かなざわいっせい

日本のフリーライター

かなざわ いっせい(本名・金澤 一成[1]1955年 - 2020年3月5日)は、日本のフリーライター兵庫県姫路市[2]出身。早稲田大学卒。

来歴・人物編集

1975年ごろ、友人に勧められたのをきっかけに馬券を買い始める[3]1983年末に東京都内の室内装飾会社を退職[4]後、翌1984年から茨城県稲敷郡の競走馬育成牧場に勤務[5]。退職後、北海道川上悦夫牧場で夏季アルバイトを経験[6]

1987年競馬雑誌『優駿』主催の「'87優駿エッセイ賞」に応募し第1次選考を通過[7]、同誌ではのちに書評コーナーを担当。1990年ごろからフリーライターとして活動を始める[8]1994年、『週刊競馬ブック』にてエッセイ「八方破れ」を連載開始。

雑誌ムックへの寄稿多数。競馬以外の分野では、趣味である裁判傍聴を題材とした読み物を東京スポーツに連載。

2020年3月9日発売の週刊競馬ブック[9]誌上で、3月5日食道がんのため死去した旨が報じられた。65歳没。朝日新聞記者の有吉正徳によると、癌に冒されていたことは本人の強い希望により極限られた人物にしか通知していなかったという[10]

著書編集

テレビ番組編集

  • かなざわいっせいのケイバ考現学(2000年、Jドキュメント750。監修・出演)

交友関係編集

石川ワタル亀和田武は友人。著書では亀和田のことを「亀おやじ」と呼んでいる。

『あやしい馬券心理ファイル』などの著書を残した谷川弘虫とは別冊宝島でともに執筆した関係で、誌上で座談したこともあった。石川喬司はふたりの間柄について同一人物説を唱えている[11]。親友は、柴田おとうである

脚注編集

  1. ^ 週刊競馬ブック 2019年11月16日・17日号 p.86-p.87「八方破れ」に掲載された入院中の写真による。2019年11月12日閲覧。また同誌2013年3月2日・3日号 p.80-p.81「八方破れ」に掲載された電気料金領収書のコピーでは「金沢一成」と記載されていた。
  2. ^ 週刊競馬ブック 2020年2月8日・9日号 p.80「乗峯栄一の理想と妄想 第313回」による。
  3. ^ 『競馬の友』p.19-27
  4. ^ 『競馬の友』p.132
  5. ^ 『競馬の友』p.139-148
  6. ^ 『競馬の友』p.230
  7. ^ 日本中央競馬会『優駿』1988年1月号、p.56
  8. ^ 『競馬の友』p.148
  9. ^ 週刊競馬ブック 2020年3月14日・15日号 p.180。2020年3月9日閲覧。
  10. ^ 週刊競馬ブック 2020年3月20日・21日・22日号 p.76 追悼 かなざわいっせいへによる。2020年3月18日閲覧。
  11. ^ 『ファイト!』巻末収録の「馬券オヤジ座談会」(p.336)

外部リンク編集