メインメニューを開く
かんじきの紐の結び方
かんじきでの雪上歩行
鈴木牧之北越雪譜』より、かんじきを履いた人の挿絵
アイヌが用いたかんじき

かんじき (樏・橇・檋・梮)とは、泥上雪上など不安定な地面を歩くための民具わらじなどの下に着用する。履くと接地面積が増え体重が分散されることから、雪に深くめり込まず、さらに斜面などでずり落ちにくくする効果がある。世界各地の豪雪地域で類似の道具が見られる。

種類編集

板樏編集

板樏(いたかんじき)は深田での稲刈時に足が埋没してしまわないように用いられた民具[1]田下駄ともいう[1]

輪樏編集

雪上で深雪に足が埋没してしまわないように用いられた民具。木製のもので雪輪ともいう[1]

鉄樏編集

氷上を歩くための爪付の鉄製の民具[1]

歴史編集

かんじきの歴史は古く、日本では縄文時代の遺跡である青森県八戸市是川遺跡からは、輪かんじきの一部分と思しき縄が出土している。それ以前に大陸から伝わったか独自に考案されたと考えられている。

脚注編集

  1. ^ a b c d 日本民具学会 『日本民具辞典』ぎょうせい p.144 1997年

関連項目編集

  • 輪かんじき
  • 水蜘蛛 - 忍者が水上を歩く際に使用したと伝えられる忍具。しかし現実には人間の体重に耐えるほどの浮力がないため、濡らしては困る物(衣服、火薬、密書など)を運ぶため使われたと考えられる。