メインメニューを開く

お笑い番組

放送番組のジャンルのひとつ

お笑い番組(おわらいばんぐみ)は、テレビ番組ラジオ番組におけるバラエティ番組の一種である。『爆笑番組』、『演芸番組』、『コメディ番組』とも言う。

参考:『日本バラエティ番組60年史』

https://www.youtube.com/watch?v=xiP4-ZSWpls&t=

概要編集

主にお笑い番組は、演芸コント漫才ものまねいたずらどっきりをメインにしたバラエティ番組である。最近では、レギュラーに選抜されメインキャスト(MC)を一組のお笑いコンビにスポットを置き、新人の若手芸人によるチームワークを大切にした冠番組も多数存在。

歴史編集

1960年代から1980年代までのお笑い番組のフォーマットといえば基本的に「コント番組」が主流であり、1980年代頃までは各局の看板番組や人気お笑い番組はコント番組が多く、芸人がブレイクするきっかけの番組も大半がコント番組であった。

1990年代に入ると、ドキュメントバラエティと呼ばれる「電波少年」がヒットし、その後も各局で「めちゃ2イケてるッ!」「ウリナリ」や「生ダラ」「ぷらちなロンドンブーツ」といった企画物のロケが中心の番組と人気が入れ替わる形でコント番組は各局で減少していった。

一方で、1998年から始まった「笑う犬」シリーズが人気になると、コント番組あるいはコントコーナーが存在するお笑い番組が一時的に復活した時期もあった。とくに2005年には、お笑いブームの影響もあり「ワンナイR&R」「リチャードホール」「はねるのトびら」「10カラット」「ミンナのテレビ」「歌笑HOTヒット10」と各局でコント番組が放送されていた。しかしその後、ゴールデンタイム進出を果たした「はねるのトびら」は2006年頃からコントが激減し、同年に「ワンナイ」は打ち切られ再びコント番組が激減することとなった。

2000年代に入ると、1990年代から続く「踊る!さんま御殿!!」「ダウンタウンDX」や「行列のできる法律相談所」「アメトーク」「すべらない話」「しゃべくり007」といったトーク番組がお笑い番組の主流となっており、2009年には「雛壇芸人」が流行語大賞にノミネートされている。現在でもその流れは続いており、「バカ殿」「志村けんのだいじょうぶだぁ」などの特番を除けば、コント番組のレギュラー放送は民放からは事実上消滅している。

お笑い番組一覧編集

NHK編集

日本放送協会

NNS編集

日本テレビネットワーク協議会

ほか

JNN編集

Japan News Network

ほか

FNS編集

フジネットワーク

ほか

ANN編集

All-nippon News Network

ほか

TXN編集

TXN

ほか

YOU13編集

独立U局

ほか