かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相

かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相』(かまいたちのよるトリプル みかづきじまじけんのしんそう)は、セガから発売されたゲームソフト。2006年7月27日PlayStation 2用のサウンドノベルとして発売された。

かまいたちの夜x3
三日月島事件の真相
ジャンル サウンドノベル
対応機種 PlayStation 2
iアプリ
開発元 チュンソフト
発売元 [PS2]セガ
[i]チュンソフト
プロデューサー 中村光一
シナリオ 我孫子武丸
音楽 羽毛田丈史
人数 1人
メディア [PS2]DVD-ROM1枚
発売日 [PS2]2006年7月27日
[i]2007年2月15日配信開始
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
売上本数 [PS2]162,199本[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

前作『かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄』から4年ぶりに発売されたシリーズ三部作の完結編。タイトルの「3」を「トリプル」と読ませるため、3作目という以外にも「3」という数字に様々な意味を持たせている。例えば、このゲーム1本に、前作・前々作・今作と3つのタイトルが収録されていることや、本編の他に「ピンクの栞」・「黒の栞」・「金の栞」と、3つの隠し要素があることなどである。

脚本は我孫子武丸、音楽は羽毛田丈史が担当。プロデューサーは中村光一。前作『かまいたちの夜2』では我孫子はサブシナリオ執筆と監修にとどまり、メインシナリオは田中啓文が担当していたが、本作ではシリーズ完結編ということもあり再び我孫子が筆を揮っている。[2]

ゲームシステム編集

本編の「真相編」、本編に準ずる「犯人編」、本編とつながりの薄い「番外編」の3つのシナリオで構成されている[3]

真相編は、香山誠一・矢島透・久保田俊夫・北野啓子の4人が主人公となり、各々を操作して事件を解決させる。最初に選べるのは香山1人だが、シナリオが進行するにつれて徐々に選択できる主人公が増えていく。選択した主人公の視点で事件を体験でき、各主人公しか知らない事件の情報がプレイすることで分かるようになる。各主人公が選んだ選択肢は、他の主人公の行動にも影響を与えるため、各キャラクターの行動の組み合わせも事件を解決する上で必要となる。

各主人公の行動は、5分刻みの「タイムチャート」によって表示され、既読の時間帯であればタイムチャートを選択することで、時間帯と主人公を切り替えることができる。オートセーブ機能が搭載されていて、選択肢などでは自動的にセーブされる(設定でOFFにすることも可能)。

前2作と異なり、透と真理の名前変更はできなくなった。

ストーリー編集

絶海の孤島、三日月島で起こった惨劇『三日月島事件』(前作のストーリー)は一応の解決はしたものの、直接居合わせた関係者(前作の登場人物)の多くはこの事件の影響で人生を狂わされることとなってしまった。事件で妻の夏美を殺害された香山も例外ではなく、喪失感に苛まれることに加え、三日月島の呪いに苦しむ亡き妻の夢を何度も見るようになる。

有名な祈祷師ケマルーア彦田によると、過去に三日月島を統治していた岸猿家の当主、岸猿伊衛門の強い怨念から、島で死んだ者は魂を束縛され成仏できずにいるという。香山は彦田の助言に従い三日月の館を修復し、事件の一年後の8月15日に、事件の当事者を集め、夏美の供養を行うことを決意した。因縁の地で、一同はまたもや奇妙な事件に巻き込まれてゆく。

シナリオの再録編集

本作のメインシナリオは、前作・前々作のメインシナリオと密接に関わるため、PlayStation 2版は『かまいたちの夜』と『かまいたちの夜2』のメインシナリオを同時収録している。内容は同一だが、時流に沿って一部文章が改訂されている。

これに伴い、ゲーム開始時に3つのシナリオから選択する。

「ペンション“シュプール”編」
『かまいたちの夜』の「ミステリー編」にあたるシナリオ。本編以外のシナリオに繋がる分岐は削除されている。
「監獄島のわらべ唄編」
『かまいたちの夜2』の「わらべ唄篇」にあたるシナリオ。本編以外のシナリオに繋がる分岐は削除されている。
「三日月島事件の真相編」
本作『かまいたちの夜×3』のメインとなる新規シナリオ。条件により他のシナリオへ分岐する。

前2作を未プレイだったり、プレイ済みでも内容をあまり覚えていない場合は、先に前2作のメインシナリオをプレイすることを推奨されている。なお、携帯電話アプリ版は前2作が同サイトで配信されているため、シナリオの再録はない。

サブストーリー編集

ベストエンディング後の隠しシナリオについては、下記のようになる。

ピンクの栞
「真相編」にて事件を解決し、ベストエンディングを見た後に出現する。
香山を主人公にし、プロローグの喫茶店の場面で分岐が発生し、「番外編」に移行することができる。
三日月島の迷宮を攻略する、ギャグ的要素の高いシナリオ。
黒の栞[4]
特定のバッドエンドを迎えることで出現する。エンディングリストの画面から、「犯人編」に移行することができる。
犯人の視点で行動するため、事件の新たな一面を知ることができる。文字フォントが通常とは異なり、読み戻しが不可能となっている。
金の栞
エンディングリストを全て埋めることで出現。エピローグから移行することができる。栞出現前のエンドロールは観られなくなってしまう。

登場人物編集

主人公編集

香山誠一(かやま せいいち)
一番目の主人公。恰幅が良く、ノリのいい大阪の会社社長。お好み焼きのチェーン店を経営していて金にはがめついが、どこか憎めないところがある。事件の供養のため三日月島を買い取って館を修復し、夏美を供養するため皆を招待する。
矢島透(やじま とおる)
二番目の主人公。大学生で大学が休みの時にペンション「シュプール」を手伝っている。普段は頼りないが、ここ一番では抜群の推理力を発揮する。夏美の供養と、相変わらず友達以上・恋人未満な真理との関係を進展させるために、再び三日月島へと向かう。
童顔で未成年に見え、それゆえ苦労する一面がある。天真爛漫な性格で、空気が読めない言動を度々発し、その度に真理からはキツいツッコミを入れられ、周囲からは冷ややかな目で見られる。助平で健全すぎる性欲の持ち主であり、その様子がすぐ表情に表れる。今作では真理が俊夫のことを異性として意識しているのではないかという嫉妬心に苛まれた心理状態のまま、事件解決に奔走することとなる。特技は声帯模写。
久保田俊夫(くぼた としお)
三番目の主人公。一人称は「ぼく」から「俺」に変更されている。髪の毛を後ろで縛っているスポーツマン。優しく思いやりのある人物だったが、一年前の事件が原因ですっかり変わってしまい、酒浸りの荒んだ生活を送っていた。妻・みどりの助けになりたいという決意を胸に、真相を掴むため三日月島に向かう。透の空気を読めない言動に度々苛立つものの、前作の透の推理による事件の解決から、彼の観察力、推理力には一目置いている。
コンビニ食の生活が長いせいか、味覚が衰え始めている。心が荒んでいるため、大声を出したり、人が傷付くような一言浮いたセリフを吐いたり、些細なことで激高したりする。
北野啓子(きたの けいこ)
四番目の主人公。ちょっとドジなところがあるぽっちゃり系のOL。恋愛の悩みを抱えていて、ある人に想いを伝えるために三日月島での供養に参加する。
食欲旺盛で大食いと早食いの並外れたスキルを持ち、衣類のポケットの中に、スナック菓子を携帯している。爬虫類が苦手。

主要人物編集

小林真理(こばやし まり)
ロングヘアで明るく健康的な本作のヒロイン。ペンション「シュプール」の若きオーナー。香山に誘われ、供養のために三日月島を訪れる。
久保田みどり(くぼた みどり)
俊夫の妻で、ポニーテールが特徴の年齢不詳な女性。スポーツ用品店で働いていたが、一年前の事件をきっかけに退職している。現在は刑務所で服役中。
春子(はるこ)
香山の元妻(現在の苗字は不明)。優しくしっかりとした女性で、料理の腕も良く気立てもいい。
香山に頼まれ、供養の参加者に食事を振舞う料理人として参加する。離婚してもなお、香山のことを想っていることを伺える姿が時折垣間見える。人生の先輩として、透にアドバイスをしてくれる。
美樹本洋介(みきもと ようすけ)
フリーカメラマン。髭面でワイルドな風貌。図面もない三日月の館を修復するため、香山に一年前の写真を提供する。
ボクシングの経験者で風貌に似合う実力の持ち主。クルーザーを所持しており、その運転技術は俊夫の言葉通り。俊夫とは元々性格が合わない上に彼が精神的に荒んだ状態であるため、衝突を繰り返す。ショタコンの疑いがある。
渡瀬可奈子(わたせ かなこ)
仕事のできる美人OLだったが、事情により退社。その後、美樹本の元でカメラマンのアシスタントをする。OL時代に仲が良かった啓子とは疎遠になっている。

それ以外の人物編集

小林二郎(こばやし じろう)
一年前の事件で巻き込まれ死亡した「かまいたちの夜」の舞台のペンション「シュプール」のオーナー。今回は香山のみに見える幽霊として登場。
香山夏美(かやま なつみ)
一年前の事件に巻き込まれ死亡した香山の若妻。今回は香山にのみ見える幽霊として登場。
正岡慎太郎(まさおか しんたろう)
一年前の事件に巻き込まれ死亡した『かまいたちの夜』を製作したゲーム・プロデューサー。今回は香山にのみ見える幽霊として登場。
姫宮麗子(ひめみや れいこ)
本名、権藤精作(ごんどう せいさく)。ペンション「シュプール」のシェフ。見かけはゴツいホモセクシャルだが、有名ホテルで長い間修行をしてきたとあって、料理の腕は抜群。
ケマルーア彦田
河内に住んでいるという祈祷師。占いは良く当たるとの噂で、お祓いの評判も高いらしい。三日月島にかけられたという呪いを解くための祈祷の方法を香山に伝授した。
名前は「我孫子武丸」のアナグラム。前作の洞窟探検篇にも会話の中で出演している。
船長
本土と三日月島を往復している地元の送迎船の船長。岸猿家とゆかりのある三日月の館については良く思っていないらしい。
菱田喜代
三日月島で行方不明になった老婆。三日月の館の管理をしていた。
コートの男
夏なのにトレンチコートを着ている見るからに怪しい人物。ゲーム『かまいたちの夜』に登場した田中一郎に似ている。

かまいたちの夜 挟み忘れた栞編集

本作予約購入者に特典として贈られた非売品の文庫小説。作者は本編と同様、我孫子武丸。以下の3本が収録されている。

「〆切り編」
我孫子が『かまいたちの夜2』制作時に田中啓文牧野修にシナリオ構造を説明するために書いたゲームブック形式の短編。締切りが迫る小説家のショートエピソード。
「ラブテスター編」
我孫子が『かまいたちの夜2』に収録するために書いたラブテスター編のオリジナル版をゲームブック化したもの。未収録シーンも収録されている(ただし、過激な表現は伏字になっている)。透と真理が初めてのデートに行くという設定。
「流れシェフ 姫宮麗子」
『かまいたちの夜×3』に登場する姫宮麗子を主人公にした短編小説。姫宮がシュプールに来た時のエピソード。

攻略本編集

  • 『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相 完全攻略本』 ISBN 4-924978-51-5 / チュンソフト・編、2006年8月

袋とじとして「ちょっとエッチなイラスト原画」も収録。

脚注編集

  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2007』 エンターブレイン2007年、389頁。ISBN 978-4-7577-3577-4
  2. ^ 『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相 完全攻略本』(チュンソフト)p.63、p.68 中村光一は我孫子武丸が『2』でもっと執筆したかったと言っていたことから、ディレクターである落合信也へ、開発するなら我孫子に執筆してもらうよう条件を出している。
  3. ^ 「編」について「篇」と表記されることがあるが『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相 完全攻略本 チュンソフト編』には「編」と表記されている。
  4. ^ 「紺の栞」や「藍の栞」と表記されることがあるが『かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相 完全攻略本 チュンソフト編』での表記は「黒の栞」(P.130右上)。

外部リンク編集