メインメニューを開く

がんばれ!ベアーズ大旋風 -日本遠征-

がんばれ!ベアーズ大旋風 -日本遠征』(原題:The Bad News Bears Go to Japan)は、1978年に公開されたアメリカ映画

がんばれ!ベアーズ大旋風
-日本遠征-
The Bad News Bears Go to Japan
監督 ジョン・ベリー 
脚本 ビル・ランカスター
製作 マイケル・リッチー
出演者 トニー・カーティス
ジャッキー・アール・ヘイリー
若山富三郎
石原初音
音楽 ポール・チハラ
撮影 ジーン・ポリト
岡崎宏三
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年6月30日
日本の旗 1979年3月17日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
前作 がんばれ!ベアーズ特訓中
テンプレートを表示

がんばれ!ベアーズ』シリーズ第3作。ベアーズが日本の少年野球チームと親善試合をするため来日するという設定[1]。公開当時のタイトルは『がんばれ!ベアーズ 大旋風』だったがビデオ発売に際して変更された。

目次

概要編集

一作目の監督で、今作ではプロデューサーにまわったマイケル・リッチーが、過去3度日本に来たこともある日本好きで、一作目が日本でヒットしたこともあり、商売的なことを考え、日本遠征が実現した[2]東映岡田茂社長がパラマウントと交渉し[3]、日本での製作を受注[2][3]、全編の90%が日本で撮影された[2]。撮影隊のスタッフは、アメリカ側17名、日本側が澤井信一郎(監督補佐)ら、東映東京撮影所から54名が参加。この他、トニー・カーティス若山富三郎、ベアーズのメンバー10名、日本の少年野球チームに家族の付き添いなどで撮影には大変な人数が参加した[2]

若山富三郎の出演は、監督のジョン・ベリーが、若山主演の『帰ってきた極道』を観て、ぜひ出演してくれとオファーし、当時若山は東宝の『姿三四郎』の撮影や、帝劇の舞台があって忙しかったが、ジョン・ベリーに帝劇の楽屋まで来て口説かれ、「ファミリーで観れる映画だから」などと説得され出演を受けた[2]

京都ロケはベアーズの人気を煽ろうとマスコミを招待して4日間、平安神宮伏見稲荷大社霊山観音知恩院というコースをロケバス20台で回った[2]

撮影は監督のジョン・ベリーと監督補佐の澤井信一郎、トニー・カーティスの意見が衝突ぎみで、ジョン・ベリーは大声を上げてイライラし、若山富三郎がおどけて場を和らげるという構図だった[2]

メイン・スタッフはアメリカ側で、カメラはジーン・ポリトが来日し途中までを撮っていた。しかしポリトが監督とケンカして帰国し、以降はピンチヒッターとして『ザ・ヤクザ』でアメリカのやり方を知る岡崎宏三が撮影を担当した[2]。アメリカではよくあることだという[2]。アメリカの映画は一日の撮影に映画一本の完成分の長さを撮る。完成分の30倍~40倍のフィルムを使う贅沢ぶりで、日本側のスタッフ、キャストを驚かせた[2]

日本ロケは2ヵ月に及んだため[1]、さぞマトモな日本が紹介されるのではと期待されたが、平安神宮、浅草寺花園神社などの神社仏閣が盛んに登場し[1]、トニー・カーティスが日本旅館に靴のまま上がろうとしたり、座敷ベッドがないと騒いだり、身長178センチと大して高くもないカーティスが二度も三度も鴨居に頭をぶつけるバカっぷり[1]ステーキを食べるシーンでも若山に無意味にテーブルの花を切らせて「ハラキリ」という言葉を引き出したり、「ゲイシャ」というセリフをわざわざ挿入したり、相変わらずの「フジヤマ・ゲイシャ」の呆れるほど古い感覚[1]。若山は1977年に数々の賞を受賞し名声を高めたところだったが、イメージダウンになった[1]。さすがに配給のCICも気が引けたと見えて、前作の『がんばれ!ベアーズ 特訓中』とくっつけて公開した[1]

ストーリー編集

ある日テレビで、日本に行きたいけど困っているというベアーズメンバーの告白を見た芸能エージェント・マービンは、ベアーズメンバーをビバリーヒルズのホテルに招き、計画を立てた。マービンと共に日本へ旅立ったベアーズは早速全日本少年野球チームと対面するが、練習試合は散々な結果となる。宇宙での中継を狙ってアントニオ猪木とプロレス対決したり、『オールスター家族対抗歌合戦』に出場した日本チームが紙吹雪の洗礼を受けたり・・・と、すったもんだがあった中、ベアーズは日本チームとの対戦に挑む!

キャスト編集

ベアーズメンバー編集

  • ケリー・リーク:ジャッキー・アール・ヘイリー(吹き替え:村山明
  • エンゲルバーグ:ジェフリー・ルイス・スター (吹き替え:山本圭子)
  • E.R.W・ティリヤード:マッシュー・ダグラス・アントン
  • ジミー・フェルドマン:ブレッド・マルクス
  • ルディ・ステイン:デイヴィッド・ポロック
  • トビー・ホワイトウッド:デイヴィッド・スタンボー
  • ムスタファ・ラヒム:スクーディ・ソーントン

その他編集

備考編集

 
劇中に登場した『オールスター家族対抗歌合戦』の収録が行われたフジテレビジョン河田町旧社屋(1991年の写真)
  • 劇中で『オールスター家族対抗歌合戦』に出演した全日本少年野球チームが黒田節を歌うシーンがある。
  • 劇中での野球の試合は川崎球場が舞台となり[2]、京都ロケの後、撮影が行われ、観客2万8000人を集めた[2]
  • アントニオ猪木とベアーズのプロレスシーンはアメリカで撮影が行われた[2]
  • オープニングクレジットが日本の文化を題材としたアニメーションとなっている。
  • 劇中の怪獣が出てくる日本のCMに『宇宙大怪獣ギララ』の映像が流用されている。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 「お粗末な『ベアーズ』映画第三弾」『週刊文春』1979年3月29日号、文藝春秋、 21頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 高橋聰「ルポ特集II 親子同伴でにぎやかな『がんばれ!ベアーズ・日本遠征』京都ロケ見聞記」『キネマ旬報』1977年10月下旬号、キネマ旬報社、 99 - 101頁。
  3. ^ a b 高橋英一・鳥畑圭作・土橋寿男・西沢正史・脇田巧彦・嶋地孝麿「映画・トピック・ジャーナル 低迷を続ける東映の今後」『キネマ旬報』1977年8月下旬号、キネマ旬報社、 190 - 191頁。

外部リンク編集