メインメニューを開く

からす組』(からすぐみ)は、1929年(昭和4年)に発表された大佛次郎による日本の小説であり[1]、同作を原作とし、1930年(昭和5年)に阪東妻三郎プロダクションが製作し、犬塚稔が監督した日本のサイレント映画剣戟映画である[2]

からす組
著者 大佛次郎
イラスト 長谷川路可
発行日 1929年
発行元 改造社
ジャンル 時代小説
日本の旗 日本
言語 日本の旗 日本語
ページ数 432p
公式サイト opac.ndl.go.jp
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

略歴・概要編集

小説の初出は、1929年(昭和4年)1月30日の『國民新聞』夕刊であり、同紙での連載は同年末の12月20日までの全295回で、全篇にわたって長谷川路可が挿絵を描き、同年改造社から上梓された単行本は、挿絵のほか装丁も長谷川路可が手がけた[1]

映画『からす組』は、阪東妻三郎率いる阪東妻三郎プロダクションが製作し、配給提携先の松竹キネマ(現在の松竹)が配給して1930年(昭和5年)5月9日に前篇、同年6月13日に後篇が東京・浅草公園六区帝国館等で公開された[2]

本作の上映用プリントは、現在、東京国立近代美術館フィルムセンターには所蔵されておらず[3]マツダ映画社はそのリストに本作の題名が見当たらない[4]。現時点では、鑑賞することの不可能な作品である。

映画編集

からす組
前篇 / 後篇
監督 犬塚稔
脚本 犬塚稔
原作 大佛次郎
製作 阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所
出演者 阪東妻三郎
春路謙作
森静子
撮影 前篇 吉田英男
後篇 片岡清
配給   松竹キネマ
公開 前篇 1930年5月9日
後篇 1930年6月13日
上映時間 前篇 100分 / 後篇 111分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

からす組』(からすぐみ)は、1930年(昭和5年)、阪東妻三郎プロダクション太秦撮影所製作による日本のサイレント映画である[2]

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

関連事項編集

編集

  1. ^ a b 時代小説初出年表、大佛次郎研究会、2010年3月11日閲覧。
  2. ^ a b c からす組 前篇 / からす組 後篇、日本映画データベース、2010年3月11日閲覧。
  3. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年3月11日閲覧。
  4. ^ 主な所蔵リスト 劇映画=邦画篇マツダ映画社、2010年3月11日閲覧。
  5. ^ a b Film Calculator換算結果、コダック、2010年3月11日閲覧。

外部リンク編集