メインメニューを開く

きだみのる

きだ みのる(本名・山田吉彦1895年明治28年)1月11日 - 1975年昭和50年)7月25日) は、鹿児島県奄美大島出身の小説家翻訳者。代表作『気違い部落』シリーズは映画化もされた[1]

目次

人物編集

若年期のきだは転居、家出、旅を多くした。アテネ・フランセ創設者のジョセフ・コットに身近く薫陶を受け、後には仏語教師として自らもアテネ・フランセの教壇に立つなどした。開成中学 - 慶應義塾大学中退後にパリ留学。ソルボンヌパリ大学)で文化人類学マルセル・モースに師事し社会学人類学を学ぶ。

帰国後は戦中戦後の長期に亘り、東京都南多摩郡恩方村[2]廃寺に20年間くらい、こもるようにして暮らした。1948年(昭和23年)『気違い部落周游紀行』で第2回毎日出版文化賞を受賞。1950年代に入ってからは日本のみならず世界各地を渡り多くの文章を著した。

恩方村の地元では「気違い」扱いへの反撥が激しく、きだにを振りかざして寺からの立ち退きを迫った[3]1955年(昭和30年)、八王子市の市議選挙に立候補した際、きだは得票数23で最下位落選した[3]

子が幾人かあったがそのうちの女児ひとりを養子縁組し引取り養育したのが三好京三夫妻で、この実体験が「子育てごっこ」に著された。晩年の行状については当時平凡社できだ担当の編集者だった嵐山光三郎の著書に詳しい。

「気違い」が差別語とされるため、NHKの訃報では代表作の名を伝えることができず、「東京都下に住みその体験をもとにした作品は有名です」とだけ報じられた[4]

著書編集

  • 『モロッコ紀行』山田吉彦、日光書院、1943
  • 『気違い部落周游紀行』吾妻書房、1948、新潮文庫、1951/冨山房百科文庫、1981 - 渋谷実監督・菊島隆三脚本映画『気違い部落』
  • 『ファーブル記』山田吉彦、岩波新書、1949、復刊1989
  • 『気違い部落紳士録』時事通信社、1950/講談社〈ミリオン・ブックス〉1958
  • 『モロッコ』山田吉彦、岩波新書、1951、復刊1991・2008
  • 『パリ・東京・モロッコ』 要書房、1952
  • 『霧の部落』 筑摩書房、1953
  • 『道徳を否む者』新潮社、1955
  • 南氷洋』新潮社、1956
  • 『日本文化の根底に潜むもの』大日本雄弁会講談社、1956
  • 『気違い部落の青春』 大日本雄弁会講談社、1957/講談社〈ミリオン・ブックス〉1961
  • 『精神の玩具』 大日本雄弁会講談社、1957
  • 『人生レポート』雲井書店、1957
  • 『部落の幸福論』大日本雄弁会講談社〈ミリオンブックス〉1958
  • 『鼻かけ男の話』光書房、1959
  • 『東京気違い部落』新潮社、1960
  • 『ドブネズミ漂流記』中央公論社、1960
  • 『単純生活者の手記』朝日新聞社、1963
  • 『初めに部落ありき』家の光協会〈レインボウ ブックス〉、1965
  • 『気違い部落から日本を見れば』徳間書店、1967
  • 『渚と潮』徳間書店、1967
  • 『にっぽん部落』岩波新書、1967
  • きだみのる自選集』(全4巻)、読売新聞社、1971
    • 1 気違い部落の青春・鼻かけ男の話 ほか
    • 2 道徳を否む者・精神の玩具
    • 3 モロッコ・南氷洋・海と欲望
    • 4 気違い部落から日本を見れば ほか
  • 『人生逃亡者の記録』中公新書、1972
  • 『ニッポン気違い列島』平凡社、1973
  • 『東南アジア周遊紀行』潮出版社、1974
  • 『新放浪講座』日本交通公社、1975

編著編集

  • 標準フランス語講座 山田吉彦 鉄塔書院 1932

翻訳編集

※特記以外は山田吉彦訳

  • 『犯罪社会学』エンリコ・フエルリ、而立社、1923
  • 『変態心理学』リボオ 、聚英閣 1925
  • 『社会学と哲学』デユルケーム、岡書院、1925
  • ラマルク 『動物哲学』小泉丹共訳、岩波書店 1927/岩波文庫、1954
  • ファーブル昆虫記林達夫共訳、岩波文庫(全20巻)、1930-1934/新版全10巻、1993
  • レヴィ・ブリュル『未開社会の思惟』、小山書店、1935/岩波文庫(上下)、1953
  • 『知識人の反逆』ジュリアン・バンダ 木田稔訳、小山書店 1941
  • 『太平洋民族の原始経済 古制社会に於ける交換の形式と理由』マルセル・モース、日光書院 1943
  • 『掟』ロジェ・バイヤン きだみのる訳 講談社 1958

関連著作(伝記)編集

脚注編集

  1. ^ 川本三郎筒井清忠『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』(中公選書、2014年)で川本は「あれはぜったいにテレビの放映は無理ですね。…あれは気の毒な映画ですよ」と語っている。
  2. ^ 童謡「夕焼け小焼け」の作詞者、中村雨虹の出身地。
  3. ^ a b 『朝日新聞』東京北部版、1996年4月初頭「恩方の春」
  4. ^ 江上茂『差別用語を見直す』p.85-86