メインメニューを開く

かんさい土曜ほっとタイム(かんさいどようほっとタイム)はNHK大阪放送局製作のNHKラジオ第1放送の全国放送番組である。2004年4月3日から開始。2019年3月16日放送終了[1]

かんさい土曜ほっとタイム
愛称 かんさい土曜ほっとタイム
ジャンル 報道・情報・バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 2004年4月3日 - 2019年3月16日
放送時間 土曜 13:00 - 16:55
放送局 NHKラジオ第1放送
制作 NHK大阪放送局
パーソナリティ 佐藤誠(キャスター)、海原さおり千堂あきほ奥野史子(スポーツコメンテーター)、西川かの子
テーマ曲 押尾コータローagain…
公式サイト 公式サイト
特記事項:
高校野球・大相撲中継期間は休止、国会中継放送日は休止または短縮放送。
テンプレートを表示

目次

概要編集

元々土曜日は「土曜サロン」(1993年4月~1999年2月)「土曜ほっとタイム」(1999年4月~2004年2月)として(1996年4月から)月末以外は東京発(それまでは毎週東京発)、1996年4月からの月末だけ大阪発という形を取っていたが、2004年度からは毎週土曜日全編を、大阪発の全国放送としてリニューアルしたものである。

オープニングで毎回佐藤アナは、「毎週土曜のこの時間は、JOBK ジャパン(Japan)大阪(Osaka)馬場町(ばんばちょう)(Bamba-cho)の近所(Kinjo)、NHK大阪放送局からのかんさい土曜ほっとタイム」と番組を紹介する(2001年11月に現在の大手前に移転する以前は、「ジャパン大阪馬場町『角(Kado)』」と言っていた)。

佐藤アナは2008年3月で(NHK職員として)定年を迎えたが、同年4月以降も続投した(2008年3月1日3月8日の同番組の放送にて発表)。

2019年3月16日の放送をもって、15年(土曜ほっとタイム時代を含めると20年)の歴史に幕を降ろした。後番組はNHKプロ野球の全国放送分が入り、人気コーナーだった『ぼやき川柳』は「ラジオ深夜便」に移行して継続する。

放送時間編集

  • 毎週土曜日
    • ラジオ第1 13:05~15:55(2010年度、2012年度~)
    • NHKワールド・ラジオ日本 13:15(途中飛び乗り)~15:55(2010年度まで、2012年度~)。
      • 2011年度はラジオ第1、NHKワールド・ラジオ日本とも13:30~15:55の放送となっていた。これは13:05~13:30に「上方演芸会」(NHKワールド・ラジオ日本は独自の日本語ニュース、海外安全情報名曲スケッチみんなのうた)が組まれたための時間変更である。これによってNHKワールド・ラジオ日本における途中飛び乗りでの開始が無くなり、番組冒頭から聴くことができるようになっていた。しかし、2012年度の番組改編で「上方演芸会」が日曜15:30からの放送に時間帯移動することに伴い、本番組の放送時間が2010年度と同じ時間帯に戻るため、国際放送では再び途中飛び乗り編成を行なうことになった。
  • NHKワールド・ラジオ日本は2009年度迄16:53終了だった時期には、16時台は国際放送独自の日本語ニュースと海外安全情報を放送するため16:15に再度飛び乗りとなっていた。)
  • 毎時0分から5分程度全国のニュース。55分から5分間ローカルニュース・天気(NHKワールド・ラジオ日本は海外安全情報)。
  • 大相撲期間中は16時台休止(2009年度迄)。
  • 一部地域ではプロ野球中継高校野球地方大会(春季、夏季、秋季)放送のため全て、もしくは一部の時間帯が休止となる。
    • NHKネットラジオ らじる★らじるが開始されてからは番組最後の予告案内の際、「一部の地域では(高校野球などのスポーツ中継)のためラジオ放送ではお聞きいただけないところがあります。NHKネットラジオ らじる★らじるをご利用ください」と案内するようになった。
  • 全国放送でも高校野球全国大会の場合は全て休止。その他のスポーツ中継の場合でも全て、もしくは一部の時間帯が休止となる場合もある(この場合、NHKワールド・ラジオ日本ではFM放送・デジタルラジオ実用化試験放送の音楽番組を中心に差し替える。)。
  • 原則として高校野球全国大会が行なわれる8月を除く毎月第3週はBKプラザのオープンスタジオから公開生放送をする。(自由見学)=2009年4月18日の放送から
  • 2009年10月の公開放送は、放送会館の公開に合わせて31日に。第3土曜日の17日は通常どおりスタジオからの放送。
  • 2011年2月の公開放送は「特集・ぼやき川柳のつどい」と題して26日にNHK大阪ホールから放送。第3土曜日の19日は通常どおりスタジオからの放送。
  • 2012年9月29日の公開放送はNHK仙台放送局から放送(大阪・東京以外の地方発の放送は今回が初めてとなる)。
以前の放送時間
  • 1999年4月~2004年3月 毎月最終土曜日 13:05~16:53(土曜ほっとタイム関西版として放送)
  • 2004年4月~2010年3月 毎週土曜日 13:05~16:53
  • 2010年4月~2011年3月 毎週土曜日 13:05~15:55(16時台がアンコールアワー(再放送枠)となったため短縮。)
  • 2011年4月~2012年3月 毎週土曜日 13:30~15:55(13時台前半に上方演芸会が編成されていたため短縮。2012年4月から上記の時間帯に戻る)

タイムテーブル編集

2007年度編集

  • 週変わりコーナー・1 オススメ情報(13:08頃)
  • お天気どんなんかなー(13:30頃)
天気予報で、南利幸気象予報士)とのトークがあり、毎回 南予報士によって季節や風物詩を織り込んだ駄洒落風の一句が詠まれる。なお、南は土曜日に東京発の『おはよう日本』『週刊ニュース深読み』を担当している関係上、東京・渋谷の放送センターにあるラジオセンターのスタジオと結んでトークが行われる。
  • 週変わりコーナー・2(13:40頃)
  • おもしろ人物ファイル(14時台)
関西を中心に活躍、あるいは関西出身の著名人に毎回ゲストとして迎えて関西に対する思いや最近の活動などを語る。 地方局などで公開放送を行った場合は、その地に関係する人物が登場する。
  • ぼやき川柳アワー(15時台)
詳しくは後述。
  • 週変わりコーナー・3(16:10頃)
関西各地の話題…関西NHK各局のアナウンサーによるリポート。
今月の京料理…家庭でも出来る京料理を紹介する。
すみれ通信…宝塚歌劇団宝塚音楽学校の最新情報を紹介する。
音の世界…日常の風景を「音」で紹介していく。
  • 「さおりのちょっと聞いてよ」「みほのひとりごと」「あきほの言いたいねん」(16:35頃)
女性パートナーが近況報告や最近感じたことを話す。

2009年度編集

上述「2007年度」とほとんど変更はないが、女性パートナーの入れ替えにより、16時台後半のコーナーの名称に変更が見られる。

  • 「さおりのちょっと聞いてよ」…海原さおり 担当
  • 「かのこのひとりごと」…西川かの子 担当
  • 「あきほの言いたいねん」…千堂あきほ 担当
  • 「史子の聞いておくれやす」…奥野史子 担当
「2007年度」同様、毎週ローテーションで登場の女性パートナーが近況報告や最近感じたことを話す。

2010年度編集

「2009年度」とあまり変更はないが、15:55迄の放送となるため、16時台の一部のコーナーが13時代へ移動した。

  • 「さおりのちょっと聞いてよ」…海原さおり 担当
  • 「かのこのひとりごと」…西川かの子 担当
  • 「あきほの言いたいねん」…千堂あきほ 担当
  • 「史子の聞いておくれやす」…奥野史子 担当 の従来16時台に放送されていた女性パートナーのコーナーが13時台後半へ移動
  • 「大西泰世の川柳教室」…従来は偶数月で公開放送のある日に行なわれていたコーナーが第5週の土曜日の放送に変更され、13時台前半へ移動(同時にスタジオでの非公開放送に変更。ただし、2010年10月の第5週は放送会館の公開に合わせた放送が行われる関係で1週繰り上げ第4週に変更される)。
  • 本年度より「おもしろ人物ファイル」コーナーを「ほっと人物ファイル」コーナーに変更。大阪製作の番組(例『てっぱん』)出演者も登場するようになった。

2011年度編集

放送時間が30分短縮し13:30からの放送になったため、13時台のオススメ情報と女性パートナーのコーナーがなくなる(前者は一部のコーナーのみ「週変わりコーナー」の中で継続)。14時台以降は「2010年度」と同じ。

  • お天気どんなんかなー(13:35頃)
  • 週変わりコーナー(13:40頃)…13時台前半で放送されていた「大西泰世の川柳教室」(第5週の土曜日)はこちらで引き続き放送される(2011年4月は第5週の30日でなく、第2週の9日に繰り上げて放送。同年6月は第5週がなく、第4週の25日に放送。同年9月は第5週がなく、第1週の3日に放送)。
  • ほっと人物ファイル(14時台)…週によっては過去に放送された内容を再構成してアンコール放送を行うこともある。
  • ぼやき川柳アワー(15時台)
  • 当初は15時台の「ぼやき川柳アワー」内(15:40頃)にも気象情報が入り、15時台にも南が登場していた(現在はなく以前と同様13時台のみ)。

2012年度以降編集

2012年4月から放送時間が戻ったため13時台前半にオススメ情報が復活。公開放送となる原則第3土曜日は「ほっとdeライブ」と題した歌手や音楽家のミニコンサートが開催される場合もある。14・15時台は2011年に変わらず

出演者編集

メインパーソナリティー編集

  • 佐藤誠
    • 2005年3月まではアナウンサーとして出演、その後同年4月より嘱託職となり、2007年3月を以ってNHKを定年退職。現在は大阪放送局専属のパーソナリティ、神戸松蔭女子学院大学教授として出演。

パートナー編集

以下の4人が週替わりで担当するが、出産・育児などの都合により休演するタレントもいる

  • 海原さおり(お笑いコンビ海原さおり・しおり のさおり)(漫才師大木こだま・ひびきのこだまの妻。関西発・土曜サロン時代(3代目パートナー)時代を含め、1997年~2003年も担当していた)
  • 千堂あきほ女優・元歌手 2007年4月~)2008年5月頃までの予定でそれ以降は産休に入り、一時出演休止。(2008年3月8日の同番組での発言より)。その後、復帰したが、2010年12月18日放送分をもって2度目の産休に入り、再び出演休止となった(2010年12月18日の同番組での発言より)。2011年6月25日放送分から再び復帰。なお千堂はアイドル時代に文化放送で番組を持っており、それ以来のラジオ番組担当である
  • 奥野史子(スポーツコメンテーター、元シンクロナイズドスイミング選手(バルセロナオリンピック銅メダリスト。2008年4月~。2011年6月4日放送分を以って産休に入るため、一旦出演休止。2012年1月14日放送分から復帰)
  • 西川かの子タレント 漫才師・元参議院議員西川きよしの長女。2008年4月19日放送分から復帰)

コーナー担当編集

過去のパートナー編集

主なコーナー編集

ぼやき川柳アワー編集

通称は『ぼやせん』で、番組の目玉コーナーである。

前身は『関西発土曜サロン』のスタートと同時に始まった『ぼやきアワー』である。これは文字通り、日々の暮らしの中での不平・不満や愚痴をぼやいてもらうというものであった。しかしこの時はなかなかリスナーからのお便りが集まらず[2]、翌1996年度からは『お笑いぼやきアワー』にリニューアルし、笑えるぼやきも紹介するようになったが状況は好転せず、残った時間はリクエスト曲や中継コーナーでつないでいた。

そこで1997年度から、ぼやきを織り込んだ川柳を募集するようにしたところ投書が急増、たちまち人気コーナーになった[要出典]。現在[いつから?]では毎週800 - 900通ほどの投句があり、1000通を超えることも少なくない[要出典]。公開放送では当日訪れた観客からの投句が詠まれるケースもある。

基本的には毎週2つの題が出され(そのうち1つは動詞または形容詞、もう1つは名詞となっている。まれに動詞と形容詞の組み合わせもあり)、それを大西が選句、佐藤と女性パートナーが交互に紹介していく。特に優秀な作品は『ぼやき川柳大賞』に選ばれ、投句者に記念品が贈られる。

なおコーナーの冒頭には佐藤の「ぼやき川柳アワー」という陽気な語り口の後、「武器も持たない、金もない、権力も持たない、庶民の唯一の抵抗手段はぼやき川柳、ぼやせん!」というコーナーのキャッチコピーを女性パートナーが叫ぶが、これは『ぼやきアワー』時代からずっと行われている(『お笑いぼやきアワー』時代までは、最後の部分は「ぼやきー!」であった)。

女性パートナーの語りにはそれぞれ独特なパターンがあり、千堂あきほがパートナーの時は最後に「ぼやせーん」と語尾を延ばしている。また、西川かの子がパートナーの時は最後の「ぼやせん!」の部分を佐藤が言っている。海原さおりがパートナーの時はやや早口の語りで読んでいる。

コーナーの最後には、ファンファーレとともに『ぼやき川柳大賞』が発表されるが、最優秀句が1句、優秀句が10句程度発表され、投稿者の都道府県名とペンネームおよび投稿句が読み上げられる。選者の大西康世が簡単な総評をし、次回のお題が2題発表される。

毎週多くの投句があり、放送で読み上げられるのも難関なので、この『ファンファーレ』を憧れにした投句もある。また、なかなか取り上げられないことをそのままボヤく句も多い。

2007年5月5日には『ぼやき川柳』開始10周年を記念した公開生放送がNHK大阪ホールで行われた。その後、2009年4月18日の放送を第1回目として、以降は原則毎月第3週にBKプラザオープンスタジオでの公開放送となっているが、その際の16時台(大相撲・高校野球と重なる日は除く)に当日訪れる観客などを交えて『川柳教室』を開催している。2010年度は放送時間が15:55までとなったことに伴い、川柳教室は第5週の土曜日13時台前半に変更された。

2011年2月26日にはぼやき川柳アワー15周年を記念して、2007年以来となる『ぼやき川柳アワーの集い』と題されたぼやき川柳投稿家のリスナーを招待した公開生放送がNHK大阪ホールで行われ、以後も年1 - 2回程度、土曜日が連休と重なる場合を中心として『ぼやき川柳の集い』としてNHK大阪ホールでの公開生放送もしくは収録が行われている。この場合その振替でBKプラザからの公開放送がない場合もある。

2015年3月までは当日の放送終了後、番組ホームページでも1週間放送内容を聴くことができた。そのため高校野球地方大会などで聴くことができない場合でもこのコーナーに限ってはインターネット配信で聴くことができた。

2019年以降は番組終了に伴い、関西発ラジオ深夜便23時台後半枠で継続することが決定した。

お天気どんなんかなぁー編集

気象予報士南利幸が担当する気象情報コーナー。通常、13:30過ぎから5~6分の枠で放送。全国向けの気象情報コーナーはこの1回だけである(その後は毎時55分すぎに各ローカル局からアナウンサーが伝える)。南が東京に赴任中のため、大阪のスタジオの佐藤アナウンサーおよび女性パートナーとは中継でのトークとなる(2008年までは、南は電話での出演であった)。ただし、2011年2月26日放送分は東京発の番組終了後、新幹線で大阪に移動してNHK大阪ホールから「ぼやき川柳の集い」の公開放送で生出演した(生放送終了後、翌日の番組担当を控えて東京へ再び移動)。また、2011年8月20日放送分は南が夏休みのため東京発の気象情報の担当(翌21日も含む)は休止したものの、本番組では滞在先の鹿児島から電話で通常どおり生出演した(たいていは高校野球中継期間中に本番組が休止する時期に合わせて夏休みをとり東京発の気象情報の担当を休止するが、このときは高校野球中継の時期が例年よりも早かった)。2011年9月2日放送分はラジオ第1で13時のニュースを台風12号関連を中心に15分間放送し、上方演芸会も10分遅れで放送した関係で本番組が13:40開始となり、本コーナー自体休止となった(南が務める東京発の気象情報はテレビでは通常通り担当)。

日本周辺の気圧配置の解説に始まり、全国主要都市の天気、実況気温、予想気温(雨天時は降水量も)を述べたあと、南が最近感じた季節変化や風物詩を披露する。それを踏まえた上で、「そこで一句作りました…」と前置きをし、駄洒落風の句を披露する。この句は翌日の「NHKニュースおはよう日本」の首都圏ローカル枠(7:40-7:45)でも披露することがある。

2012年度は不定期で放送される気象歳時記のコーナーも「お天気どんなんかなぁー」に続けて放送されることになった(初放送は2012年6月30日)。出演は「お天気どんなんかなぁー」に引き続き、南が務めている。

  • 2009年7月25日の放送では、気象情報コーナー自体はあったものの、西日本の大雨情報の関係で時間が押してしまい、一句が割愛された。
  • 2009年10月31日は、通常「五・七・五」の句を「五・七・五・七・七」で詠んだ。

テーマ音楽について編集

  • again... 押尾コータロー作曲、アルバム「DRAMATIC」収録。尚、当テーマ曲の演奏時間は、4分12秒である。

大阪発・土曜ほっとタイムの頃から使用しており、現在は、オープニング、各正時ニュース後、中盤のBGM(関東地区の道路交通情報)、パートナー名の持ちコーナーのジングル、エンディングで使用している。

オープニングではすべて流れる。

テレビ放送について編集

エピソード等編集

  • 千堂,西川,奥野等、女性パートナーの結婚・出産が相次いだことから、「縁起の良い番組」とされ、佐藤アナウンサーが「福の神」の扱いになった。

放送休止・短縮編集

年末・年始に重なった場合は放送されない。スポーツ中継(高校野球、プロ野球 = 主にデーゲームのクライマックスシリーズ、オリンピック)や政局関連のイベントと重なった場合、時間の変更や番組の休止がある。また、通常放送でも地域によってはスポーツ中継や地域向けの特集番組が組まれるため該当地域のみ時間の変更や番組の休止がある。なお、高校野球地方大会による休止は特記のもの以外ここでは省略する。

2009年編集

  • 1月3日 年始の番組編成による。
  • 3月21日3月28日 選抜高校野球大会 中継(ラジオ国際放送は別番組)の為。
  • 8月8日8月15日8月22日 夏の高校野球中継(ラジオ国際放送は別番組)の為。
  • 5月16日は、民主党代表選挙の中継により、15:05~15:55に「ぼやき川柳アワー」のみの公開放送。
  • 9月19日は、自民党総裁選挙候補者の討論会中継により、13:05~14:55に短縮。「ぼやき川柳アワー」以降のコーナー休止。
  • 10月24日は、プロ野球 パ・リーグクライマックスシリーズ・日本ハム対楽天(札幌ドーム)の中継(ラジオ国際放送は別番組)のため、13:05~13:55に短縮。通常、16時台の「かのこのひとりごと」は放送。

2010年編集

2011年編集

  • 1月1日 年始の番組編成による。
  • 3月12日 当初は「出発!“全線開業”九州新幹線~青森から鹿児島までつながる日~」(13:05~14:55)と2011年4月開始の「みんなで科学ラボラジオ」のパイロット版である「気になる科学 ラボラジオ~身近な科学を分かりやすく解説~」(15:05~16:55)の2本の特集番組の編成によるものだったが、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の報道特別番組によりこれらの特番も休止(代替も行われなかったため、事実上の放送中止)となった(本番組は地震発生前からすでに放送休止が決まっていた)。
  • 3月19日 番組自体は通常通りだが、通常のコーナーは気象情報以外全面休止し、東日本大震災のニュースと関連情報を中心に内容を大幅に変更して放送。また、この日は第3週の土曜日でBKプラザからの公開放送も行なわれる予定だったが、こちらも中止となり、スタジオからの非公開放送となった。ラジオ第1・国際放送とも13:13からの放送となった。  
  • 3月26日4月2日 第83回選抜高等学校野球大会中継の為。
    • ラジオ国際放送は当初、FM放送やデジタルラジオ実用化試験放送の番組に差し替える予定だったが、毎正時に東日本大震災関連のニュースを放送する都合上、独自編成の定時ニュースを除いて差し替えなしで選抜高校野球大会の中継をそのまま放送していた。
  • 6月11日、「震災3か月 被災した人たちが望む生活再建とは?」放送の為(13:30~15:55)。
  • 8月6日8月13日 第93回全国高等学校野球選手権大会中継(ラジオ国際放送は別番組)の為。
  • 8月27日 「防災パーク2011」(13:30~13:55)と「民主党代表選共同記者会見」(14:00~16:00)の為。
    • 当初は13:30~14:55に「防災パーク2011」。15:05~15:55に「とっておきラジオ」を放送する予定になっていたが「民主党代表選共同記者会見」の特設ニュースが組まれたことで急遽変更となった(「防災パーク2011」は時間短縮。本番組は当初から休止)。
  • 9月3日 台風第12号関連の報道でニュースを13:15迄延長した為13:40から放送開始となった。
  • 10月29日 プロ野球 パ・リーグクライマックスシリーズ ファーストステージ・第1戦北海道日本ハム vs 埼玉西武(札幌ドーム)の中継の為、北海道地方のみ13:30~13:55に短縮(それ以降の時間帯は「NHKネットラジオ らじる★らじる」または「NHKワールド・ラジオ日本」の衛星ラジオのどちらかで聴取することになる)。
  • 11月5日 プロ野球 パ・リーグクライマックスシリーズ ファイナルステージ・第3戦福岡ソフトバンクホークスvs埼玉西武ライオンズ(ヤフードーム)の中継の為(ラジオ国際放送は別番組差し替え)。
  • 11月12日 プロ野球 日本シリーズ第1戦 ソフトバンクvs中日ドラゴンズ(ヤフードーム)の中継の為(ラジオ国際放送は別番組差し替え)。
  • 11月26日 サッカーJ2「湘南ベルマーレvsコンサドーレ札幌」(平塚競技場)の中継の為、北海道地方のみ13:30~13:55に短縮(それ以降の時間帯は「NHKネットラジオ らじる★らじる」または「NHKワールド・ラジオ日本」の衛星ラジオのどちらかでの聴取となる)。 
  • 12月31日 年末の番組編成による

2012年編集

  • 3月17日 番組自体は通常通りだが、15時台の「ぼやき川柳アワー」は休止。代わりに前半はこの1年間の「ぼやき川柳大賞」の作品を紹介し、後半は海外出張から戻ってきた川柳作家の大西泰世による現地での報告を伝えた。
    • 北海道地方はラジオ特集「震災から一年・『命』を守るために~北海道は今、何に備えるべきか?~」(12:15~13:00、13:05~13:55)の放送のため14:05からの実質飛び乗り・時間短縮。
    • 宮城県地方は情報ボックスみやぎ(最終回)「特集・第11回NHK仙台 川柳短歌大会」の放送のため休止。
  • 3月24日 第84回選抜高等学校野球大会中継(ラジオ国際放送は別番組差し替え)のため休止。(本来であれば3月31日も休止予定だったが、雨天中止となったため、定時で過去の「ほっと人物ファイル」アンコール放送を実施)
  • 6月23日、「沖縄 本土復帰40年~復帰っ子が見つめたおきなわ~」を13:05~13:55迄放送の為。14:05~15:55の放送。
  • 8月11日8月18日 第94回全国高等学校野球選手権大会中継(ラジオ国際放送は別番組差し替え)のため休止。
  • 9月1日、「関西発いのちのラジオ」の放送のため休止。
  • 9月15日、特設ニュース「自民党総裁選挙公開討論会」(ラジオ国際放送は別番組差し替えとなるが、テレビ国際放送のNHKワールド・プレミアムでそのまま特設ニュースを国内同時放送)放送のため15:05~15:55の放送。
  • 9月22日、北海道地方は防災ラジオ特集「命を守るために」の放送のため同地方のみ休止(14時・15時の全国ニュースも北海道地方では休止)。
  • 10月13日
    • 東海3県はプロ野球 セ・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ第1戦「中日VSヤクルト」(ナゴヤドーム)の中継のため同地区では13:55で実質飛び降り。
    • 九州・沖縄地方はプロ野球 パ・リーグ クライマックスシリーズ ファーストステージ第1戦「西武VSソフトバンク」(西武ドーム)の中継のため同地区では休止。なお熊本県地方のみ第131回九州地区高等学校野球大会熊本大会の中継も重なったためプロ野球中継は16:00までFM放送での放送となる。
  • 12月15日、北海道地方は15:05から「北の文芸館2012 朗読と音楽のライブセッション -第2部-」の放送のため14:55で実質飛び降り。

2013年編集

2014年編集

2015年編集

2016年編集

2017年編集

2018年編集

2019年編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集