メインメニューを開く

がんじがらめ』は、1975年2月1日から同年4月26日までフジテレビ系列で土曜21:00 - 21:55(日本標準時)に全13回が放送されたテレビ西日本制作のテレビドラマである。

がんじがらめ
ジャンル テレビドラマ
原作 花登筺(「社長殿、課長御辞退申し上候」)
脚本 花登筺
演出 花登筺、山本治
出演者 香山美子ほか
制作 テレビ西日本
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1975年2月1日 - 同年4月26日
放送時間 土曜21:00 - 21:55
放送分 55分
回数 13
テンプレートを表示

概要編集

フジテレビ系列局の全国ネット番組としては異例のテレビ西日本制作の連続テレビドラマ。原作は「週刊現代」で連載された花登筺執筆の小説『社長殿、課長御辞退申し上候』であり、花登は本作の脚本や演出も手掛けた。

商社『シルバー商事』が舞台のサラリーマン喜劇[1]。出世街道を進んでいたエリートサラリーマンがつまずき転んで社会のしがらみにがんじがらめになっていくという姿を描いた。

本作をもって、前作『女の気持』から7か月続いた放送枠名が設定されていない連続テレビドラマ放送枠は終了。本作放送終了後のフジテレビ系列土曜21時台は、1975年3月末まで土曜22時台で放送された『土曜劇場』が移動し、1975年5月3日 から『赤ちゃんがいっぱい』が開始された。

出演者編集

ゲスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 1975年2月1日付朝日新聞、同日付毎日新聞、それぞれのテレビ欄の番組紹介記事より。
  2. ^ 参考:テレビドラマデータベース
  3. ^ 参考:同上

関連項目編集


フジテレビ 土曜21時枠
【本番組のみテレビ西日本制作】
前番組 番組名 次番組
女の気持
※ここまでフジテレビ制作
がんじがらめ
赤ちゃんがいっぱい
※再びフジテレビ制作および
ここから『土曜劇場