メインメニューを開く

おまじないネコ チャクラくん』は、じょうさゆり(現:上重☆さゆり)による日本児童漫画作品。

概要編集

1995年にスタートし、2001年まで小学館の学年別学習雑誌で連載。主に、『小学三年生』『小学五年生』『小学六年生』(小学館)に掲載された。

単行本は同社のてんとう虫コミックススペシャルより5巻まで刊行[1]1997年には、家庭用ゲーム機ルーピー向けソフト『チャクラくんのおまじないパラダイス』も発売された。

おまじないのことをなんでも知っているチャクラが、日本一不幸な少女・立花めぐみを助けるために、得意なおまじないで大活躍するおまじないギャグ漫画である。時々、恋愛や友情などを交えてストーリーを展開するエピソードも含まれる。また、木村拓哉野村沙知代長嶋茂雄つぶやきシローなどを初めとする有名人も登場する。

作者の上重☆さゆりによると、チャクラにはキャラクター原作者の霊能力者・橘めぐみの「みなさんが幸福になるように」という念がこめられているという[2]。また、チャクラの腕時計やぬいぐるみなどのグッズも当時発売された[2]

登場人物編集

チャクラ
本作の主人公。チャクランドから来た黒猫で、チャクランドの王子[3]。おまじないのことを無限に知りながらも、チャクラパワーという強力な技を持つ。めぐみに困ったことがったら、おまじないで助けてあげたりと、彼女のよき理解者となっている。一人称は「おれ」。語尾に「チャ」を付けて喋る。意外にも、女の子に弱い一面を見せる。
単行本1巻に掲載されたプロフィールによると、身長 39cm、体重 3.22kg、誕生日2月2日[3]、好物はチーカマ[4]
チャコ姫
チャクランドから来た黒猫。チャクラとは対照的に占いのことを無限に知っている。めぐみが占いをすると、いつも悪い運に当たってしまう。
立花めぐみ
もう一人の主人公。小学生の女の子。『日本一ついていない女の子』と称している。勉強が苦手でテストではいつも悪い点を取ることもしばしば。また体育も苦手(スポーツ対決となるといつもチャクラに負けてしまう)で、仮病を使って保健室でズル休みをしようとしたことがある。また、遅刻も数え切れないほどしている(原因はマンホールに落ちたり、公園でつい子供達と一緒に砂遊びするなど)。片思いの彼・小林たくやに恋しており、告白しようとするが、なかなかうまくいかない。動物の大の苦手で、猫以外は殆ど触ることはない。
あつみ
めぐみの親友であり、同級生。通称「あっちゃん」。出前で鍛えているためか、足が速い。苗字は不詳。
剣持ゆりか
めぐみの同級生。学級委員を担当している。めぐみとは対照的に成績優秀で運動もできる。片思いの彼・小林たくやに恋しており、めぐみを恋のライバル視している。また、めぐみに対してよく嫌味を言う。大金持ちであり、毎年ハワイへ行っている。めぐみ、あつみ、たくやを誘って牧場や海、温泉に招待している。幼稚園の頃は男の子にキスをしまくった。
小林たくや(小林拓哉)
めぐみの同級生。無邪気で心優しい男の子。美男な顔立ちであり、立花めぐみや剣持ゆりかからも、片思いの彼として恋されている。温厚な性格だが、従妹りえこが悪戯するのを注意するなど時々厳しい一面を見せた。1998年4月連載から髪型が変わっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 上重☆さゆりの単行本紹介(2010年12月13日閲覧)
  2. ^ a b おまじないネコ チャクラくん(2010年12月14日閲覧)
  3. ^ a b 『おまじないネコ チャクラくん (1)』じょうさゆり、小学館(てんとう虫コミックススペシャル)、1996年、7頁。ISBN 4-09-149241-X
  4. ^ 『おまじないネコ チャクラくん (1)』5頁、7頁。

外部リンク編集