メインメニューを開く

かんらん岩[1][2](かんらんがん、橄欖岩、: peridotite) は火成岩深成岩)の一種で、SiO2 成分に乏しい超塩基性岩に分類される。主にかんらん石[3]からなり、そのほかに斜方輝石単斜輝石などを含む。

かんらん岩
火成岩
PeridotiteUSGOV.jpg
かんらん岩(左上部の粗粒な部分)
構成物
主要構成物 かんらん石
他構成物 輝石
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学

目次

成分・種類編集

 
超苦鉄質岩有色鉱物90%以上)の分類

岩石に含まれる鉱物量比により、さらに4つの岩石に分類される。

ダンかんらん岩[1][2]dunite、ダナイト)
かんらん石が全体の90%以上を占めるもの。
斜方輝石かんらん岩[1]harzburgite、ハルツバージャイト[2]
かんらん石を50%以上含む岩石のうち、斜方輝石に富むもの。
単斜輝石かんらん岩[1]wehrlite、ウェールライト)
かんらん石を50%以上含む岩石のうち、単斜輝石に富むもの。
複輝石かんらん岩[1]lherzolite、レールゾライト[2]
かんらん石を50%以上含む岩石のうち、斜方輝石と単斜輝石の両方が伴われるもの。複輝石かんらん岩が部分溶融して玄武岩質マグマを生成すると考えられている。

産出地編集

かんらん岩はマントル上部を構成する岩石の一つであり[4]、そのほとんどが地下深くに存在する。

地表で見られるものには、地殻が捲れあがってマントル物質が地表に現れたものや、マグマ等が急激に上昇する際に、捕獲岩として運ばれてきたものがある。他の超塩基性岩類や塩基性岩などと共にオフィオライトの一部を構成することが多い。

低圧では斜長石かんらん岩、中圧ではスピネルかんらん岩、高圧では柘榴石かんらん岩となる。

性質・特徴編集

かんらん岩は変成作用を受けやすく、地表で見られる場合には、蛇紋岩に変化している場合がほとんどである。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、323頁。ISBN 4-8181-8401-2[リンク切れ]
  2. ^ a b c d 日本地質学会編『地質学用語集 - 和英・英和』共立出版、2004年、366頁。ISBN 4-320-04643-9
  3. ^ 橄欖石」(かんらん石、olivine)は鉱物の名称であり、「橄欖岩」(かんらん岩、peridotite)は岩石の名称である。
  4. ^ マントル物質と考えられているものは、かんらん岩以外にもエクロジャイトキンバリー岩などがある。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集