お笑い第三世代(おわらいだいさんせだい)は、漫才ブーム以降の1980年後期から1990年初頭、テレビの深夜番組など[1]を発端としたブームから台頭した若手お笑いタレントを総称した俗称。

概要編集

とんねるずが圧倒的な存在として君臨し、年齢もブレイク期も異なるが、近い年代として、ダウンタウン[2]ウッチャンナンチャンB21スペシャルがいる。フジテレビなどのマスコミが彼らを主とする年代のお笑いタレントを「お笑い第三世代」と呼んだ。

この名称については、小劇場演劇における主に1980年代に登場した世代を第三世代 (演劇)と呼んだ名称に由来するという[3]

マスコミや雑誌が彼らを「お笑い第三世代」と呼んだことで、漫才ブームやひょうきん族で活躍したビートたけし、紳助・竜介、明石家さんまらが「第二世代」となり、第二世代の上の世代が「第一世代」と位置づけられた[4]。俗にオーディション、養成所などから巣立ち、「徒弟制度から逸脱した芸人が台頭した世代」と定義されるが、それ以前の世代にもタモリなど特定の師匠を持たない者もいる[4]

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【ミドルエッジ】お笑い第一世代から第七世代までをまとめてみます。2021年4月20日閲覧
  2. ^ 『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p53
  3. ^ 戸部田 誠(てれびのスキマ) 『1989年のテレビっ子』(双葉社、2016年)
  4. ^ a b 高田文夫、松岡昇、和田尚久『ギャグ語辞典』(2021年、誠文堂新光社)26-29頁