メインメニューを開く

お笑いDynamite!

お笑いDynamite!』(おわらいダイナマイト)とは2007年から2011年まで年末にTBS系列で放送されていたバラエティ番組である。

お笑いDynamite!
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 内村光良ウッチャンナンチャン
くりぃむしちゅー
上田晋也有田哲平
ほか
第1回
放送時間 18:30 - 20:54
放送期間 2007年12月2829日(2回)
プロデューサー 中川通成
第2回
放送時間 19:00 - 20:54(28日)
18:30 - 20:54(29日)
放送期間 2008年12月28日29日(2回)
プロデューサー 中川通成
石橋孝之
第3回
放送時間 19:00 - 20:54
放送期間 2009年5月3日(1回)
第4回
放送時間 18:30 - 23:14
放送期間 2009年12月29日(1回)
第5回
放送時間 18:00 - 20:54
放送期間 2011年1月3日(1回)
第6回
放送時間 17:30 - 21:54
放送期間 2011年12月29日(1回)

特記事項:
ナレーション:木村匡也
テンプレートを表示

目次

放送日編集

回数 放送日 放送時間(JST 視聴率
第1回 2007年12月28日金曜日 18:30 - 20:54
2007年12月29日土曜日
第2回 2008年12月28日(日曜日 19:00 - 20:54
2008年12月29日(月曜日 18:30 - 20:54
第3回 2009年5月3日(日曜日) 19:00 - 20:54
第4回 2009年12月29日(火曜日 18:30 - 23:14
第5回 2011年1月3日(月曜日) 18:00 - 20:54
第6回 2011年12月29日(木曜日 17:30 - 21:54

概要編集

年末に放送される時は、除夜の鐘と同じ数である総勢108組の芸人が出演する。そして、第3回目は『こどもの日直前SP』として、初めて年末以外の放送となった。司会者は年末版の内村光良くりぃむしちゅーでは無く、内村の相方の南原清隆とTBSの女子アナが務めた。

番組タイトルについてはかつてTBSで大晦日に放送していた格闘技中継番組『K-1 PREMIUM Dynamite!!』に倣ったものである。

2011年を最後に放送されていなかったが、フォーマットをそのままに2015年12月22日にMCをさまぁ~ずに変更した『聖夜のネタ祭!お笑いクリスマスショー!!」』が放送された。

第1回(2007年)編集

  • フジテレビ系で放送されている『爆笑レッドカーペット』からうまれたショートネタスタイルを最初に取り入れた番組。この為かレッドカーペットで披露した同じネタをする芸人がいた。
  • 芸人は若手からベテランと幅広い。
  • ネタ披露の流れ
    • スタジオ中央の巨大な除夜の鐘から芸人が登場し、1分半程度のネタを披露する。
    • 披露し終わったら除夜の鐘が降りてくる。
    • この後司会の3名が芸人についてのちょっとした情報などのコメントをする場合もある。
  • 審査員は途中で机にあるボタンを押せば自由に入退場することができる。ちなみに2夜ずっとスタジオにいた審査員は小倉優子のみ。
  • 紅白にわかれて行う。1日目に評価の低かったチームのキャプテンは罰として2日目は裏番組で放送されていたフィギュアスケートで浅田真央が着るであろう衣装を着て番組進行を行った。
  • 芸人紹介のときに文字と音声のキャッチコピーが異なっている芸人がいた。

第2回(2008年)編集

  • 前回のエンディングで「来年(2008年)もやろう」と発言したが番組が好評を博したためその通り、2008年も同じく12月28・29日の2夜連続で放送された。ただし28日は18:30からの番組(『夢の扉』)を提供しているスポンサー(NTT docomo)の関係上、19:00からの放送となった。
  • 2008年も1日目の中間発表で成績が悪かったチームのキャプテンは罰として2日目は裏番組で放送されていた『暴れん坊将軍』(テレビ朝日)の衣装を着て番組進行を行った。
  • 2008年は『爆笑レッドカーペット』『ザ・イロモネア』がレギュラー化したということもあり、出演芸人の殆どが両番組の出演経験がある。また、2007年同様『エンタの神様』『あらびき団』などの各局のネタ番組の出演経験がある芸人が多数出演していた。
  • 当初、1日目出演予定にあった芸人が何組か2日目に出演したり、2日目出演予定者が1日目に出演するなど変更があった。なお、2夜連続で出演した審査員は榊原郁恵のみ(ただし、1日目の後半より参加し、2日目の前半で退場した)。
  • 昨年と同じく、今年も芸人のキャッチコピーとナレーションが異なっている芸人がいた。また、前年に引き続いて出演した芸人の中には、前年とキャッチコピーが同じ場合も有った。

第3回(2009年5月3日)編集

  • この回は、披露し終わったら降りてくるものが釣鐘からに変わり、また観覧客の中に子供を入れていた。
  • 出演芸人は50組。この回は紅組、白組といったチーム分けは無かった。
  • 観客の投票によって、50組の中からMVPが選ばれていた。


第4回(2009年12月29日)編集

第5回(2011年1月3日)編集

  • 2010年は未放送となり番組初となる年始の放送が発表された。司会はこれまでと同じく内村とくりぃむしちゅーが行った。

第6回(2011年12月29日)編集

  • 紅白対抗という形にはなっていたが、番組最後の審査員の判定まで、紅組・白組をほとんど意識しない状態で番組が進行した。また、審査員が前半と後半でガラッと入れ替わったため、後半の審査員は前半に出演した芸人の芸は見ていない状態だった。紅組4票、白組1票で紅組が勝利したが、勝者への賞品、敗者への罰ゲームなどは特になかった。
  • 紅組、白組の他に、対抗戦の合間にキャイーン ウド鈴木が進行役を務める「来年ブレイク確実芸人」特集と「天野君に出会ってなかったら組みたかった芸人」特集、そして芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんの「マル・マル・モリ・モリ」、AKB48の「ヘビーローテーション」のモノマネメドレーがあった。出演者は紅組・白組各29組のほか、ウド鈴木枠として18組、モノマネで12組、の合計88組。出演者数は145人と表記されていたが、実際には中川家 剛が病気のため出演せず、延べ人数としては144人だった。(モノマネにも出演したエハラマサヒロ、友近、ダイノジ 大地はダブルでカウントされている)

出演者編集

司会編集

第3回以外

総合司会

紅組キャプテン

白組キャプテン

この3人は全員熊本県出身。

第3回

審査員編集

  • 第5回(2011年1月3日。50音順)
  • 第6回(2011年12月29日。50音順)

・前半

   ・後半

出演芸人編集

第1回(2007年)編集

出演芸人は『あらびき団』や『爆笑レッドカーペット』、『エンタの神様』などの各局のネタ番組に出演している芸人も多い。出演順は両日とも紅組→白組→紅組…の順で出演。キャッチコピーは字幕とナレーションが異なる場合があった。

1日目編集

紅組
白組

2日目編集

紅組
白組

第2回(2008年)編集

1日目は前年とは逆に、白組→紅組→白組…の順で出演、2日目は紅組からスタート。ただ、両日で放送時間の長さに違いがあったため、1日目が47組、2日目が61組と出演芸人の数が異なっていた。太字は、前年とほぼ同じキャッチコピー。

1日目編集

紅組
白組
  • 「お笑い24どきどきキャンプ
  • 「おさわがせ大捜査線」山本高広
  • 「年の瀬も吟じます!」天津 木村
  • 「住所不定の賑やか族」我が家
  • 「小道具の王様」くまだまさし
  • 「ぽっちゃりキューティーハニー」柳原可奈子
  • 「メタボリック笑候群」芋洗坂係長
  • 「岡山出身ヤンチャ漫才」千鳥
  • 「お笑いスナイパー」TIM
  • 「プロレスものまねの雄」神奈月
  • 「気になるとこはどこですか?」ダブルブッキング
  • 「どうでショウ 哀川翔花香芳秋
  • 「ウンチョコお兄さん!」GO!皆川
  • 「弾ける桜坂」みっちー
  • 「笑いの宝石箱や~」てっちゃん(ふくろとじ)
  • 「参上!ホワイト赤マン」5GAP
  • 「琉球からやってきた!」キャン×キャン
  • 「壊れかけのお嬢様」メグちゃん
  • 「元祖キモカワ芸人」アンガールズ
  • 「吉本の秘密兵器」矢野・兵動
  • 「お笑いギリシャ神話」チョコレートプラネット
  • 「実力派漫才コンビの新境地」フットボールアワー
  • 「ゲッツだぜ!」ダンディ坂野
  • 「新東京ラブストーリー」フォーリンラブ

2日目編集

紅組
白組
  • 「やるっきゃナイツ!」永井佑一郎
  • 「ボリューム満点OL」
  • 「惚れすぎ注意!」Wエンジン
  • 「世の中嫌なことばっかり」風藤松原
  • 「喜んだり、怒ったり」ダブルダッチ
  • 「顔面インパクト」ザ・ゴールデンゴールデン
  • 「トゥーなラッパー」上原チョー
  • 「お馬鹿に1人コント」バカリズム
  • 宇多田からの七変化」ミラクルひかる
  • 「ていうかチャラ男です!」
  • 「イマジネーションハリウッドショー」永野
  • 「サラリーマンコント一筋」イワイガワ
  • 「口撃型応援団」オオカミ少年
  • 「四角い顔の人気者」ザブングル
  • 「中年若手芸人」ますだおかだ
  • 「3・2・1 ドカーン」ハマカーン
  • 「すしと書いて」寿司(ことぶきつかさ)
  • 「吠えろ!怒りの連射砲」マシンガンズ
  • 「年中無休の真夏スタイル」タイムマシーン3号
  • 「アジアの超特急2008」X-GUN
  • 「ごはんですよ!!」三拍子
  • 「アットホームコメディ」COWCOW
  • 「おデブなウエスタン」ふとっちょ☆カウボーイ
  • 「超気持ちいぃ〜ズレ漫才」オードリー
  • 「おかしなウーイェイ芸人」スマイル
  • 「マジ忍びねぇ漫才」トータルテンボス
  • 「くっついて笑って」磁石
  • 「妄想エンジェル」鳥居みゆき
  • 「お笑い認定書習得中」ライセンス
  • 「場末のビヨンセ」渡辺直美

こどもの日直前SP(第3回、2009年5月3日)編集

出演順(下の表では、左から右へ)。チーム分けは無かった。

第4回(2009年12月29日)編集

第5回(2011年1月3日)編集

白組
  • 世界のナベアツ
  • ザ・たっち
  • 狩野英孝
  • サンドウィッチマン
  • インパルス
  • ザブングル
  • もう中学生
  • スマイル
  • 椿鬼奴
  • COWCOW
  • 庄司智春
  • つぶやきシロー
  • ナイツ
  • Wコロン
  • サバンナ
  • ロッチ
  • パンクブーブー
  • キングオブコメディ
  • エレキコミック
  • 渡辺直美
  • バナナマン
  • 麒麟
  • たむらけんじ
  • 野性爆弾
紅組
  • ハライチ
  • アンガールズ
  • フルーツポンチ
  • 小島よしお
  • 楽しんご
  • U字工事
  • 山本高広
  • カナリア
  • ずん
  • 鳥居みゆき
  • ザ・ギース
  • おかもとまり
  • ハリセンボン
  • いっこく堂
  • あべこうじ
  • オードリー
  • 柳原可奈子
  • TKO
  • モンスターエンジン
  • 笑い飯
  • 我が家
  • エハラマサヒロ
  • ダイノジ
  • 友近
  • 中川家

第6回(2011年12月29日)編集

白組
  • ハライチ
  • キングオブコメディ
  • トップリード
  • エハラマサヒロ
  • U字工事
  • エレキコミック
  • ザ・たっち
  • とろサーモン
  • くまだまさし
  • フルーツポンチ
  • コージー冨田
  • ナイツ
  • 鳥居みゆき
  • 原口あきまさ
  • ザブングル
  • たんぽぽ
  • たむらけんじ
  • TKO
  • ロッチ
  • アンガールズ
  • はんにゃ
  • 友近
  • 笑い飯
  • トータルテンボス
  • COWCOW
  • 狩野英孝
  • ライセンス
  • 佐久間一行
  • ジャルジャル
  • AMEMIYA
紅組
  • ダイノジ
  • ダブルネーム
  • 花香芳秋
  • テンダラー
  • ホリ
  • テツandトモ
  • あべこうじ
  • 麒麟
  • ジャングルポケット
  • 柳原可奈子
  • サンドウィッチマン
  • 小島よしお
  • ダンディ坂野
  • パンクブーブー
  • 清水アキラ
  • 安田大サーカス
  • 神無月
  • 楽しんご
  • 囲碁将棋
  • NON STYLE
  • スリムクラブ
  • レイザーラモン
  • が~まるちょば
  • 鬼ヶ島
  • ハマカーン
  • 布施辰則
  • ザ☆健康ボーイズ(サバンナ八木&なかやまきんに君)
  • 学天即
  • 中川家・礼二
ウド鈴木枠
  • ツィンテル
  • スパイク
  • イワイガワ
  • 阿佐ヶ谷姉妹
  • ニッチェ
  • パンサー
  • 流れ星
  • 背中バキボキズ
  • X-GUN
  • デンジャラス
  • ずん
  • ヒロシ
  • BOOMER
  • つぶやきシロー
  • 髭男爵
  • エスパー伊東
モノマネ
  • 少林幸子(小林幸子)
  • エハラマサヒロ(矢野顕子)
  • 工藤愛果(中島美嘉)
  • ムーチョ前田(竹内力)
  • ガリベンズ矢野(上田晋也)
  • 北条ふとし(マツコ・デラックス)
  • ダイノジ大地(近藤真彦)
  • Dee(マドンナ)
  • ペレ草田(布袋寅泰)
  • 古賀シュウ(武田鉄矢)
  • ハンマミーヤ一木&暗黒天使(Little Kiss)
  • ラジバンダリ西井(岩尾望)
  • ふじきイェイ!イェイ!(浜田雅功)
  • 友近(中森明菜)

スタッフ編集

2011年1月3日放送分
  • 構成:松井洋介渡辺真也、藤井靖大、鈴木功治
  • TM:金澤健一
  • TD:寺尾昭彦
  • CAM:小笠原朋樹
  • VE:瀬戸博之
  • 照明:高橋章
  • 音声:平井郁雄
  • VTR:笠原宗一郎
  • PA:葉桐慶次
  • 特機:SJP
  • ENG CAM:谷口敦俊
  • ENG VE:吉原大樹
  • 美術プロデューサー:東立(アズマリツ)
  • 美術デザイン:鈴木直人
  • 美術制作:澁谷政史
  • 装置:相良ひさお
  • 大道具操作:小杉正裕
  • アクリル装飾:上野信也
  • 特殊装置:佐藤政仁、朝熊智浩
  • 電飾:真鍋明
  • 装飾:篠原直樹
  • 生花装飾:落合生嗣
  • 衣裳:渥美智恵
  • 持道具:貞中照美
  • ヘアメイク:大の木ひで(HiDDen)
  • 音響効果:石川良則(SPOT
  • CGデザイナー:小城功夫(glow
  • TK:伊藤佳加
  • 編集:あべよしぞう
  • MA:新田領
  • 編成:坂田栄治
  • 宣伝:井田香帆里
  • 公開放送:廣中信行、松元裕二
  • デスク:大澤麻子、若菜絵美
  • AD:田崎貴裕、鈴木真仁、西浦宏樹、本山麻美、齋藤実、秋元雄太
  • ディレクター:水口健司、高橋誠哉、安井章浩、柳信也、坂口秀作、金澤忠延、大野寿之、大橋豪、今村光宏、師岡靖成、宮田智久、上田淳也
  • 演出:高橋智大、木戸隆文、高木剛
  • プロデューサー:中川通成古谷英一、石橋孝之
  • チーフプロデューサー:荒井昌也(第1回)、安田淳(第2回〜)
  • 技術協力:オムニバス・ジャパンサウンド ユニバース
  • 企画協力:マセキ芸能社ナチュラルエイト
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ編集

  • ディレクター:西本誠、西崎修一、田口健介、酒井甚哉、有田武史、千葉博史、新保勝久、中島彰人
  • AP:福田日登美、橋本美和
  • 構成:井上ゆうき
  • VE:島貫洋
  • 照明:松田栄二
  • 音声:高岡崇靖
  • PA:井上忠紀
  • 美術プロデューサー:相野道生
  • アクリル装飾:近藤樹也
  • 電飾:桑原秀幸
  • メカシステム:庄子泰広
  • 装飾:安藤豪
  • スタイリスト:中谷東一
  • 音響効果:中島梓・上口昭雄(SPOT)
  • 編集:市川俊之
  • MA:的池将
  • 宣伝:小林久幸
  • デスク:椿美希子

外部リンク編集