メインメニューを開く
本来の表記は「坂皇子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

坂皇子(かごさかのみこ/かごさかのおうじ、生年不詳 - 神功皇后元年2月)は、記紀に伝わる古代日本皇族

日本書紀』では「坂皇子」や「坂王」、『古事記』では「香坂王」と表記される。

第14代仲哀天皇皇子で、応神天皇との間での対立伝承で知られる。

目次

系譜編集

日本書紀』『古事記』によれば、第14代仲哀天皇と、彦人大兄命の娘の大中姫(おおなかつひめ、大中比売命)との間に生まれた皇子である。同母弟に忍熊皇子(忍熊王)がいる。第15代応神天皇の異母兄である。

記録編集

『日本書紀』『古事記』によれば、新羅征討中に仲哀天皇が崩御し、神功皇后誉田別尊(後の応神天皇)を産んだ。それを聞いた坂皇子と忍熊皇子は、次の皇位が幼い皇子に決まることを恐れ、共謀して筑紫から凱旋する皇后軍を迎撃しようとした。

皇子らは仲哀天皇の御陵造営のためと偽って播磨赤石(現在の兵庫県明石市)に陣地を構築し[1]倉見別犬上君の祖)と五十狭茅宿禰(いさちのすくね、伊佐比宿禰とも)を将軍として東国兵を起こさせた。ところが菟餓野(とがの、比定地未詳)で反乱の成否を占う祈狩(うけいがり)を行った際、皇子はに襲われて食い殺されたという。

考証編集

『日本書紀』『古事記』に記される坂皇子の反乱説話は、神功皇后の非実在性と同様に史実ではないと考えられている[2]王朝交替説では、神功・応神説話は古王朝(崇神天皇朝)と中王朝(仁徳天皇朝)をつなぐもので、坂皇子の説話もその挿話の1つとする説があるが、王朝交替説自体明らかでなく定かとはされていない[2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 五色塚古墳兵庫県神戸市)に基づく伝承と見られる(岸本道昭 「五色塚古墳 -播磨の政権-」『ここまでわかった! 古代王権と古墳の謎(新人物文庫356)』 『歴史読本』編集部編、KADOKAWA、2015年)。
  2. ^ a b かご坂皇子(国史) & 1983年.

参考文献編集

  • 亀田隆之「坂王」『国史大辞典 第2巻』吉川弘文館、1983年。ISBN 464200503X
  • 坂皇子」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588

関連項目編集