メインメニューを開く

おもちゃ箱』(La Boîte à joujoux)L.128は、クロード・ドビュッシーが作曲した全4場からなる子供のためのバレエ音楽である。ピアノ、またはオーケストラで演奏される。

目次

作曲の経緯編集

1913年に愛娘エンマ(愛称シュシュ)のために音楽を作曲しようと思い立ったことから始まる。ドビュッシーは挿絵画家のアンドレ・エレ(Andre Helle, 1871年 - 1935年)と親交をしていたが、同年2月頃にエレがドビュッシーに『おもちゃ箱』と題された絵の付いたアルバム集(道徳的な物語)を見せ、これに強い印象を受けて、エレの絵本と台本に基づいたピアノ曲として同年に作曲を始め[1]、10月に全曲を完成した後にエレの挿絵と伴って出版された。

ドビュッシーは同年に管弦楽版として編曲作業に着手し、アンドレ・カプレと協力して1914年春に全体のスケッチを書き終わらせている[2]。しかしドビュッシーが1918年に没したため、未完に終わり、カプレが残されたスケッチを基に補筆する形で完成させている。この管弦楽版は1920年に出版された。

初演編集

1919年12月10日パリのリリック劇場で行われた。この時はデジレ=エミール・アンゲルブレシュトの指揮、キノーの振り付けと演出、アンドレ・エレが衣装と舞台装置をそれぞれ担当した。

管弦楽版の楽器編成編集

構成編集

プロローグとエピローグの付いた各4場から構成される。演奏時間は約29分ないし30分。

  • プロローグ:前奏曲(Prélude)
  • 第1場 おもちゃ屋(Le Magasin de jouets)
  • 第2場 戦場(Le Champ de bataille)
  • 第3場 売りに出た羊小屋(La Bergerie à vendre)
  • 第4場 財産ができてから(Apres fortune faite)
  • エピローグ(Epilogue)

脚注編集

  1. ^ エレはまず台本を作成し、台本が完成した直後にドビュッシーは作曲に取り組んでいる。
  2. ^ ただしこの時点でどのような形式で上演される(踊り手かマリオネット)ものかドビュッシー自身がはっきりと決めていなかった。初演時は踊り手によって行われている。

参考資料編集

外部リンク編集