メインメニューを開く

かがゆき型巡視艇(かがゆきがたじゅんしてい、英語: Kagayuki-class patrol craft)は、海上保安庁巡視艇の船級。区分上はPC型、公称船型は30メートル型[2]

かがゆき型巡視艇
Wakazuki.jpg
基本情報
艦種 30メートル型PC
就役期間 1999年 - 現在
前級 あそぎり型
次級
要目
総トン数 100トン
全長 32.0メートル (105.0 ft)
最大幅 6.5メートル (21 ft)
深さ 3.3メートル (11 ft)
主機 MTU 16V4000 M70
ディーゼルエンジン×2基
推進器 ウォータージェット推進器×2軸
出力 5,200馬力
速力 36ノット以上[1]
乗員 10名
兵装 12.7mm単装機銃×1基 (初期建造艇)
12.7mm多銃身機銃×1基 (後期建造艇)
搭載艇 4メートル型複合艇
FCS RFS射撃指揮装置 (機銃用; 後期建造艇)
レーダー 航法用×1基
光学機器 赤外線捜索監視装置
(後期建造艇ではRFS兼用)
テンプレートを表示

ネームシップが配置替えに伴って改名を繰り返していることから、かがゆき型巡視艇はまゆき型巡視艇はやぐも型巡視艇と名称が変遷してきた。

設計編集

本型は、1999年に発効した新日韓漁業協定を受けて、年々高速化する密漁漁船に対応できる高速巡視艇として建造された。このような要請から、先行するあそぎり型とほぼ同大の船体ながら、船質をアルミニウム合金製として軽量化をはかっている[2]。高速でも動揺が少なく、機動性にも優れるとして現場の評判は良く、まず3隻が建造されたのち、平成18年度計画以降には、むらくも型の後継として大量建造されるようになった[3]

主機関としては、MTUフリードリヒスハーフェンV型16気筒ディーゼルエンジンという点ではあそぎり型と同様であり、出力も同程度であるが、新世代のMTU 16V4000 M70(2,600馬力 / 1,940 rpm)が搭載された[4]。また推進器をウォータージェット推進とすることで舵が不要となり、水中抵抗の低減に益している。これにより、最大速力は36ノットに引き上げられた[2]。またTBSが制作したドキュメンタリー番組「スパモク!!」では、壱岐海上保安署に所属する巡視艇「いきぐも」が対馬沖の玄界灘において韓国籍の密航船を追跡した際、公称を4ノット上回る時速40ノットで高速航行を行った映像が配信された。

兵装としては、当初は従来の30メートル型PCと同じく、船首甲板に機側操作の13mm単装機銃(ブローニングM2重機関銃)を備えていた。その後、平成18年度に建造が再開されたあとの艇では、13mm多銃身機銃(GAU-19)の単装マウントに変更されたが、これは操舵室上の赤外線捜索監視装置との連接によって目標追尾型遠隔操縦機能(RFS)を備えている[2][5]

同型艇編集

※巡視艇の船名は、随時、改名されることがある。

計画年度 番号 船名 建造 竣工 所属 退役
平成10年度第3次補正 PC-105 かがゆき
→ はまゆき
→ はやぐも
三菱重工下関造船所 1999年12月24日 金沢第九管区
七尾(第九管区)
比田勝第七管区
平成13年度 PC-106 むらくも 日立造船神奈川工場 2002年8月19日 対馬(第七管区)
平成13年度第2次補正 PC-107 いずなみ 石原造船所高砂工場 2003年3月18日 下田第三管区
平成18年度 PC-108 やえぐも 新潟造船 2008年3月4日 対馬(第七管区)
PC-109 なつぐも 墨田川造船 2008年3月4日 対馬(第七管区)
PC-110 あきぐも 2008年3月10日 比田勝(第七管区)
平成19年度 PC-111 たつぐも
→ はぎなみ
新潟造船 2009年3月10日 対馬(第七管区)
(第七管区)
PC-112 いきぐも 墨田川造船 2009年3月10日 壱岐(第七管区)
PC-113 なつづき 2009年3月10日 宮古島第十一管区
平成19年度補正 PC-114 おきぐも 新潟造船 2009年7月31日 中城(第十一管区)
PC-115 あわぐも 墨田川造船 2009年7月31日 中城(第十一管区)
PC-116 しまぐも 2009年8月24日 中城(第十一管区)
平成21年度補正 PC-117 ゆきぐも 新潟造船 2011年3月10日 函館第一管区
PC-118 きたぐも 2011年3月10日 根室(第一管区)
PC-119 こまゆき 墨田川造船 2011年2月25日 香住第八管区
平成22年度 PC-120 かわぎり 新潟造船 2012年3月9日 羅臼(第一管区)
PC-121 わかづき ユニバーサル造船京浜事業所 2012年7月10日 海南第五管区
平成24年度予備費 PC-122 いそなみ 墨田川造船 2014年1月30日 古仁屋(第十管区
PC-123 なごづき 2014年1月30日 名護(第十一管区)
PC-124 やえづき 新潟造船 2014年2月28日 石垣第十一管区
平成29年度 PC-125 いせゆき 墨田川造船 2018年10月17日 中部(第四管区
PC-126 はまゆき 2019年1月23日 七尾(第九管区)
平成29年度補正 PC-127 うみぎり 2019年11月27日 宮城(第二管区
PC- 2019年度予定

登場作品編集

対馬奪還戦争
「やえぐも」と「なつぐも」が登場。
「やえぐも」は、全体を緑色に塗装し偽装網を被ってカモフラージュすると、自衛隊と協力しながら、対馬に侵攻してきた韓国軍と戦闘を繰り広げる。
「なつぐも」は、第1巻冒頭にて数艘の武装漁船から襲撃を受けたことでシージャックされ、そのまま韓国まで曳航されてしまう。作中では、それが韓国の対馬侵攻に繋がる一連の事件の始まりとなっている。

参考文献編集

  1. ^ 第一管区海上保安本部広報資料 平成24年1月25日 巡視船艇の就解役について Archived 2012年2月20日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c d 「警備救難業務用船 (海上保安庁船艇の全容)」『世界の艦船』第800号、海人社、2014年7月、 76-77頁、 NAID 40020105550
  3. ^ 「警備救難業務用船 (海上保安庁現有船艇の全容)」『世界の艦船』第726号、海人社、2010年7月、 73頁、 NAID 40017138092
  4. ^ 佐藤一也「4サイクルディーゼル機関の技術系統化調査」『国立科学博物館 技術の系統化調査報告 第12集』2008年3月。
  5. ^ 中名生正己「巡視船 武装の歩み(下)」『世界の艦船』第825号、海人社、2015年11月、 168-173頁、 NAID 40020597434

関連項目編集