メインメニューを開く

きごころ橋(きごころばし)は、山形県最上郡金山町金山川に架かる橋。

きごころ橋
Kigokoro Bridge
金山町 きごころ橋 歩道橋 20118 09 02 SUN
基本情報
日本の旗 日本
所在地 山形県最上郡金山町
交差物件 金山川
座標 北緯38度53分12秒 東経140度20分14.1秒 / 北緯38.88667度 東経140.337250度 / 38.88667; 140.337250
構造諸元
材料 金山杉
全長 長さ58.6m(総事業費約1億6千万円)
3m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

目次

概要編集

屋根付きの歩道橋で、金山杉を用いて2004年に完成した。金山町の中心部、十日町と羽場地区を結ぶ[1]。現在の国道13号線は、金山川下流西側の直近を走っているが、羽州街道・旧国道13号線として歴史的な役割を担ってきた金山大橋の脇に造られた。雪の多い金山町にあって、季節を問わず安全で快適な通行ができる[2]この歩道橋には、途中にベンチを置いて語らいや憩いのスペースが設けられている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集