メインメニューを開く
東京臨海副都心 > 有明 (江東区) > がん研究会有明病院

公益財団法人がん研究会 有明病院(こうえきざいだんほうじんがんけんきゅうかい ありあけびょういん)は、東京都江東区有明にある医療機関公益財団法人がん研究会が運営する病院である。通称はがん研有明病院。東京都で2カ所ある都道府県がん診療連携拠点病院の1つ(もう1カ所は東京都立駒込病院)。緩和ケア病棟(25床)がある[1]

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg がん研究会有明病院
Cancer Institute Hospital of JFCR 2018.jpg がん研究会有明病院
情報
正式名称 公益財団法人がん研究会 有明病院
英語名称 The Cancer Institute Hospital of JFCR
前身 癌研究会附属病院
標榜診療科 内科、呼吸器内科、消化器内科、乳腺内科、血液内科、腫瘍内科、感染症内科、漢方内科、疼痛緩和内科、外科、吸器外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、頭頸部外科、精神科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、救急科、歯科、麻酔科
許可病床数

700床


一般病床:700床
職員数 1791名(2017年10月現在)
機能評価 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.1
開設者 公益財団法人がん研究会
管理者 佐野 武(病院長)
開設年月日 1934年
所在地
135-0063
東京都江東区有明三丁目8番31号
位置 北緯35度38分3.5秒 東経139度47分42秒 / 北緯35.634306度 東経139.79500度 / 35.634306; 139.79500
二次医療圏 区東部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
病棟

沿革編集

1934年癌研究会附属病院が開設された。初代院長は稲田龍吉。現在の病院長は佐野武で、14代目である。豊島区上池袋一丁目37番1号の地にあったが、2005年に有明の地に移転し、癌研究会有明病院と名称を変更、2011年4月には公益財団法人移行に伴い名称をがん研究会有明病院と変更し現在に至る。

診療科・部門編集

専門診療部門編集

  • 呼吸器センター
    • 呼吸器外科
    • 呼吸器内科
  • 消化器センター
    • 消化器外科
      • 食道外科
      • 胃外科
      • 大腸外科
      • 肝・胆・膵外科
    • 消化器内科
      • 消化器化学療法科
      • 肝・胆・膵内科
      • 上部消化管内科
      • 下部消化管内科
  • 乳腺センター
    • 乳腺外科
    • 乳腺内科
  • 婦人科
  • 頭頸科
  • 整形外科
  • 泌尿器科
  • 血液腫瘍科
  • 総合腫瘍科
  • サルコーマセンター

一般診療部門編集

  • 総合診療部
  • 麻酔科(ペインクリニック)
  • 腫瘍精神科
  • 形成外科
  • 眼科
  • 感染症科
  • 皮膚科
  • 漢方サポート科
  • 歯科

中央診療部門編集

  • 放射線治療部
  • 画像診断センター
    • 画像診断部
    • 核医学部
  • 内視鏡診療部
  • 化学療法部
  • 臨床遺伝医療部
  • 中央手術部
  • オンコロジックエマージェンシー&ディザスターセンター
    • 集中治療部
    • 救急部
    • 災害医療部
  • リハビリテーション部
  • 臨床検査センター
  • 輸血部
  • 臨床病理センター
    • 病理部
    • 細胞診断部
  • 栄養管理部
  • MEセンター
  • フォトセンター

トータルケア部門編集

  • 緩和ケアセンター
    • 緩和治療科
    • がん治療支援緩和チーム
  • 患者・家族支援センター
    • 地域連携部
    • がん相談支援センター
    • WOC支援部
    • リンパケア室
    • サバイバーシップ支援部

臨床教育・研究部門編集

  • 臨床教育研修センター
  • 臨床研究・開発センター
  • 先端医療開発センター
  • 細胞検査士養成所
  • データベース&バイオバンクセンター

医療クオリティマネジメント部門編集

  • 医療安全管理部
  • 院内感染対策部
  • クオリティインプルーブメント部

保険事項・指定機能編集

先進医療編集

以下の先進医療を行っている[2]

  • 抗悪性腫瘍剤感受性検査(HDRA法又はCD-DST法)
  • RET遺伝子診断
  • 内視鏡的大腸粘膜下層剥離術

医療連携協定編集

2015年に、東京都済生会中央病院と連携協定を結んだ[3]

費用負担等編集

  • 初診時に紹介状がない場合、保険外併用療養費として5,400円かかる。
  • 通常病床のほか、公式サイトの通り、差額室料が発生する(特別個室は1日あたり最大164,000円、4人部屋は1日あたり5,000円)[4]
  • 会計では自動精算機または窓口でクレジットカード・デビットカード支払が使用可能となっている。(UCカード、VISAカード、マスターカード、ダイナースクラブカード、アメリカン・エキスプレスカード、JCBカード、J-デビットカード )なお、院内にみずほ銀行のATMがあるほか、院内のファミリーマート HeartfulにもATMがある。

交通アクセス編集

近隣施設編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集