国各地の道の駅など、ドライブに役立つ情報を紹介する企画ネットコーナーであった。
  • 私の旅
リスナーの叶えたい旅のプランを募集するコーナー。エントリーの際、「いつ」「どこへ」「誰と」「何泊程度」というような大まかなプランの他に、「行きたい理由」を書き添えなければならないが、この「理由」については「ただ単に何となく行きたくなったから」というものでも構わない。
1ヶ月の応募の中から「一次予選」通過者が決められ、その中から、月の最終放送日以外の放送で、1日につき1つの旅行プランが紹介された(毎月1000通強の応募があったが、実際にはその9割以上が一次予選を通過していた)。ここで紹介された応募者には、番組オリジナルの「スルッとKANSAIカード」500円分が贈られる。
月の最終放送日には、一次予選通過者の中からさらに「月間賞」の抽選を行い、月間賞に当選した1名の人は、実際にそのプランでの旅をまるごと叶えてもらえる(その際、番組中に電話で当選報告を行う)。ちなみに、番組後期には、このコーナーは「歌のない歌謡曲」内の時間で行われるようになった。
内包の形で放送していた箱番組。ただし土曜日分が存在するにもかかわらずMBSラジオではネット受けがなかった。
「おはようMBS」の頃は7:45-8:00までの単独番組で、のちに「おはよう川村龍一です」の1コーナーとなり、終了後に独立した番組に戻った。1コーナーとして放送されていた頃は、それまでに伝え切れなかった話題や前述の「私の旅」のコーナーなどをこの時間に持ち込んだりすることが多かった。
  • その他、番組初期には、英語圏の各国から、英会話の便利な表現や、現地の情報などを電話でリポートするコーナー等があった。

阪神・淡路大震災発災(1995年1月17日)当日の対応

編集

1995年1月17日(火曜日)の午前5時46分に阪神・淡路大震災が発災。この時点で『三菱ふそう全国縦断・榎さんのおはようさん〜!』(TBS制作・JRN全国ネットの生放送番組)の同時ネットを実施していたMBSでは、発災の直後から、地震関連のニュースを断続的に挿入することで対応した[10]。『おはようさん~!』パーソナリティの「榎さん」(元・TBSアナウンサーの榎本勝起)も「関西地方で非常に強い地震発生」の一報を受けてから、「地元放送局の方、番組の途中でも(ローカルに差し替えて下さって)結構です」などとアナウンスを繰り返したほか、エンディングでは全国放送でありながら(関西ローカルの当番組に出演する)川村などを気遣うコメントを残した(当該項に詳述)。

当番組は午前6時30分から通常どおり放送を開始したが、川村は被災地域内(兵庫県芦屋市内)の自宅からスタジオに到着できていなかったため、前半は当日(火曜日)のアシスタントであった豊島だけで番組を進行させていた。そこで川村は、自宅からMBSのスタジオに向かうタクシーの車内から、携帯電話[注釈 4]を通じて沿道のリポートを開始。通話が何度も途切れながらも、7時8分にスタジオへ到着するまでリポートを続けた。その道中で発した「阪神高速3号神戸線を支えていた橋桁)は落ちました」という発言は、「発災の直後に生じた被害の重大さを、いち早く公に知らしめた」[注釈 5]との理由で、現在に至るまで震災関連の番組・特集記事で繰り返し紹介されている。

なお、当番組では通常のコーナーをすべて休止。MBSでは、この番組中に(「強制自動送出」という指定があらかじめ為されていた)2本のCMを流したことを最後に、すべてのCMを放送を休止したうえで報道特別番組へ移行した。

平日の早朝におけるTBS制作全国ネット番組の同時ネットは『生島ヒロシのおはよう一直線』(『榎さんのおはようさん〜!』の後番組)まで続いたものの、この阪神・淡路大震災の発災が緊急時の初動体制にもたらした課題は大きく[注釈 6]、『おはよう一直線』の同時ネットを2001年3月で終了(MBSの放送対象地域である近畿広域圏ではJRN非加盟局のラジオ大阪で2014年9月29日からネットを再開)。『あさいちラジオ』の開始と当番組の拡大によって、早朝時間帯の自社制作体制を構築していた。当番組の終了後も、日曜以外の曜日の早朝には、自社制作による生放送番組を中心に編成している(2021年の10月以降は平日:『上泉雄一のええなぁ!』/土曜日:『かめばかむほど亀井希生です!』)。日曜日の早朝帯には自社制作の生放送番組を編成していないが、テレビとの兼営局だった毎日放送のラジオ放送部門がグループ会社(株式会社MBSラジオ)へ移管された2021年度から、『地方創生プログラム ONE-J』(TBSラジオ発・JRN32局ネットの生放送番組)の制作を統括する「ONE-J委員会」に参加。この番組の開始(2021年4月)を機に、早朝の時間帯における全国ネット向け生ワイド番組のレギュラー放送を、平日を含めて20年振りに再開している。

その他

編集
  • 「歌のない歌謡曲」終了後のエンディングは、わずか数十秒ながら、当番組の出演者と後枠番組『ありがとう浜村淳です』の出演者(パーソナリティの浜村淳と女性アシスタント)によるクロストークに充てられることが多かった。
    • 毎日放送ラジオ(MBSラジオ)では当番組の終了後も、平日ランチタイム~夕方の生ワイド番組の出演者同士によるクロストークを、2021年の9月まで継続。ただし、同年の10月改編で平日の夕方に「夕方もポチっとMラジ」(日替わり編成による自社制作の生ワイド番組を包括するレーベル)が設けられてからは、クロストークが展開されていない。平日の早朝~「夕方もポチっとMラジ」枠内の生ワイド番組で開始時刻が正時(0分)に統一されたことや、当該時間帯の生ワイド番組の間に(時報CMの放送枠を含めて)1分間のステーションブレイクが設けられたことなどによる。
  • 川村は『おはよう川村龍一です』の終了後も、毎日放送ラジオの深夜番組(『S』『真夜中のドン』など)に出演。2009年(平成21年)1月から2011年(平成23年)3月まで『川村龍一のゆ〜ゆ〜ラジオ』(毎週日曜日の早朝番組)のパーソナリティを単独で務めていたが、同番組への出演を最後に、2012年(平成24年)5月25日に69歳で急逝した。2012年6月29日に執り行われた「お別れの会」では、前述した阪神・淡路大震災発災直後のリポートを収めた音源が流れていた[12]

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 当番組の終了後に川村が月~水曜日のパーソナリティを務めた『もぐもぐ』(FM大阪で平日の早朝に放送されていた生ワイド番組)にも、当番組と同じパターンで水曜日にレギュラーで出演していた。
  2. ^ ファミコン「ドンキーコング」のステージ開始時のジングル。途中から楽器のみアレンジされた版に変更された。
  3. ^ 正確には、シチズン時計(現在はシチズン時計マニュファクチャリングが事業承継)の「にゃんチューねこ」という名称の商品。
  4. ^ 自動車電話と記載している資料もある[11]
  5. ^ NHKのニュースでは、午前8:49にようやくヘリコプターで上空からの神戸の現状が映し出され、阪神高速3号神戸線の倒壊が映されたのは午前9時を少し過ぎた頃だった。その2時間ほど前に川村は高速道路の橋脚倒壊を伝えたことになる。
  6. ^ MBSのテレビ放送部門では発災の時点で、ラジオ放送部門(いずれも当時)と同様に、TBS制作の全国ネット番組(『あなたにオンタイム』『ザ・フレッシュ!』)を生放送。震災関連のニュース速報を関西ローカル向けに随時挿入した一方で、本社のある大阪市内を中心に、震災の被害を受けた地点からの中継リポートを『ザ・フレッシュ!』に向けて送っていた。他の在阪ラジオ局では『おはようパートナー』(朝日放送ラジオ)『OBCさんさんリクエスト』(ラジオ大阪)『ASA-REN 5』(エフエム大阪)などの自社制作番組が編成されていて、生放送番組の『おはようパートナー』では発災の直後に10秒程度の停電に見舞われたものの、自家発電装置を通じて放送を再開させていた。

出典

編集
  1. ^ 毎日放送40年史編纂室 編『毎日放送の40年 資料編』毎日放送、1991年9月1日、339頁。 
  2. ^ 『企業と広告』第14巻第8号、チャネル、1988年8月1日、51頁、NDLJP:2853065/28 (要登録)
  3. ^ 『企業と広告』第16巻第1号、チャネル、1990年1月1日、57頁、NDLJP:2853082/31 (要登録)
  4. ^ 『企業と広告』第17巻第1号、チャネル、1991年1月1日、29頁、NDLJP:2853094/17 (要登録)
  5. ^ 『企業と広告』第18巻第1号、チャネル、1992年1月1日、60頁、NDLJP:2853106/33 (要登録)
  6. ^ 『企業と広告』第23巻第1号、チャネル、1997年1月1日、47頁、NDLJP:2853166/26 (要登録)
  7. ^ 『企業と広告』第23巻第8号、チャネル、1997年8月1日、53頁、NDLJP:2853173/29 (要登録)
  8. ^ 『企業と広告』第24巻第1号、チャネル、1998年1月1日、30頁、NDLJP:2853178/18 (要登録)
  9. ^ 『企業と広告』第25巻第1号、チャネル、1999年1月1日、68頁、NDLJP:2853190/37 (要登録)
  10. ^ 東京放送 編『TBS50年史』東京放送、2002年1月、564頁。 
  11. ^ 東京放送 編『TBS50年史』東京放送、2002年1月、574頁。 
  12. ^ 油井雅和 (2012年6月29日). “川村龍一さんのお別れ会、今終わりました。”. Twitter. 2017年4月14日閲覧。

関連項目

編集
毎日放送ラジオ(MBSラジオ) 月曜日 - 金曜日 5:00 - 5:10
前番組 番組名 次番組
心のともしび
(5:00 - 5:05)
心のいこい
(5:05 - 5:10)
おはよう川村龍一です
(2002.4.1~2002.10.4)
毎日放送ラジオ(MBSラジオ) 月曜日 - 金曜日 5:10 - 5:30
はやおきメロディーMBS
(5:00 - 5:20)
心のともしび
(5:20 - 5:25)
心のいこい
(5:25 - 5:30)
おはよう川村龍一です
(2001.10.1~2002.10.4)
早起きラジオMBS
(4:00 - 6:00)
毎日放送ラジオ(MBSラジオ) 月曜日 - 金曜日 5:30 - 6:00
あさいちラジオ
(5:30 - 6:30)
おはよう川村龍一です
(2001.10.1~2002.10.4)
早起きラジオMBS
(4:00 - 6:00)
毎日放送ラジオ(MBSラジオ) 月曜日 - 金曜日 6:00 - 6:30
あさいちラジオ
(5:30 - 6:30)
おはよう川村龍一です
(2001.10.1~2002.10.4)
毎日放送ラジオ(MBSラジオ) 月曜日 - 金曜日 6:30 - 6:45
おはよう川村龍一です
(1983.10.10~2002.10.4)
朝はトコトン菊水丸
(6:00 - 7:45)
毎日放送ラジオ(MBSラジオ) 月曜日 - 金曜日 6:45 - 7:45
おはよう上田彰です
おはよう川村龍一です
(1983.10.10~2001.9.28)
朝はトコトン菊水丸
毎日放送ラジオ(MBSラジオ) 月曜日 - 金曜日 7:45 - 8:00
おはよう上田彰です
おはよう川村龍一です
(1983.10.10~2001.9.28)