メインメニューを開く

おれんじ食堂

おれんじ食堂(おれんじしょくどう)は、肥薩おれんじ鉄道九州旅客鉄道(JR九州)が運行する快速列車観光列車)である。

おれんじ食堂
「おれんじ食堂」専用車両のHSOR-100形(2013年7月28日)
「おれんじ食堂」専用車両のHSOR-100形
(2013年7月28日)
概要
日本の旗 日本
種類 快速列車臨時列車
現況 運行中
地域 熊本県・鹿児島県
運行開始 2013年3月24日
運営者 肥薩おれんじ鉄道
九州旅客鉄道
路線
起点 新八代駅
終点 川内駅
使用路線 JR九州:鹿児島本線
肥薩おれんじ鉄道:肥薩おれんじ鉄道線
車内サービス
座席 リビング・カー(2号車)
食事 ダイニング・カー(1号車)
技術
車両 HSOR-100形気動車
軌間 1,067 mm
電化 非電化
テンプレートを表示

目次

概要編集

2013年3月24日新八代駅 - 川内駅間で運行を開始し、「変わりゆく美しい九州西海岸の景色を眺めながらゆったり、のんびり、スローライフな旅が楽しめる快適な空間の演出」をコンセプトとした観光列車である[1]

デザインは水戸岡鋭治が担当し、「“食”を通じて沿線の魅力を知ってもらう」をテーマに車内で沿線地域の特産物を使用した「おれんじ鉄道プロデュース」の料理や飲み物が味わえる[1][2]

食事は沿線の提携レストランからデリバリーされ[注 1][注 2]、季節のスイーツや沿線の7つの町の特産品も届けられる。

「おれんじ食堂」のプロジェクトでは「そこにしかないオンリーワンのものを考案し、わざわざ行く理由になるものを作ること」が意識され、肥薩おれんじ鉄道営業部長の川窪重伸は、ビジネス面でのおれんじ食堂のコンセプトストーリーは、「究極の経済循環列車」と話し[3]、「おれんじ食堂」の運行開始以降、水俣市の観光客が増加した[4]

2017年12月に利用者が5万人を突破した[5]

日本経済新聞が発表したお薦めの観光列車ランキングで7位に[6]2016年5月1日〜2017年4月30日までの阪急交通社のサイト内検索における、キーワードランキングで4位にランクインした[7][8]

「レストラン列車」の先がけ編集

改装が施された専用車両が使用され、列車そのものをレストランとして従来のお弁当の枠に収まらない形で料理を提供するという従来の食堂車とは異なる形態は、後の「レストラン列車」の先がけとなった[2][9]

本来、現在において食堂車は大多数の乗客のニーズに合致しないものとされ、列車の効率化や運行効率の追求により減少傾向にある。また弁当や飲み物の販売も、たまたま買ってくれる人を対象に単品で販売しているうちは儲からず、事業者にとっては採算にのりにくい事業である。しかし利用者にとってはうれしいサービスであり、列車内での食事の楽しさにあらためて着目し、これを経営的に成り立たせるために考えられたのが、しっかりした料理を心地よい設備とサービスの下でセットで販売する今のレストラン列車である。

デザインを担当した水戸岡鋭治は、「レストラン列車」が広まる始める前から列車と食の関係を再構築しようという思いを強く持っており、「地上で食べるおむすびと、電車の中で食べるおむすびは味が変わる。地上で50点の味のおむすびが列車の中では60点や70点の味になる。景色が動き、心地よい揺れがあり、目的地に向かう期待でずっとおいしくなる。列車というシチュエーションは最もぜいたくな要素を持つ」と話し、また「人間は本来動物であるから、基本中の基本である「食」を押さえることが重要で、鉄道やホテル、自宅や観光地もそこを押さえないと豊かとは言えない」とも考えている。

運行概況編集

毎週金曜、土日祝日とゴールデンウィークなど多客時に1日4便運行されており[1]、貸切運行も行われている。旅行商品として発売され、全区間乗車が基本で食事付きのパッケージプラン[注 3]と一部区間での乗車が可能で、希望により別料金を追加することで食事も可能な「乗車のみプラン」の2種類が販売されている。各便によって運行区間や食事を提供するレストランが異なり、食事メニューは1ヵ月ごとに替えられる。

車窓風景の美しい区間では時速約30kmまで落とし、「低速走行」が行われるほか、袋駅 - 米ノ津駅間の熊本県と鹿児島県の境に架かる鉄橋上では列車を一旦停止させるダイヤ設定となっている。

途中停車駅の日奈久温泉駅佐敷駅水俣駅薩摩高城駅では駅マルシェが開催されており、沿線の特産品や地元グルメが販売されている[1][2]

パッケージプランの乗客には、沿線の名産品など土産品が用意されている[2]

また全ての乗客に対してウェルカムドリンクと布しぼりのサービス、乗車の記念としてオリジナル記念乗車証が1人1枚発行されるほか、乗車記念のフォトサービスや運転士制服・制帽の着用体験も楽しめる[1]

停車駅編集

2018年9月現在、停車駅は以下の通り[10]

1便(プレミアムモーニング)
出水駅→水俣駅○→新水俣駅津奈木駅→佐敷駅→日奈久温泉駅○△→八代駅新八代駅
2便(スペシャルランチ)
新八代駅→八代駅○→日奈久温泉駅□→佐敷駅○△→津奈木駅□→新水俣駅→水俣駅○△→出水駅○□→阿久根駅○□→牛ノ浜駅→薩摩高城駅○△→川内駅
3便(スイーツ)
川内駅→薩摩高城駅○△→阿久根駅○□→出水駅
4便(ディナー)
出水駅→水俣駅○△→新水俣駅→津奈木駅□→佐敷駅○□→日奈久温泉駅○□→八代駅○→新八代駅
  • ○の駅では、長時間停車が行われる。
  • △の駅では、駅マルシェが開催される。
  • □の駅では、駅みやげが提供される。

車両編集

運行開始時の編成図
おれんじ食堂
← 川内
新八代 →


号車 1 2
設備 D L
形式 HSOR-114 HSOR-116
定員 23 20
凡例
D = ダイニング・カー
L =リビング・カー

HSOR-100形2両を改造した専用車両が使用される。「おれんじ食堂」の運転に際して、地元自治体などの協賛を得て、大規模な改造が施された。

2両とも本来は片側2ドアだが、連結部のドアは締切扱いとなり、乗降は先頭側のドアからのみ行われる。

営業時は常時2両運転となるが、連結部の運転台は構内入換などのために存置されている。

外観編集

車体塗装は海原を連想させるシックなブルーに変更され、金色をイメージしたベージュでロゴやラインが描かれており、南欧の雰囲気と高級感にあふれたものとなっている。

内装編集

車内はホテルのロビーやカフェレストランをイメージしたデザインとなっており、1号車(HSOR-114)は「ダイニング・カー」、2号車(HSOR-116)は「リビング・カー」として整備されている[1]

腰掛けやテーブルに木の質感を活かし、至る所にさまざまな文字やロゴマークが掲げられ、他の鉄道車両とは異なる「ゆとりのある空間」が演出されている。使用された木材は全て熊本県・鹿児島県産で、床にはナラ、テーブルや椅子、カウンターなどの家具類は全てミズメザクラが使用されている。

車内の壁にはカラフルなアートが飾られた額が並び、トイレにも2点飾られている。

なお、1号車・2号車とも運転席の助手席側に当たる部分はフリースペースの子供展望席が1両につき2席用意されている。

1号車(ダイニング・カー)編集

1号車「ダイニング・カー」はパッケージプランの乗客が利用し[9]、ホテルのカフェダイニングをイメージした空間となっている。便所が撤去され、室内には海側に海岸を向いたカウンター席、山側にテーブル席が配置されている。また通路スペースを確保するため、テーブルは半分の大きさに折り畳み可能となっている。定員は23名。

室内の椅子の多くが自由に移動させることの出来る「普通の椅子」となっており、走行中滑らないような工夫が施されている。

車内にはIHヒーターやシンクなどが備わったサービスカウンター兼キッチンが設置され、季節のスープとフレッシュジュース、コーヒーがフリードリンクとして提供される。またここで食事の準備作業などが行われる。車両にはキッチンへの給電用にディーゼル発電機が設置されたほか、新たに100Lのタンクが備え付けられた。

新八代寄り車端部には、多目的室が設けられている。

2号車(リビング・カー)編集

2号車「リビング・カー」は「乗車のみプラン」の乗客が利用し、ホテルのリビングスペースをイメージした空間となっている。室内には海側にテーブル席、山側にカーテンで仕切られた半個室席が配置されている。半個室席は5室設けられ、中には海岸を向いた2人掛けのソファが用意されている。

また車内には洋式トイレが設けられ、付近には民芸品などが飾られたショーケースが設置され、新八代側の側面には収納棚が設けられているほか、トイレ前は車いす対応スペースとなっている。

川内寄り車端部には、ドリンクカウンターが設置されており、フリードリンクのコーヒーと熊本県、鹿児島県の銘菓がビュッフェ方式で提供される。

沿革編集

  • 2013年平成25年)
    • 3月6日:八代駅 - 川内駅間で試乗会を実施。
    • 3月20日:出水車両基地検修庫内で一般公開される[11]
    • 3月24日:運行開始。
  • 2016年(平成28年)3月26日:ダイヤが改正され、新たに八代駅 - 肥後高田駅間、肥後二見駅 - たのうら御立岬公園駅間、出水駅 -薩摩高城駅間が新たに徐行運転区間となり、重盤岩が最徐行ポイントに追加された[12]
  • 2017年(平成29年)3月12日:「おれんじ食堂」をワンコイン(500円)で試乗できる体験乗車会(午前は水俣駅 - 出水駅間、午後は水俣駅 - 佐敷駅間)が実施される[13]
  • 2018年(平成30年)
    • 3月16日:2便(スペシャルランチ)の食事を1年間限定でフレンチレストラン「ラ・ロシェル」のオーナーで出水市出身の坂井宏行が監修[5][14][15]
    • 3月17日:1便と4便で、パッケージプランの値下げを実施[14]
    • 4月18日:新水俣駅 - 新八代駅間でイギリスの本格的なアフタヌーンティーをみなまた和紅茶で楽しむ企画列車「おれんじ食堂 アフタヌーンティー列車」が運行される[16][17]

脚注編集

注訳編集

  1. ^ 温かいご飯やスープは、車内のキッチンから提供される。
  2. ^ 当初は食事はすべて車内のキッチンで作ることを予定していたが、衛生面で営業許可を取るのが難しいうえ、自社で作ってしまうと一次加工業者としか地元産業との関係が生まれず、地域の活性化としては弱いためデリバリー方式となった[3]
  3. ^ 朝食プランのみ予約は10人以上からとなっている[9]

出典編集

  1. ^ a b c d e f “熊本県・鹿児島県の肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」3/24デビュー!”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年3月6日). https://news.mynavi.jp/article/20130306-a137/ 
  2. ^ a b c d “九州のレストラン列車「おれんじ食堂」 食材も木材も地元産”. NEWSポストセブン (NEWSポストセブン). (2015年11月18日). https://www.news-postseven.com/archives/20151118_364373.html 
  3. ^ a b “走るレストラン 「おれんじ食堂」は癒やしの鉄道”. NIKKEI DESIGN (日本経済新聞). (2016年1月13日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO95417910S5A221C1000000 
  4. ^ “熊本・水俣駅に「巨大竹籠」”. 産経ニュース (産経新聞). (2015年2月4日). https://www.sankei.com/smp/region/news/150204/rgn1502040055-s.html 
  5. ^ a b ““フレンチの達人”坂井さん 「おれんじ食堂」で監修の料理提供へ /鹿児島”. 毎日新聞 (毎日新聞). (2018年1月21日). https://mainichi.jp/articles/20180121/ddl/k46/040/186000c 
  6. ^ [https://style.nikkei.com/article/DGXZZO90891690U5A820C1000000 “1位「伊予灘ものがたり」 お薦めの観光列車、ベスト10”]. NIKKEI STYLE (日本経済新聞). (2015年8月30日). https://style.nikkei.com/article/DGXZZO90891690U5A820C1000000 
  7. ^ “観光列車名の検索数、年間ベスト10を発表! 近年の観光列車増を背景に、「花嫁のれん」「或る列車」など2013年以降に運行開始した列車が10列車中8列車を占める”. 阪急交通社 (阪急交通社). (2017年7月13日). http://blog.hankyu-travel.com/newsrelease/2017/07/train-ranking.php 
  8. ^ “近鉄「しまかぜ」1位 - 阪急交通社、観光列車名検索数の年間トップ10を発表”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年7月14日). https://news.mynavi.jp/article/20170714-a135/ 
  9. ^ a b c “観光グルメ列車の先駆け! 車内で九州の美食堪能「観光列車 おれんじ食堂」 優雅な朝食を流れる景色とともに楽しむ”. zakzak (zakzak). (2018年3月23日). https://www.zakzak.co.jp/smp/lif/news/180323/lif1803230005-s1.html 
  10. ^ 運行区間・ダイヤ
  11. ^ 観光列車「おれんじ食堂」が一般公開される - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2013年3月21日
  12. ^ “肥薩おれんじ鉄道、3/26ダイヤ改正 - 「おれんじ食堂」徐行運転区間が拡大”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年11月18日). https://news.mynavi.jp/article/20151222-a656/ 
  13. ^ 水俣駅で「おれんじ鉄道 BIRTHDAY フェスタ2017」開催 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2017年3月14日
  14. ^ a b “おれんじ食堂「鉄人」が監修 来春ダイヤ改正 通勤帯増便も”. 西日本新聞 (西日本新聞). (2017年12月27日). https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/kumamoto/article/382995/ 
  15. ^ “高級フレンチレストランが「動くレストラン」のメニューを監修 肥薩おれんじ鉄道2018年春のダイヤ改正”. レスポンス (レスポンス). (2017年12月27日). https://s.response.jp/article/2017/12/27/304225.html 
  16. ^ “おれんじ食堂「アフタヌーンティー列車」が特別運行、青い海と極上スイーツを堪能”. 女子旅プレス (メディアプレス). (2018年1月24日). https://travel.mdpr.jp/travel/detail/1742392 
  17. ^ 肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂 アフタヌーンティー列車」運転 - 交友社『鉄道ファン』railf.jp鉄道ニュース 2018年1月27日

参考文献編集

記事全体の出典編集

  • 鉄道ファン』2013年5月号 No.625「肥薩おれんじ鉄道『おれんじ食堂』」「肥薩おれんじ鉄道HSOR-100形『おれんじ食堂』試乗記」P.63-P.69
  • 鉄道ジャーナル』2013年5月号 通巻559「肥薩おれんじ鉄道『おれんじ食堂』が登場」P.148
  • 『鉄道ジャーナル』2013年6月号 通巻560「観光列車『おれんじ食堂1号』に乗る」P.62-P.67
  • 『鉄道ジャーナル』2017年10月号 通巻612「おれんじ食堂からTHE ROYAL EXPRESSへ」P.42-P.43「『食』を楽しむ観光列車 その個性と魅力」P.56-P.57
  • 鉄道ピクトリアル』2013年5月号 No.875「肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂」P.95
  • 鉄道ダイヤ情報』2013年5月号 通巻372「快速『おれんじ食堂』営業中」P.32-P.33「肥薩おれんじ鉄道 “おれんじ食堂” 運転開始」P.72

関連項目編集

外部リンク編集