メインメニューを開く

お嬢さん』(おじょうさん、原題:아가씨題:The Handmaiden)は、2016年公開の韓国エロティックサイコスリラー映画[6]。監督はパク・チャヌク、主演はキム・ミニキム・テリハ・ジョンウチョ・ジヌン[7]ウェールズの作家サラ・ウォーターズの『荊の城』を原作としており、舞台設定がヴィクトリア朝から日本統治時代の朝鮮に変更されている[8][9]
第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門ノミネート作品であり、美術監督のリュ・ソンヒが韓国人初のバルカン賞を受賞[10][11][12][13][14]。第71回英国アカデミー賞最優秀外国語作品賞[15]、第53回百想芸術大賞で大賞を受賞した[16][17]

お嬢さん
아가씨
監督 パク・チャヌク
脚本 パク・チャヌク
チョン・ソギョン
原作 サラ・ウォーターズ荊の城
製作 パク・チャヌク
シド・リム
製作総指揮 マイキー・リー
出演者 キム・ミニ
キム・テリ
ハ・ジョンウ
チョ・ジヌン
音楽 チョ・ヨンウク
撮影 チョン・ジョンフン
編集 キム・ジェボム
キム・サンボム
製作会社 モホフィルム
ヨンフィルム
配給 大韓民国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗 ファントム・フィルム
世界の旗 Amazon Pictures
公開

フランスの旗 2016年5月14日CIFF[1]
大韓民国の旗 2016年6月1日[1]
台湾の旗 2016年6月24日[1]
香港の旗 2016年6月30日[1]
シンガポールの旗 2016年7月7日[1]
タイ王国の旗 2016年7月14日[1]
チェコの旗 2016年8月11日[1]
エストニアの旗 2016年8月19日[1]
ロシアの旗 2016年8月25日[1]
ギリシャの旗 2016年10月13日[1]
アメリカ合衆国の旗 2016年10月18日[1]
カナダの旗 2016年10月28日[1]
フランスの旗 2016年11月1日[1]
オーストラリアの旗 2016年11月3日[1]
ポーランドの旗 2016年11月4日[1]
ルーマニアの旗 2016年11月18日[1]
ハンガリーの旗 2016年12月1日[1]
スペインの旗 2016年12月2日[1]
ドイツの旗 2017年1月5日[1]
ブラジルの旗 2017年1月12日[1]
スウェーデンの旗 2017年1月27日[1]
オランダの旗 2017年2月2日[1]
日本の旗 2017年3月3日[1]
リトアニアの旗 2017年3月23日[1]
ポルトガルの旗 2017年3月30日[1]
ノルウェーの旗 2017年4月7日[1]
デンマークの旗 2017年4月12日[1]
イギリスの旗アイルランドの旗 2017年4月14日[1]
クロアチアの旗 2017年5月11日[1]
スロベニアの旗 2017年5月17日[1]
フィンランドの旗 2017年5月19日[1]
トルコの旗 2017年8月11日[1]

イタリアの旗 2019年8月29日[1]
上映時間 145分(劇場公開版)
168分(スペシャル・エクステンデッド版)
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
日本語
製作費 110億ウォン[2][3]
興行収入 大韓民国の旗 352億ウォン[4]
日本の旗 7500万円[5]
テンプレートを表示
お嬢さん
各種表記
ハングル 아가씨
発音 アガシ
日本語読み: おじょうさん
題: The Handmaiden
テンプレートを表示

ストーリー編集

1939年日本統治下の朝鮮半島。孤児として生まれ、詐欺集団に育てられた少女ナム・スッキ(キム・テリ)は、捨てられた乳児の世話をして日本人に売ることで生計を立てていた。

ある時、「藤原伯爵」と名乗る詐欺師(ハ・ジョンウ)がスッキたちにある計画を打ち明ける。それは、日本人の華族と結婚して「上月こうづき」という和名を手に入れた親日派の朝鮮人の男(チョ・ジヌン)の姪・秀子(キム・ミニ)を誘惑して夫となり、上月の亡き妻が遺した莫大な遺産を手に入れるというものであった。藤原伯爵は、スッキに上月家の女中として働き、秀子と自分が結ばれるように手助けするよう持ちかける。報酬が手に入れば自由の身になれると考えたスッキは、伯爵の話に乗る。

スッキは侍女「珠子」として豪壮な上月邸に潜入し、侍女長の佐々木夫人(キム・ヘスク)の案内で令嬢・秀子に近づくことに成功。どこか陰のある秀子の美貌と予測不可能な言動に翻弄されるスッキであったが、昼夜を分かたず身の回りの世話をする中で距離を縮めていく。

上月邸に現れた藤原伯爵が計画通りに秀子を懐柔する一方で、秀子に惹かれ始めていたスッキは、彼女が伯爵の術中に嵌っていく様を見過ごすことができなくなる。謀略と情愛の狭間で葛藤するスッキ。しかし、秀子と藤原伯爵、そして上月の間にもまた、ある秘密があった。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:パク・チャヌク
  • 脚本:パク・チャヌク、チョン・ソギョン
  • 原作:サラ・ウォーターズ荊の城
  • 製作:パク・チャヌク、シド・リム
  • 製作総指揮:マイキー・リー
  • 撮影監督:チョン・ジョンフン
  • 美術監督:リュ・ソンヒ
  • 衣装:チョ・サンギョン
  • ヘアメイク:ソン・ジョンヒ
  • 音楽:チョ・ヨンウク
  • 照明:ペ・イルヒョク
  • 同時録音:チョン・グン
  • 編集:キム・ジェボム、キム・サンボム
  • 製作会社:モホフィルム、ヨンフィルム
  • 配給:CJエンタテインメント

製作編集

オールド・ボーイ』の映画化をパク・チャヌクに提案した映画プロデューサーのイム・スンヨンが、本作の原作小説『荊の城』(サラ・ウォーターズ著)を映画化するよう妻に勧められたことをきっかけに、2011年頃にパクに『荊の城』の映画化を提案[18][19][20]。パク夫妻も小説を気に入り、パクの妻も映画化を推薦した[20]。パク・チャヌク自身もまた『荊の城』に魅了され、映画の骨子となる令嬢と侍女を主軸とした物語への翻案を構想[21][22]脚本家のチョン・ソギョンが脚本の草稿を作成した[23]2012年12月、パクが次回の監督作として『お嬢さん』を計画していることが公に報じられた[24]

2014年末頃にスッキ(珠子)役など一部のキャストのオーディションが実施され[25]キム・ミニキム・テリハ・ジョンウチョ・ジヌンなど主要キャストが確定[26][27][28]

2015年1月からのプリプロダクションを経て、本格的な製作に突入した[28]。製作は、監督のパク・チャヌクの製作会社であるモホフィルムならびにイム・スンヨンが代表を務める製作会社ヨンフィルムによって共同で行われた[28]。撮影は2015年6月15日から開始され[2]、同年10月31日に終了[29][30]。撮影の一部は日本三重県愛知県で行われた[2][31][32]

公開編集

本作は、2016年5月11日から開催された第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされ[33]、同年5月14日に同映画祭でワールドプレミアを迎えた[34]。また、カンヌ国際映画祭のフィルム・マーケットでは、2016年時点での韓国映画史上最多となる175か国に販売された[35]

2016年6月1日韓国で公開されて以降、アジア欧米など世界各国で公開[36][37]日本では2017年3月3日に公開された[38]。作中に露骨な性描写が含まれていることから、韓国ではR19、日本・台湾オーストラリアを含むいくつかの国では18+の指定を受けた[6][39][40]

韓国国内での初週観客動員数は182万人を超え、青少年観覧不可(19歳以上観覧可)映画のオープニング記録を更新[41][42]アメリカフランス・韓国での通算観客動員数は500万人を突破した[43][44]

評価編集

批評家の反応編集

『お嬢さん』は高い評価を受けた。Rotten Tomatoesでは、134件のレビューに基づいて94%の評価を得ており、平均格付けは10点満点中8.2点。サイトのコンセンサスでは、「『お嬢さん』はヴィクトリア朝の犯罪小説を、パク・チャヌク監督の視覚的に華麗で夢中にさせる独特のアウティングのための緩やかなインスピレーションとして使用している」と述べられている[45]Metacriticでは、38件のレビューに基づいて、100点満点中84点を得て、「普遍的な称賛」を獲得した[46]エコノミストはこの映画を傑作と評価した[47]

受賞と候補編集

受賞と候補の一覧
部門 対象 結果
2016年 女性映画ジャーナリスト同盟英語版[48][49] 外国語映画賞 パク・チャヌク 受賞
第12回オースティン映画批評家協会[50][51] 作品賞 『お嬢さん』 4位
監督賞 パク・チャヌク ノミネート
主演女優賞 キム・ミニ ノミネート
脚本賞 パク・チャヌク、チョン・ソギョン ノミネート
撮影賞 チョン・ジョンフン ノミネート
外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
第37回青龍映画賞 最優秀作品賞 『お嬢さん』 ノミネート
監督賞 パク・チャヌク ノミネート
主演女優賞 キム・ミニ 受賞
新人女優賞 キム・テリ 受賞
撮影賞 チョン・ジョンフン ノミネート
美術賞 リュ・ソンヒ 受賞
音楽賞 チョ・ヨンウク朝鮮語版 ノミネート
技術省 チョ・サンギョン(衣装デザイン) ノミネート
第37回ボストン映画批評家協会賞[52] 撮影賞 チョン・ジョンフン 受賞
外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
第25回釜日映画賞朝鮮語版 作品賞 『お嬢さん』 ノミネート
監督賞 パク・チャヌク ノミネート
主演女優賞 キム・ミニ ノミネート
新人女優賞 キム・テリ 受賞
撮影賞 チョン・ジョンフン ノミネート
美術賞 リュ・ソンヒ 受賞
音楽賞 チョ・ヨンウク ノミネート
特別賞 パク・チャヌク 受賞
釜山映画批評家賞朝鮮語版 新人女優賞 キム・テリ 受賞
第69回カンヌ国際映画祭 パルム・ドール パク・チャヌク ノミネート
クィア・パルム パク・チャヌク ノミネート
バルカン賞 リュ・ソンヒ 受賞
第29回シカゴ映画批評家協会[53] 作品賞 『お嬢さん』 ノミネート
監督賞 パク・チャヌク ノミネート
脚本賞 パク・チャヌク、チョン・ソギョン 受賞
撮影賞 チョン・ジョンフン ノミネート
外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
美術賞 『お嬢さん』 受賞
第22回放送映画批評家協会賞[54] 外国語映画賞 『お嬢さん』 ノミネート
第22回ダラス・フォートワース映画批評家協会[55] 外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
ディレクターズ・カット・アワード朝鮮語版 主演女優賞 キム・ミニ 受賞
新人女優賞 キム・テリ 受賞
第21回フロリダ映画批評家協会[56] 外国語映画賞 『お嬢さん』 次点
撮影賞 チョン・ジョンフン 次点
韓国映画評論家協会賞朝鮮語版 映画評論家10選 『お嬢さん』 受賞
撮影賞 チョン・ジョンフン 受賞
インディワイヤー批評家投票[57] 作品賞 『お嬢さん』 7位
監督賞 パク・チャヌク 5位
オリジナルスコア
またはサウンドトラック
『お嬢さん』 8位
撮影賞 『お嬢さん』 4位
編集 『お嬢さん』 8位
第42回ロサンゼルス映画批評家協会賞[58] 美術賞 リュ・ソンヒ 受賞
外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
メルボルン国際映画祭英語版 最も人気のある長編映画 『お嬢さん』 次点
ニューヨーク映画批評家オンライン[59] 外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
第21回サンディエゴ映画批評家協会[60][61] 外国語映画賞 『お嬢さん』 ノミネート
第15回サンフランシスコ映画批評家協会[62][63] 脚色賞 パク・チャヌク、チョン・ソギョン ノミネート
外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
美術賞 リュ・ソンヒ 受賞
第13回セントルイス映画批評家協会[64] 美術賞 リュ・ソンヒ 受賞
外国語映画賞 『お嬢さん』 次点
第20回トロント映画批評家協会[65] 外国語映画賞 『お嬢さん』 次点
第16回バンクーバー映画批評家サークル英語版[66] 外国語映画賞 『お嬢さん』 ノミネート
第15回ワシントンD.C.映画批評家協会[67] 外国語映画賞 『お嬢さん』 ノミネート
女性映画批評家サークル英語版[68] 外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
2017年 第11回アジア・フィルム・アワード[69][70] 助演女優賞 ムン・ソリ 受賞
新人賞 キム・テリ 受賞
脚本賞 パク・チャヌク、チョン・ソギョン ノミネート
美術監督賞 リュ・ソンヒ 受賞
編集賞 キム・ジェボム、キム・サンボム ノミネート
衣装デザイン賞 チョ・サンギョン 受賞
デンバー映画批評家協会英語版[71] 外国語映画賞 『お嬢さん』 ノミネート
ドリアン賞英語版[72] 年間監督賞 パク・チャヌク ノミネート
年間外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
年間LGBTQ映画賞 『お嬢さん』 ノミネート
年間視覚映画賞 『お嬢さん』 ノミネート
第10回ヒューストン映画批評家協会[73][74] 映像賞 『お嬢さん』 ノミネート
外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
第88回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[75] 外国語映画トップ5 『お嬢さん』 受賞
第51回全米映画批評家協会[76] 外国語映画賞 『お嬢さん』 2位
第20回オンライン映画批評家協会[77] 映像賞 『お嬢さん』 ノミネート
外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
第21回サテライト賞[78] 外国語映画賞 『お嬢さん』 受賞
第43回サターン賞 インターナショナル映画賞 『お嬢さん』 ノミネート
衣装デザイン賞 チョ・サンギョン 受賞
第53回百想芸術大賞[79][16] 大賞 パク・チャヌク 受賞
作品賞 『お嬢さん』 ノミネート
監督賞 パク・チャヌク ノミネート
主演女優賞 キム・ミニ ノミネート
最優秀演技賞 チョ・ジヌン ノミネート
新人賞 キム・テリ ノミネート
脚本賞 パク・チャヌク、チョン・ソギョン ノミネート
2018年 第71回英国アカデミー賞[15] 最優秀外国語作品賞 『お嬢さん』 受賞

関連商品編集

DVD編集

Blu-ray編集

  • お嬢さん 通常版(日本:2017年7月5日発売、TCエンタテインメント)[80]
  • お嬢さん スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版(日本:2017年7月5日発売、TCエンタテインメント)[80]

CD編集

  • お嬢さん Original Soundtrack(韓国:2016年9月3日発売、CJ E&M

書籍編集

  • お嬢さん 近く(아가씨 가까이)(韓国:2016年6月10日発売、クチェク)[81] - フォトブック
  • お嬢さん 脚本(아가씨 각본)(韓国:2016年8月15日発売、クチェク)[82]
  • お嬢さん アーカイブ(아가씨 아카입)(韓国:2017年8月10日発売、クチェク)[83]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag Ojosan (2016) - Release Info”. IMDb. 2019年9月5日閲覧。
  2. ^ a b c “パク・チャヌク監督新作「お嬢さん」、日本・名古屋でクランクイン”. WoW!Korea (エイアイエスイー). (2015年6月16日). https://www.wowkorea.jp/news/japankorea/2015/0617/10146820.html 2015年6月16日閲覧。 
  3. ^ Box office / business for Ah-ga-ssi”. IMDb. 2016年10月23日閲覧。
  4. ^ “韓国映画振興委員会 歴代ボックスオフィス”. 韓国映画振興委員会. http://www.kobis.or.kr/kobis/business/mast/mvie/searchMovieList.do 2019年9月5日閲覧。 
  5. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.64
  6. ^ a b ““成人指定”で全世界、異例の大ヒット!パク・チャヌク監督の最新作「お嬢さん」官能的なスペシャル本編映像が解禁…3/3日本公開”. Kstyle (LINE). (2017年2月3日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2062662 2017年2月3日閲覧。 
  7. ^ The Handmaiden generates a buzz”. Korea JoongAng Daily (2016年5月3日). 2016年5月10日閲覧。
  8. ^ Park Chan-wook Talks About Next Pic The Handmaiden”. Variety (2015年12月10日). 2016年5月10日閲覧。
  9. ^ Noh, Jean (2016年2月24日). “Park Chan-wook's Handmaiden pre-sells to 116 countries”. Screen Daily. 2016年2月25日閲覧。
  10. ^ Erbland, Kate (2016年4月14日). “2016 Cannes Film Festival Announces Lineup”. IndieWire. 2016年4月14日閲覧。
  11. ^ Cannes 2016: Film Festival Unveils Official Selection Lineup”. Variety (2016年4月14日). 2016年4月14日閲覧。
  12. ^ Park Chan-wook's new film to compete at Cannes”. The Korea Times (2016年4月15日). 2016年5月10日閲覧。
  13. ^ http://www.hollywoodreporter.com/news/park-chan-wook-handmaiden-homosexuality-893716
  14. ^ http://www.hollywoodreporter.com/news/south-korea-box-office-cannes-900292
  15. ^ a b “パク・チャヌク監督、映画「お嬢さん」が英国アカデミー賞で外国語映画賞を受賞”. Kstyle (LINE). (2018年2月19日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2087890 2018年2月19日閲覧。 
  16. ^ a b ‘Guardian,’ ‘The Handmaiden’ win big at Baeksang Awards”. Korea Herald (2017年5月4日). 2018年2月16日閲覧。
  17. ^ ““お嬢さん”パク・チャヌク監督&“トッケビ”キム・ウンスク作家「第53回百想芸術大賞」で大賞を受賞(総合)”. Kstyle (LINE). (2017年5月4日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2069307 2017年5月4日閲覧。 
  18. ^ “매혹 파격 강렬…베일 벗은 '아가씨'”. 데일리안. (2016年5月3日). http://m.dailian.co.kr/news/view/570207#Redyho 2016年5月3日閲覧。 
  19. ^ “'용필름' 임승용 대표 "'독전' 프리퀄 준비..류준열 과거 혹은 미래"”. STARNEWS. (2018年12月26日). http://m.star.mt.co.kr/view.html?gnb=&snb=search&no=2018122608101690391 2018年12月26日閲覧。 
  20. ^ a b “パク・チャヌク監督、新作『アガシ』を語る”. chosun online (朝鮮日報日本語版). (2016年5月2日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/02/2016050201941.html 2016年5月2日閲覧。 
  21. ^ “映画『お嬢さん』パク・チャヌク監督にインタビュー:「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」”. GIZMODO JAPAN (メディアジーン). (2017年3月1日). https://www.gizmodo.jp/2017/03/ojosan-park-chan-wook-interview.html 2017年3月1日閲覧。 
  22. ^ “『お嬢さん』パク・チャヌク監督インタビュー、韓国では観客の8割が女性!LGBTからも大絶賛なガールズムービー”. cinemas PLUS (クラップス). (2017年3月1日). https://cinema.ne.jp/recommend/ojosan2017030106/ 2017年3月1日閲覧。 
  23. ^ チョン・ソギョン/パク・チャヌク『お嬢さん 脚本』、그책、2016年8月15日、序文。
  24. ^ “パク・チャヌク、映画「お嬢さん」調整中…時期は未定”. Kstyle (LINE). (2012年12月11日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1958301 2019年9月10日閲覧。 
  25. ^ “「お嬢さん」キム・テリ“ベッドシーン、同性愛が重要な映画ではありません””. Kstyle (LINE). (2016年6月14日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2046112 2016年6月14日閲覧。 
  26. ^ “ハ・ジョンウ、パク・チャヌク監督『アガシ』出演へ”. chusun online (朝鮮日報日本語版). (2014年11月4日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/11/04/2014110402534.html 2014年11月4日閲覧。 
  27. ^ “パク・チャヌク監督新作にキム・ミニ、キム・テリ出演へ”. chusun online (朝鮮日報日本語版). (2014年12月9日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/09/2014120901324.html 2014年12月9日閲覧。 
  28. ^ a b c “パク・チャヌク新作「お嬢さん」キム・ミニ&ハ・ジョンウ&チョ・ジヌン&キム・テリ出演決定”. Kstyle (LINE). (2014年12月9日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2009636 2014年12月9日閲覧。 
  29. ^ Oldboy Director Park Chan-wook Starts Lesbian Fingersmith Adaptation”. Variety (2015年6月21日). 2015年11月14日閲覧。
  30. ^ Giroux, Jesse (2015年11月3日). “First Look at Park Chan-wook's Fingersmith Adaptation The Handmaid”. JoBlo.com. 2015年11月14日閲覧。
  31. ^ “『お嬢さん』は日本でも撮影が行われていた!三重県・六華苑を捉えた新場面写真”. Real Sound (blueprint). (2017年4月3日). https://realsound.jp/movie/2017/04/post-4605_1.html 2017年4月3日閲覧。 
  32. ^ “映画美術の観点から迫る『お嬢さん』の魅力。”. フィガロジャポン (CCCメディアハウス). (2017年3月7日). https://madamefigaro.jp/culture/feature/170307-ojosan.html 2017年3月7日閲覧。 
  33. ^ “「第69回カンヌ国際映画祭」パク・チャヌク監督「お嬢さん」がコンペティション部門に進出…4年ぶりの快挙(総合)”. Kstyle (LINE). (2016年4月15日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2042989 2016年4月15日閲覧。 
  34. ^ “カンヌ映画祭へ行った韓国映画『お嬢さん』 予想以上の破格に驚き”. 中央日報 日本語版 (中央日報). (2016年5月16日). https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=215742 2016年5月16日閲覧。 
  35. ^ “映画『アガシ』175カ国に販売、歴代韓国映画で最多”. chusen on line (朝鮮日報日本語版). (2016年5月19日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/05/19/2016051902349.html 2019–5-29閲覧。 
  36. ^ “パク・チャヌク監督の「お嬢さん」日本・台湾・香港・フランス・アメリカで続々公開予定”. Kstyle (LINE). (2016年6月8日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2046400 2016年6月8日閲覧。 
  37. ^ Hyo-won, Lee (2016年5月19日). “Cannes: Competition Entry 'The Handmaiden' Best-Selling Korean Film of All Time”. Hollywood Reporter. 2016年1月3日閲覧。
  38. ^ “パク・チャヌク監督の映画「お嬢さん」来年3月日本公開が決定!”. Kstyle (LINE). (2016年11月28日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057812 2016年11月28日閲覧。 
  39. ^ View Title | Australian Classification”. www.classification.gov.au. 2016年7月27日閲覧。
  40. ^ 'The Handmaiden' director defends sex scenes as necessary”. 2016年7月27日閲覧。
  41. ^ “パク・チャヌク監督の「お嬢さん」公開初日に興行成績1位を記録!“自己最高のオープニングスコア””. Kstyle (LINE). (2016年6月2日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2046078 2016年6月2日閲覧。 
  42. ^ “興行成績:『アガシ』公開初週182万人 歴代「18禁」映画で最高記録”. chusen online (朝鮮日報日本語版). (2016年6月6日). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/06/2016060600779.html 2016年6月6日閲覧。 
  43. ^ “パク・チャヌク監督の映画「お嬢さん」観客動員数400万人を突破”. Kstyle (LINE). (2016年6月26日). http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2047602 2016年6月26日閲覧。 
  44. ^ “お嬢さん:特集 本作に魅了された宮藤官九郎が、敬愛するパク・チャヌク監督と待望の対面!《禁断の扉》の先にある官能、だまし合い、狂気に映画ファンもあえぎまくる!”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2017年2月27日). https://eiga.com/movie/84952/special/ 2017年2月27日閲覧。 
  45. ^ The Handmaiden”. Rotten Tomatoes. 2016年10月16日閲覧。
  46. ^ The Handmaiden”. Metacritic. 2016年10月16日閲覧。
  47. ^ K.S.C. (2017年4月13日). “"The Handmaiden": a new masterpiece from Park Chan-wook”. The Economist. http://www.economist.com/blogs/prospero/2017/04/korean-film 2017年4月17日閲覧。 
  48. ^ Merin, Jennifer (2016年12月16日). “2016 AWFJ EDA Award Nominees”. Alliance of Women Film Journalists. http://awfj.org/eda-awards-2/2016-awfj-eda-award-nominees/ 2016年12月17日閲覧。 
  49. ^ McCue, Michelle (2016年12月16日). “'Arrival', 'La La Land', 'Hell or High Water' Among The Nominees for the 2016 AWFJ EDA Awards”. WeAreMovieGeeks.com. http://www.wearemoviegeeks.com/2016/12/arrival-la-la-land-hell-high-water-among-nominees-2016-awfj-eda-awards/ 2016年12月17日閲覧。 
  50. ^ Anderson, Erik (2016年12月15日). “Austin Film Critics Association (AFCA) Nominations: The Handmaiden Lands Top Mentions, Trevante Rhodes Double Nominated”. AwardsWatch.com. 2016年12月15日閲覧。
  51. ^ Miller, Neil (2016年12月15日). “2016 Austin Film Critics Awards Nominees, 'Moonlight' and 'Arrival' lead the way in AFCA's 2016 nominations”. Medium.com. 2016年12月15日閲覧。
  52. ^ Shanley, Patrick (2016年12月11日). “'La La Land' Named Best Picture by Boston Society of Film Critics”. The Hollywood Reporter. 2016年12月11日閲覧。
  53. ^ The 2016 Chicago Film Critics Association Award Nominees”. Chicago Film Critics Association (2016年12月11日). 2016年12月12日閲覧。
  54. ^ La La Land Leads with 12 Nominations for the 22nd Annual Critics' Choice Awards”. Critics' Choice (2016年12月1日). 2016年12月1日閲覧。
  55. ^ DFW Film Critics Name 'Moonlight' Best Film of 2016”. Dallas–Fort Worth Film Critics Association (2016年12月13日). 2016年12月13日閲覧。
  56. ^ ‘MOONLIGHT’ LEADS 2016 FLORIDA FILM CRITICS AWARDS NOMINATIONS”. Florida Film Critics Circle (2016年12月21日). 2016年12月21日閲覧。
  57. ^ Greene, Steve (2016年12月19日). “2016 IndieWire Critics Poll: Full List of Results”. IndieWire. 2016年12月27日閲覧。
  58. ^ 42nd Annual Los Angeles Film Critics Association Awards 2016 Winners”. Los Angeles Film Critics Association (2016年12月4日). 2016年12月5日閲覧。
  59. ^ 'Moonlight' Named Best Picture by New York Film Critics Online Association”. The Hollywood Reporter (2016年12月11日). 2016年12月11日閲覧。
  60. ^ 2016 San Diego Film Critics Society’s Award Nominations” (2016年12月9日). 2016年12月9日閲覧。
  61. ^ San Diego Film Critics Society’s 2016 Award Winners” (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  62. ^ Flores, Marshall (2016年12月9日). “San Francisco Film Critics Circle Nominations!”. AwardsDaily.com. 2016年12月10日閲覧。
  63. ^ Nordyke, Kimberly (2016年12月12日). “'Moonlight' Named Best Picture by San Francisco Film Critics Circle”. The Hollywood Reporter. 2016年12月12日閲覧。
  64. ^ 2016 StLFCA Annual Award Nominations”. St. Louis Gateway Film Critics Association (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  65. ^ Vlessing, Etan (2016年12月12日). “'Moonlight' Named Best Film by Toronto Film Critics”. The Hollywood Reporter. 2016年12月12日閲覧。
  66. ^ 2017 Nominees Announced, 'Manchester by the Sea' Leads Vancouver Film Critics Circle Iinternational Nominations List with Six Nods”. Vancouver Film Critics Circle (2016年12月16日). 2016年12月16日閲覧。
  67. ^ The 2016 WAFCA Awards Nominations” (2016年12月3日). 2016年12月4日閲覧。
  68. ^ Women Film Critics Circle Nominations: "Hidden Figures," "13th," & More”. Women And Hollywood (2016年12月19日). 2016年12月15日閲覧。
  69. ^ ‘Handmaiden,’ ‘Bovary,’ ‘Train’ Lead Asian Film Awards Nominations”. Variety (2017年1月11日). 2017年1月11日閲覧。
  70. ^ Asian Film Awards: South Korea's 'The Handmaiden' Leads With 6 Nominations”. The Hollywood Reporter (2017年1月11日). 2017年1月11日閲覧。
  71. ^ Tangcay, Jazz (2017年1月9日). “Denver Film Critics Society Announce Nominations”. AwardsDaily.com. 2017年1月11日閲覧。
  72. ^ Kilday, Gregg (2017年1月12日). “'Moonlight' Leads Gay and Lesbian Entertainment Critics' Dorian Award Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年1月16日閲覧。
  73. ^ Houston Film Critics Nominations for 2016 Films”. MovieAwardsPlus.com (2016年12月13日). 2016年12月15日閲覧。
  74. ^ Houston Film Critics Society Nominations – ‘The Nice Guys’ and Rebecca Hall Get a Deserved Boost”. AwardsCircuit.com (2016年12月13日). 2016年12月15日閲覧。
  75. ^ National Board of Review Announces 2016 Award Winners”. National Board of Review (2016年11月29日). 2016年11月29日閲覧。
  76. ^ Awards for 2016”. National Society of Film Critics (2017年1月7日). 2017年1月7日閲覧。
  77. ^ 20th Annual Online Film Critics Society Awards Nominations”. Online Film Critics Society (2016年12月27日). 2016年12月27日閲覧。
  78. ^ Kilday, Gregg (2016年11月29日). “Satellite Awards Nominees Revealed”. The Hollywood Reporter. 2016年11月29日閲覧。
  79. ^ 공유·박보검·남궁민·한석규…백상예술대상 男TV연기상 4파전”. Star.mk.co (2017年4月7日). 2018年2月16日閲覧。
  80. ^ a b c “パク・チャヌクのR18作品「お嬢さん」ソフト化、未公開シーン24分追加した特別版も”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年7月4日). https://natalie.mu/eiga/news/239410 2017年7月4日閲覧。 
  81. ^ 아가씨 가까이 - The Handmaiden Photo Book”. KYOBO 교보문고. 2019年9月11日閲覧。
  82. ^ 아가씨 각본”. KYOBO 교보문고. 2019年9月11日閲覧。
  83. ^ 아가씨 아카입 - The Handmaiden Archive Book”. KYOBO 교보문고. 2019年9月11日閲覧。

外部リンク編集