かまちよしろう

かまち よしろう(本名:村松 芳郎、1949年[1] - )は、日本漫画家静岡県磐田郡豊岡村(現・磐田市)上野部出身[2]静岡県立掛川西高等学校早稲田大学[2]

かまち よしろう
本名 村松 芳郎
生誕 1949年
静岡県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1970年代後半 -
ジャンル 4コマ漫画
代表作 こにくらじいさん
テンプレートを表示

目次

経歴編集

漫画を描き始めたのは小学三年生の頃で、クラスに絵の上手な友達がいて、当時人気のあった『鉄人28号』や『赤胴鈴之助』のキャラクターをお互い上手だねとほめ合いながら描いたのが最初であった[2]。高校生時代に当時朝日新聞に連載されていた『サザエさん』や『フジ三太郎』に影響され、漫画家を志す[2]。大学在学中は漫画研究部に所属し、卒業後、谷岡ヤスジのアシスタントを経て独立[1]

その後は青年成人向け漫画雑誌4コマ漫画誌を中心に4コマ漫画を多数描く。旧ペンネームは「鎌地ヨシロウ」「かまちヨシロウ」だったが、現在は「かまちよしろう」に統一している。代表作に『週刊漫画TIMES』(芳文社)で22年もの間連載され、1984年ビートたけし主演でテレビドラマ化もされた『こにくらじいさん』など。

現在は出身地・静岡県の地元紙『静岡新聞』などの多数の地方紙で『ゴンちゃん』を連載している他、ウェブマガジン週刊俳句』にて俳号「かまちん」として俳句を発表している。

作品リスト編集

脚注編集