メインメニューを開く

きみとぼく』は、1994年から2000年ソニー・マガジンズ(現エムオン・エンタテインメント)から発行されていた少女向け漫画雑誌

歴史編集

1994年にソニー・マガジンズがコミック部門に進出した際に創刊される。母体はスコラのコミック編集部で、スコラ倒産後、移籍してきたもの。2000年6月号で休刊になり、季刊誌『コミックきみとぼく』になり、vol.4まで発行される。その後、アンソロジーコミック「WALLFLOWER」となる。2001年、ソニー・マガジンズがコミック事業から撤退したことで、幻冬舎傘下の幻冬舎コミックスに引き継がれた。

掲載作品編集