メインメニューを開く

きみと、波にのれたら

2019の日本のアニメーション映画

きみと、波にのれたら』(きみと、なみにのれたら)は、2019年6月21日に公開予定の日本アニメーション映画である[1]

きみと、波にのれたら
監督 湯浅政明
脚本 吉田玲子
製作 岡安由夏
Eunyoung Choi
製作総指揮 種田義彦
出演者 片寄涼太
川栄李奈
松本穂香
伊藤健太郎
音楽 大島ミチル
主題歌 GENERATIONS from EXILE TRIBE
「Brand New Story」
撮影 福士享
編集 廣瀬清志
制作会社 サイエンスSARU
製作会社 「きみと、波にのれたら」製作委員会
配給 東宝
公開 2019年6月21日(予定)
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2019年度 アヌシー国際アニメーション映画祭 長編コンペティション部門正式出品作品[2]

目次

概要編集

監督は『劇場版クレヨンしんちゃんシリーズ』に初期より参加し、その後『マインド・ゲーム』や『四畳半神話大系』、『ピンポン THE ANIMATION』などを手がけ、『夜は短し歩けよ乙女』で第41回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞を受賞した湯浅政明[1]、主演は片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)と川栄李奈のダブル主演[3]。なお、片寄は声優初挑戦で主演、川栄は劇場版アニメ映画初主演となる[3]

あらすじ編集

サーフィンが大好きな向水ひな子は、大学入学を機に海が見える街に引っ越してきた。しかし、波に乗るとプロも顔負けの腕前を見せるのだが、実は将来について確固たるヴィジョンが見えずに悩んでいた。そんなある日、近所で火事が発生し、現場で作業をしていた消防士の雛罌粟港と出会い、2人は互いに惹かれ合うようになる。いつしか互いを認め合うような関係になりつつあったひな子と港だったが、ある日、港が海の事故で絶命してしまう。ずっと傍にいてくれて、自分を慕ってくれていた港がいない現実を受け入れられないひな子は、大好きな海すらもまともに見れないほどに意気消沈してしまう。そんな最中、ひな子がある場所で歌を口ずさんでいると、亡くなったはずの港が水の中から姿を現す。再び会えたことを喜ぶひな子ではあったが、果たして本当に2人はこれからもずっと一緒にいられるのか。そして、海の中からひな子の前に現れた港の真の目的とは何なのか。

登場人物編集

雛罌粟港(ひなげし みなと)
声 - 片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE
消防士。真面目な性格で、仕事もしっかりとこなし、誰からも慕われている。引っ越してきたひな子とは互いに惹かれ合うようになるが、ある日、海の事故で命を落としてしまう。
向水ひな子(むかいみず ひなこ)
声 - 川栄李奈
サーフィンが得意な大学生。大学入学を機に海辺の街に引っ越してきた。しかし、将来について確かな映像が描けずに悩んでいる。
雛罌粟洋子(ひなげし ようこ)
声 - 松本穂香[4]
港の妹。自分の気持ちに素直になれない性格ではあるが、兄の港にだけは素直になれる。
川村山葵(かわむら わさび)
声 - 伊藤健太郎[4]
新人消防士で港の後輩。人懐っこい性格ではあるが、消防士としての腕前はまだまだ港に及ばない。

スタッフ編集

主題歌編集

「Brand New Story」
歌:GENERATIONS from EXILE TRIBErhythm zone
  • また、本編でも港役の片寄とひな子役の川栄が同曲を歌うシーンがある[5]

脚注編集

外部リンク編集