がうる・ぐら

英語圏で活動する日本のバーチャルYouTuber

がうる・ぐら英語: Gawr Gura)は、バーチャルYouTuberゲーム実況者。所属事務所はホロライブプロダクションで、同事務所の女性バーチャルYouTuberグループ・ホロライブの英語圏を中心に活動する部門「ホロライブEnglish」の初期グループ「Myth(神話)」メンバー。日本での愛称は「サメちゃん」[1]。デザインは甘城なつきが担当している[2]。また、「がうる・ぐら」は2020年度のネット流行語100に選出された[3]

がうる・ぐら
作者 甘城なつき (キャラクターデザイン)
プロフィール
愛称
  • サメちゃん
  • ぐらちゃん
  • ぺったん
  • 鯊鯊(中国語圏、「サメちゃん」と同義)
別名
  • a(あ)
  • Apex Predator(最強種)
誕生日 6月20日
年齢 9928歳[注釈 1]
性別 女性
種類 サメ
身長 141cm
イメージカラー 青 白
テンプレートを表示
がうる ぐら
人物
職業 バーチャルYouTuber
ゲーム実況者
公式サイト ホロライブプロダクション
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル ゲーム実況
登録者数 449万人
総再生回数 401,663,640 回
事務所(MCN ホロライブEnglish(2020年 - )
関連人物
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年7月9日時点。
テンプレートを表示

プロフィール

編集

アトランティスの末裔(まつえい)で、年齢は九千歳超え。海底に退屈さを感じて陸上にやって来た。海の生物と会話をするのが好きで、サメの形をしたファッションは日本で購入したものである[4]。初配信で「サメでーす」と日本語で挨拶した事、最初の発言が「a(あ)」だった事から視聴者からはよく彼女の愛称として用いられる。そして感情が昂(たかぶ)ると「Shaaaaaark!」という鳴き声を披露する。他、ぺったん(貧乳)というキーフレーズを言われると怒りだす。山下達郎を始めとするJ-POPのファンで、よくカラオケで歌う。抜群のリズム感で音楽ゲームを得意としている一方で、ホラー系は若干苦手だという。

経歴

編集
2020年
  • 9月9日Twitterでの活動開始。
  • 9月13日、YouTubeにて午前6時にYouTube上で初配信を行った[5]。デビュー配信の同時接続者数は45,000人を記録した。
  • 10月22日、YouTubeチャンネル登録者数が100万人を突破[6]。これは、バーチャルYouTuberの中では当時最速の記録で、キズナアイ輝夜月に次ぐ3人目・4チャンネル目の達成者となった[6]
2021年
  • 1月18日、YouTubeチャンネル登録者数が200万人を突破[7]
  • 5月7日、新衣装お披露目配信。生放送の同時接続数19万を記録する[8]
  • 7月1日、YouTubeチャンネル登録者数が297万人を突破。バーチャルYouTuberの公式チャンネルとしては、キズナアイの「A.I.Channel」を抜いて登録者数世界一となる[9]
  • 7月4日、YouTubeチャンネル登録者数が300万人を突破。バーチャルYouTuberとしては史上初となる[10]
  • 12月12日、パーティ衣装お披露目配信を実施[11]
2022年
  • 6月16日、YouTubeチャンネル登録者数が400万人を突破

出演

編集

テレビ番組

編集

イベント

編集

ライブ

編集
  • 湊あくあ ワンマンライブ2022「あくあ色 in わんだ〜☆らんど♪」(2022年1月28日、豊洲PIT・SPWN)ゲスト出演[14][15]

ディスコグラフィ

編集

デジタルシングル

編集
発売日 タイトル 規格品番
2021年6月22日 REFLECT CVRD-048
2023年11月26日 Tokyo Wabi-Sabi Lullaby CVRD-360

参加作品

編集

デジタルシングル

編集
発売日 楽曲 歌唱 レーベル 規格品番
2021年9月19日 浸食!! 地球全域全おーしゃん UMISEA[注釈 2] cover corp. CVRD-077
2022年1月14日 Journey Like a Thousand Years 千年の旅 Hololive English -Myth-[注釈 3] CVRD-113
2022年2月5日 Q Mori Calliope、Gawr Gura CVRD-126
2022年8月29日 りゅーーっときてきゅーーっ!!! UMISEA[注釈 4] CVRD-205
2022年10月1日 Non-Fiction hololive English -Myth-[注釈 5] CVRD-220
2023年6月17日 Connect the World hololive EN[注釈 6] CVRD-299
2023年7月2日 青春アーカイブ hololive IDOL PROJECT[注釈 7] CVRD-303
2023年8月14日 おーしゃんうぇーぶ・Party☆らぃ UMISEA[注釈 8] CVRD-318
2023年11月13日 SHINKIRO Gura Marin[16]

アルバム

編集
発売日 タイトル 規格 レーベル 規格品番 参加楽曲
2022年3月21日 UnAlive 音楽配信 cover corp. CVRD-140 『Q』

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ デビュー配信でのプロフィールを基準とした場合。本人が年齢について発言する度に数字が若干前後しており、正確な年齢は定かではない
  2. ^ 湊あくあ、宝鐘マリン、Ninomae Ina'nis、Gawr Gura
  3. ^ Mori Calliope、Takanashi Kiara、Ninomae Ina'nis、Gawr Gura、Watson Amelia
  4. ^ 湊あくあ、宝鐘マリン、沙花叉クロヱ、Gawr Gura、Ninomae Ina'nis
  5. ^ Mori Calliope、Takanashi Kiara、Ninomae Ina'nis、Gawr Gura、Watson Amelia
  6. ^ Mori Calliope、Takanashi Kiara、Ninomae Ina'nis、Gawr Gura、Watson Amelia、IRyS、Ceres Fauna、Ouro Kronii、Nanashi Mumei、Hakos Baels
  7. ^ ときのそら、星街すいせい、白上フブキ、湊あくあ、天音かなた、Moona Hoshinova、Airani Iofifteen、Takanashi Kiara、Gawr Gura
  8. ^ 湊あくあ、宝鐘マリン、沙花叉クロヱ、Gawr Gura、Ninomae Ina'nis

出典

編集
  1. ^ “「サメちゃん」ことHololive EN・Gawr Guraのチャンネル登録者が急増 ついに「四天王超え」のトップ10内に”. PANORA. (2020年10月8日). https://panora.tokyo/archives/11617 2020年11月5日閲覧。 
  2. ^ 新見直 (2020年9月9日). “「ホロライブEnglish」誕生 ホロライブ初の英語圏向けVTuberグループ”. KAI-YOU. 2020年9月27日閲覧。
  3. ^ 「ネット流行語100」2020 ニコニコ大百科×ピクシブ百科事典”. ドワンゴ. 2020年11月28日閲覧。
  4. ^ がうる・ぐら - ホロライブ”. 2022年10月8日閲覧。
  5. ^ VTuber Group Hololive English is Set to Debut”. Anime News Network (2020年9月10日). 2020年9月27日閲覧。
  6. ^ a b 【速報】「サメちゃん」ことホロライブEnglish・Gawr Gura、ついに登録者100万人を突破 VTuber史上最速&3人目”. PANORA. 2020年10月23日閲覧。
  7. ^ ホロライブENのVTuber「Gawr Gura」、チャンネル登録200万人突破”. GAME Watch (2021年1月18日). 2021年4月24日閲覧。
  8. ^ uchimura (2021年5月10日). “週間VTuberランキング☆5月9日号☆ GWは異例の4動画ミリオン超え、トップはサメちゃん新衣装 | PANORA”. 2021年5月25日閲覧。
  9. ^ サメちゃんこと VTuber がうる・ぐら (Gawr Gura) キズナアイのチャンネル登録者数を上回る VTuber史上初” (2021年7月1日). 2021年7月1日閲覧。
  10. ^ 【速報】ホロライブEN所属Gawr Gura、チャンネル登録者数300万人を突破 VTuber史上初の快挙” (2021年7月4日). 2021年7月4日閲覧。
  11. ^ PR TIMES(カバー株式会社)『英語圏VTuberグループ「ホロライブEnglish」1stジェネレーション「hololive English -Myth-」、新衣装お披露目リレー配信実施のお知らせ』(プレスリリース)2021年12月6日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000574.000030268.html2021年12月13日閲覧 
  12. ^ @rkbeeeeeeee (2021年8月23日). "前の告知で…". X(旧Twitter)より2021年8月24日閲覧
  13. ^ a b カバー株式会社 (2021年8月3日). “英語圏向けVTuberグループ「ホロライブEnglish」、2021年8月より「HOLOLIVE EN 2021 VTUBER TOUR」として、北米イベントに出演決定!”. PR TIMES. 2021年8月3日閲覧。
  14. ^ 湊あくあ ワンマンライブ2022「あくあ色 in わんだ~☆らんど♪」”. aqua2ndlive.hololivepro.com. 2021年11月9日閲覧。
  15. ^ 「宝鐘マリン」、「がうる・ぐら」、「一伊那尓栖」ゲスト出演決定!”. 湊あくあ ワンマンライブ2022「あくあ色 in わんだ~☆らんど♪」特設サイト. 2021年12月19日閲覧。
  16. ^ 【昭和歌謡祭】宝鐘マリン4周年記念LIVE YouTube”. https://www.youtube.com/channel/UCCzUftO8KOVkV4wQG1vkUvg+(2023年11月14日).+2023年11月14日15時40分閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集