メインメニューを開く

かくして殺人へ

かくして殺人へ』(かくしてさつじんへ、And So to Murder )は、1940年に発表されたカーター・ディクスン(ディクスン・カー)名義の長編推理小説。ヘンリー・メリヴェール卿もの第10長編である。

かくして殺人へ
And So to Murder
著者 カーター・ディクスン
発行日 1940年
ジャンル 推理小説
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
次作 九人と死人で十人だ
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

ベストセラー小説「欲望」の作者モニカ・スタントンは英国のアルビオン映画社のプロデューサーであるトマス・ハケットから探偵小説作家ウィリアム・カートライトの作品「かくして殺人へ」の脚本を書くことを提案され、女優フランセス・フラー、映画監督ハワード・フィスクらに紹介される。 ところが撮影所で彼女を狙ったと思われる襲撃と文書による脅迫が連続して起こる。はたして犯人の目的はいったい何か?

登場人物編集

  • モニカ・スタントン - 主人公。「欲望」がベストセラーになった若き女流作家。
  • トマス・ハケット - アルビオン映画社のプロデューサー。
  • ウィリアム・カートライト - 「かくして殺人へ」を書いたミステリー作家
  • フランセス・フラー - 映画女優
  • ハワード・フィスク - アルビオン映画社と契約した映画監督。
  • ヘンリー・メリヴェール卿 - 本作の探偵役。通称はH・M。

内容編集

カー特有の怪奇・伝承にまつわる作風に乏しく、物語の終盤近くになっても殺人が起こらない(未遂に終わるターゲットらしき人物への襲撃は連発する)、ラブコメ色の濃い作品。

ドイルの長編「恐怖の谷」やクイーンのハリウッドものに挑んだ作品とも言われ[1]、メインストーリーとは無関係らしき人物の会話や行動が挿入されるのはクリスティの「ABC殺人事件」を思わせるカー(ディクスン)の実験作。

提示される謎編集

  • ミッシング・リンク(襲われた主人公と犯人とを繋ぐ見えない接点)
  • 主人公はなぜ、連続して命を狙われるのか。毎回、犯人の襲撃が空振りに終わる原因は何か。

特記事項編集

  • 作中でモニカが書いたベストセラー「欲望」のヒロインの名前は、カー名義「皇帝の嗅ぎ煙草入れ」「火刑法廷」両長編の主人公の名前を掛け合わせた姓名になっている。

書誌情報編集

脚注編集

  1. ^ 創元推理文庫「かくして殺人へ」解説(2017)