メインメニューを開く

概要編集

1942年浄瑠璃の取材のため徳島県に訪れていた宇野は、天狗久を中心に取材を行い「人形師天狗屋久吉」を書き上げた。その時に取材をしていた一人の男性の話を元に作品の着想を得る。

1946年戦時統制で解散を余儀なくされていた自身の会社であるスタイル社が、産業経済新聞社社長前田久吉の支援もあり復興する。1947年12月、休刊していた季刊誌『文體』が復刊し、同時に連載が始まるが、1949年7月に第4号をもって『文體』は廃刊となった。翌1950年、『中央公論』6月号より再掲載され、1957年5月号までの8回の連載で完結した。

連載が完結した翌月の1957年6月、1本にまとめられ中央公論社から単行本が出版された。直後から大きな反響を呼び、「批評の神様」と呼ばれていた小林秀雄が褒めたことで文壇的評価が決定的になった[1]。同年12月に第10回野間文芸賞、翌年には第9回女流文学者賞を受賞し、1961年にはドナルド・キーンの英語訳によりアメリカイギリスなどでも発売された。晩年のインタビューで、宇野自身、本作が自分の最もよくできた作品であると語っている[2]

以降、数回にわたり舞台化・映像化されている。

モデル編集

 
岩国市交通局が運行している「おはんバス」

前述の通り、着想を徳島で得たことから人物が話す言葉は阿波弁で描写されているが、舞台は宇野の出生地でもある山口県岩国市で、作品内に登場する地名や建物は岩国に実在するものがある。このことから岩国市ではさまざまなことが行われている。

1985年、国際ソロプチミスト岩国の認証5周年記念事業として紅葉谷公園に「おはんの碑」が建立した。碑面には作品内の一節が刻まれている。

2003年11月から、市内観光の増加などを目的とし、岩国市交通局により「おはんバス」が運行している。バス車内では初版本や宇野の生涯などが紹介されている[3]

あらすじ編集

幸吉は町の芸者・おかよと知り合い、親しい関係となる。妻のおはんはそのことを知り、実家へ身を退ける。7年後、街で偶然おはんと出会い自分に子供が居ることを知った幸吉はおはんとやり直すことを決めたのだが…。

テレビドラマ編集

1960年版編集

1960年8月14日に、フジテレビ系列の『百万人の劇場』(日曜22:00 - 22:45)枠で単発放送。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 原作:宇野千代
  • 演出:小川秀夫
  • 制作:フジテレビ
フジテレビ 百万人の劇場
前番組 番組名 次番組
あにいもうと
(1960.8.7)
おはん(1960年版)
(1960.8.14)
何処へ
(1960.8.21)

1978年版編集

おはん
ジャンル テレビドラマ
原作 宇野千代『おはん』
脚本 早坂暁
結束信二
演出 河野宏
出演者 中村玉緒
津川雅彦
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域   日本
放送期間 1978年1月2日 - 1月23日
放送時間 22:00 - 22:54
放送枠 ポーラ名作劇場
回数 4
テンプレートを表示

1978年1月2日から同年1月23日までテレビ朝日で、毎週月曜日の22:00 - 22:54に、『ポーラ名作劇場』枠で放映された。全4回。

キャスト編集

スタッフ編集

テレビ朝日 ポーラ名作劇場
前番組 番組名 次番組
おはん(1978年版)

映画編集

おはん
監督 市川崑
脚本 市川崑
日高真也
製作 田中友幸
市川崑
出演者 吉永小百合
石坂浩二
音楽 大川新之助
朝川朋之
主題歌 五木ひろし『おはん』[4]
撮影 五十畑幸勇
編集 長田千鶴子
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開   1984年10月6日
上映時間 113分
製作国   日本
言語 日本語
配給収入 5.5億円[5]
テンプレートを表示

1984年10月6日公開。配給は東宝。東宝邦画系のチェーンマスターが千代田劇場(後の日比谷映画)から日劇東宝(現・TOHOシネマズ日劇・スクリーン2)へ移行後の第1作であり、同館のオープニング上映作品となった。第8回日本アカデミー賞で多くの賞を受賞している。1985年4月VHS化、2008年11月DVD化している。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞編集

  • 第8回日本アカデミー賞
    優秀作品賞
    優秀監督賞(市川崑)
    優秀主演男優賞(石坂浩二)
    最優秀主演女優賞(吉永小百合)
    優秀助演女優賞(大原麗子)
    優秀撮影賞(五十畑幸勇)
    優秀照明賞(望月英樹)
    優秀美術賞(村木忍)
  • 第9回報知映画賞
    主演女優賞(吉永小百合)
  • 第36回毎日映画コンクール
    日本映画優秀賞
    女優主演賞(吉永小百合)
    美術賞(村木忍)
  • 第30回アジア太平洋映画祭
    審査員特別賞

舞台編集

1998年1月2日 - 2月28日 芸術座新春特別公演『おはん』

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス「宇野千代」(1) 2013年2月5日放送
  2. ^ カルチャーラジオ NHKラジオアーカイブス「宇野千代」(1) 2013年2月5日放送(「自作を語る・“おはん”」1980年10月30日放送分から)
  3. ^ 「錦帯橋バス、おはんバス、島耕作バス、いちすけ号」で市内観光を (PDF) 」 『公営交通』第465号、公営交通事業協会、 pp. 31-36.、2010年11月19日閲覧。
  4. ^ 1984年4月21日に発売され、ロングヒット中だった「長良川艶歌」のB面「徒然の花」を「おはん」に差し替え、同年8月25日発売分から「長良川艶歌/おはん」の両A面シングルとして収録・発売された。
  5. ^ 「1984年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1985年昭和60年)2月下旬号、キネマ旬報社、1985年、 120頁。

参考文献編集

  • 宇野千代『宇野千代全集 第5巻』中央公論社、1979年。
  • 瀬戸内寂聴『わたしの宇野千代』中央公論社、1996年。ISBN 9784120026195

外部リンク編集