メインメニューを開く

お昼のゴールデンショー

お昼のゴールデンショー』(おひるのゴールデンショー)は、1968年4月1日から1971年9月30日までフジテレビ系列局で放送されていたフジテレビ製作のバラエティ番組である。放送時間は毎週月 - 金曜 12:00 - 12:45 (日本標準時)。

お昼のゴールデンショー
ジャンル バラエティ番組
出演者 前田武彦
コント55号
森光子
土居まさる
ケーシー高峰
今仁哲夫
てんぷくトリオ
ほか
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1968年4月1日 - 1971年9月30日
放送時間 月 - 金曜 12:00 - 12:45
放送分 45分
テンプレートを表示

概要編集

当時有楽町1丁目にあった東京ヴィデオ・ホールからの生放送を毎日行っていた。「マエタケ」こと前田武彦が司会を、コント55号萩本欽一坂上二郎がレギュラーを務めていた。ゲストには五代目三遊亭圓楽青空はるおあきお初代林家三平かしまし娘夢路いとし喜味こいし横山やすし・西川きよし牧伸二立川談志Wけんじ獅子てんや・瀬戸わんやコロムビア・トップ・ライトなどのお笑い芸人と、中尾ミエ坂本九水原弘ザ・タイガース畠山みどり内山田洋とクールファイブなどの歌手を迎え、彼らとともにコントやゲームを繰り広げていた。

この番組でコント55号が披露したコントから、「忘れもしない13年前!」などの数々の流行語が誕生した。また、当時テレビでは批判的論調が強かった反戦フォークの特集を組んだりと、時に前衛的な内容を取り上げることもあった。

その後、マエタケとコント55号が週に何本ものレギュラーを抱えるようになり、毎日生で放送されるこの番組に出演するのが難しくなったことから、1969年春の改編を機に宍戸錠森光子中村メイコ、そしてコント55号の後輩にあたるコント0番地を新メンバーに迎えた。同時に曜日別司会制へ移行し、マエタケとコント55号が出演しない曜日には企画重視の構成を採るなどのテコ入れを図った。例えば水曜には、中村メイコたちがあらかじめ用意された質問に沿ってゲストの過去の秘密を暴いていく「スターの秘密」のコーナーを中心に進めていたが、この曜日別司会制は1年と持たずに終了し、マエタケも1969年夏にスケジュールの都合を理由に司会を降板した。

1970年1月からは、文化放送を退社したばかりの土居まさるを新司会に起用。コント55号を曜日別のレギュラー扱いとし、上方漫才のかしまし娘や医者漫談で人気を博したケーシー高峰らを新レギュラーに迎えた。

その後も出演メンバーの入れ替えは進み、同年秋には高峰をメイン司会に昇格。そして高峰のアシスタントとして、当時ニッポン放送のアナウンサーだった今仁哲夫を同局からの出向という形で起用した。

さらに、1971年春からは古今亭志ん朝も司会に加えて高峰・志ん朝の二枚看板とし、てんぷくトリオ京唄子鳳啓助などのお笑い芸人たちによる芸やギャグを中心とする演芸色の強い構成を採るようになった。

出演者編集

担当 出演者(1968年度)
司会 前田武彦
レギュラー 月曜 コント55号
火曜 コント55号、中村メイコ
水曜 コント55号
木曜 コント55号
金曜 コント55号、大喜利ゲームメンバー(春風亭柳昇月の家圓鏡柳家小きん三遊亭小圓馬桂伸治 ほか)
担当 出演者(1969年度前半)
司会 月曜 前田武彦( - 1969年6月)、倍賞美津子(1969年7月 - )
火曜 前田武彦( - 1969年6月)、宍戸錠(1969年7月 - 12月)、藤間紫(1969年7月 - )
水曜 前田武彦( - 1969年6月)、宍戸錠(1969年7月 - 12月)、中村メイコ(1969年7月 - )
木曜 前田武彦( - 1969年6月)、森光子
金曜 前田武彦( - 1969年6月)、扇千景(1969年7月 - )
レギュラー 月曜 コント55号( - 1969年8月)
火曜 コント55号( - 1969年6月・9月)、中村メイコ( - 1969年6月)
水曜 コント55号
木曜 コント55号( - 1969年6月・9月)
金曜 コント55号、大喜利ゲームメンバー
担当 出演者(1969年度後半)
司会 月曜 倍賞美津子( - 1969年12月)、土居まさる(1970年1月 - )
火曜 宍戸錠( - 1969年12月)、藤間紫( - 1969年12月)、土居まさる(1970年1月 - )
水曜 宍戸錠( - 1969年12月)、中村メイコ( - 1969年12月)、土居まさる(1970年1月 - )
木曜 森光子( - 1969年12月)、土居まさる(1970年1月 - )
金曜 扇千景( - 1969年12月)、土居まさる(1970年1月 - )
レギュラー 月曜 立川談志(1969年11月 - 12月)、コント0番地(1969年12月)、月の家圓鏡(1970年1月 - )
火曜 コント0番地(1969年10月 - 11月)、てんぷくトリオ(1969年11月 - )
水曜 コント55号
木曜 コント0番地(1969年10月 - 11月)、かしまし娘(1970年1月 - )
金曜 大喜利ゲーム → お笑い中継車メンバー( - 12月[いつ?])、コント0番地(1969年10月 - 12月)、都家かつ江(1969年11月)、獅子てんや・瀬戸わんや(1970年1月)、トリオ・ザ・スカイライン(1970年2月 - )、Wけんじ(1970年3月)
担当 出演者(1970年度前半)
司会 土居まさる
レギュラー 月曜 月の家圓鏡( - 1970年9月)、京唄子鳳啓助三遊亭圓楽(1970年7月 - 9月)
火曜 てんぷくトリオ、三遊亭圓楽(1970年7月 - 9月)
水曜 コント55号、ケーシー高峰(1970年7月 - 9月)
木曜 山崎唯(1970年4月)、久里千春(1970年4月)、かしまし娘(1970年5月 - )、ケーシー高峰(1970年7月 - 9月)
金曜 獅子てんや・瀬戸わんや(1970年6月 - 9月)、トリオ・ザ・スカイライン( - 1970年6月)、Wけんじ(1970年4月)、ドンキーカルテット(1970年5月)、ケーシー高峰(1970年7月 - 9月)
担当 出演者(1970年度後半)
司会 今仁哲夫、ケーシー高峰
レギュラー 月曜 京唄子・鳳啓助、東八郎
火曜 てんぷくトリオ
水曜 中村メイコ、高松しげお和田浩治早瀬久美
木曜 かしまし娘( - 1971年1月)、なべおさみ(1971年2月 - 3月)
金曜 ギャグメッセンジャーズ
担当 出演者(1971年度前半)
司会 今仁哲夫(1971年4月)、ケーシー高峰、古今亭志ん朝(1971年5月 - )
レギュラー 月曜 東八郎(1971年4月)、東京ぼん太(1971年4月)
火曜 てんぷくトリオ(1971年4月)、高松しげお(1971年5月 - )
水曜 中村メイコ(1971年4月)、高松しげお(1971年4月)、和田浩治(1971年4月)、早瀬久美(1971年4月)
木曜 かしまし娘(1971年4月)、神津善行(1971年5月 - )
金曜 毒蝮三太夫(1971年4月)

放送リスト編集

[1][2][3]

スタッフ編集

ネット局編集

系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 製作局
宮城県 仙台放送 1970年10月から放送。
秋田県 秋田テレビ 1969年10月の開局時から放送。
山形県 山形テレビ 1970年4月の開局時から放送。
長野県 長野放送 サービス放送開始日の1968年12月20日から放送。
静岡県 テレビ静岡 1968年11月の開局時から放送。
富山県 富山テレビ 1969年4月の開局時から放送。
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ 1969年10月の開局時から放送。
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
岡山県 テレビ岡山 フジテレビ系列
NET系列
現・岡山放送
1970年4月から放送。1971年3月に打ち切り[7]
当時の放送エリアは岡山県のみ。
島根県 テレビしまね フジテレビ系列 現・山陰中央テレビ
1970年4月の開局時から放送。
当時の放送エリアは島根県のみ。
愛媛県 愛媛放送 1969年12月の開局時から放送。
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ 1969年4月の開局時から放送。
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
日本テレビ系列
NET系列
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列[8] 1970年4月の開局時から放送。
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
NET系列
1969年4月の開局時から放送。
琉球政府 沖縄テレビ フジテレビ系列 1968年12月から放送。
当時はアメリカ合衆国の施政下

映像について編集

生放送の番組で、なおかつ当時は放送用のテープが高価だったためか、この番組のVTRはほとんど残っていない(静止画や録音テープについてはある程度残されている)。1988年3月31日にフジテレビ系列で放送された回顧特番『フジテレビ30年史』のコーナー「大そうじで出てきた番組たち」では、前田とコント55号時代のキネコ版を放送したが、画面はかなり傷んでおり、断りのテロップを添えた上での放送となった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 毎日新聞・朝日新聞・読売新聞縮刷版 1968年4月号 - 1971年9月号
  2. ^ [1](2018年11月21日閲覧)
  3. ^ [2](2018年11月21日閲覧)
  4. ^ 新春特番として放送。
  5. ^ 新春特番として放送、カラー放送。
  6. ^ 選挙特番として放送、カラー放送。
  7. ^ 打ち切り後、『アフタヌーンショー』(NETテレビ)の同時ネットに切り替えた。
  8. ^ ただし、当時はまだFNNとFNSへの正式加盟をしていなかった(FNSには1972年4月に、FNNには1973年1月に正式加盟)。また、NNNにもANNにも加盟していなかった(ANNには1976年4月に、NNNには1979年4月に加盟)。

関連項目編集

フジテレビ系列 月曜12:00枠
前番組 番組名 次番組
いじわる問答 「男と女」
(1968年1月8日 - 1968年3月25日)
※12:00 - 12:15
お笑いフルコース
※12:15 - 12:45
お昼のゴールデンショー
(1968年4月1日 - 1971年9月27日)
ハイヌーンショー
(1971年10月4日 - 1975年3月31日)
フジテレビ系列 火曜12:00枠
いじわる問答 「男と女」
(1968年1月9日 - 1968年3月26日)
※12:00 - 12:15
しろうと寄席
(1967年4月4日 - 1968年3月26日)
※12:15 - 12:45
お昼のゴールデンショー
(1968年4月2日 - 1971年9月28日)
ハイヌーンショー
(1971年10月5日 - 1975年3月25日)
フジテレビ系列 水曜12:00枠
いじわる問答 「男と女」
(1968年1月10日 - 1968年3月27日)
※12:00 - 12:15
歌の饗宴
(1960年12月7日 - 1968年3月27日)
※12:15 - 12:45
お昼のゴールデンショー
(1968年4月3日 - 1971年9月29日)
ハイヌーンショー
(1971年10月6日 - 1975年3月26日)
フジテレビ系列 木曜12:00枠
いじわる問答 「男と女」
(1968年1月11日 - 1968年3月28日)
※12:00 - 12:15
コロムビアグランドショー
(1967年4月6日 - 1968年3月28日)
※12:15 - 12:45
お昼のゴールデンショー
(1968年4月4日 - 1971年9月30日)
ハイヌーンショー
(1971年10月7日 - 1975年3月27日)
フジテレビ系列 金曜12:00枠
いじわる問答 「男と女」
(1968年1月5日 - 1968年3月29日)
※12:00 - 12:15
お笑いヤマト魂
(1968年1月5日 - 1968年3月29日)
※12:15 - 12:45
お昼のゴールデンショー
(1968年4月5日 - 1971年9月24日)
ハイヌーンショー
(1971年10月1日 - 1975年3月28日)