くじらは、日本男性歌手作詞家作曲家編曲家ボカロPである。

くじら
出身地 日本の旗 日本
ジャンル
職業
活動期間 2019年 -
レーベル MASTERSIX FOUNDATION
(2021年 - )
公式サイト くじら公式サイト

略歴編集

  • 2019年4月1日、YouTubeニコニコ動画に初のボカロ楽曲「アルカホリック・ランデヴー」を投稿し、活動を開始する。
  • 2019年8月、1stフル・アルバム『ねむるまち』をリリース。
  • 2019年11月2日に投稿した楽曲「ねむるまち」がSpotify「バイラルトップ50(日本)」で9位にランクイン[1]、YouTube再生数は1000万回を超える[2]
  • 2020年4月17日に投稿されたyamaの楽曲「春を告げる」の作詞作曲、編曲を担当。この楽曲は後にSpotify「バイラルトップ50(日本)」で1位となった[3][4]ほか、「Billboard Japan Hot 100」で最高7位、ストリーミング累計再生回数は1億回を突破するヒットとなった[5][6]
  • 2020年10月15日、1st feat.&VOCALOIDアルバム『寝れない夜にカーテンをあけて』をリリース[7]
  • 2022年8月17日、初めての全曲自身歌唱である2ndアルバム『生活を愛せるようになるまで』をリリース[8]
  • 2022年12月5日、初のワンマンライブ『鯨と水星』を渋谷WWWXにて開催[9]

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

# タイトル リリース日 収録曲 備考
1st ねむるまち 2019年8月12日
  1. Bad Day Dream (inst)[注釈 1]
  2. アルカホリック・ランデヴー
  3. fuddle[注釈 1]
  4. 泡沫[注釈 1]
  5. 幽霊少女
  6. 雨が降る夜街に (inst)[注釈 1]
  7. 狂えない僕らは
  8. Dance in the milk
  9. 午前五時半の憧憬[注釈 1]
  10. さよなら (inst)[注釈 1]
  11. ねむるまち
feat
&
VOCALOID
寝れない夜にカーテンをあけて 2020年10月15日
  1. 東京、一人暮らしにて (intro)[注釈 1]
  2. 金木犀 (feat.Ado)
  3. Night Candy (feat.ねんね)
  4. ひぐらし (feat.水槽)
  5. アルカホリックランデヴー (self cover)
  6. 偽狼少年 (feat.SiN)
  7. インサイド・ナイトルーパー (feat.NORISTRY)
  8. 夜桜 (feat.めいちゃん)
  9. ねむるまち (feat.yama)
  10. シーサイド・モーテル (feat.ちょまいよ)
  11. 寝れない夜に (feat.yama)
  12. No one is here (outro)[注釈 1]
DISC1にはFlower版が、DISC2にはfeat.版が入った2枚組[7]
2th 生活を愛せるようになるまで 2022年8月17日
  1. うそだらけ
  2. キャラメル
  3. 水星
  4. 悪者
  5. 呼吸
  6. エンドロール
  7. 薄青とキッチン
  8. 四月になること
  9. 愛など
  10. いのちのせんたく
  11. ジオラマの中で
  12. 抱きしめたいほど美しい日々に
  13. 生活を愛せるようになるまで

楽曲提供編集

  • 水槽「アイリス」(作詞・作曲・編曲)
  • yama
    • 春を告げる」(作詞・作曲・編曲)
    • 「クリーム」(作詞・作曲・編曲)
    • 「Downtown」(作詞・作曲・編曲)
    • 「a.m.3:21」(作詞・作曲・編曲)
    • 「あるいは映画のような」(作詞・作曲・編曲)
    • 「色彩」(作詞・作曲・編曲)
  • しゅーず「アネモネ」(作詞・作曲・編曲)
  • めいちゃん「季節と私の話。」(作詞・作曲・編曲)
  • ねんね「ミステリーワールド」(編曲)
  • OTONOHAプロジェクト「足跡は消えてゆく」(作詞・作曲・編曲)
  • DISH//君の家しか知らない街で」(作詞・作曲・編曲)
  • 春茶「きれいなものだけ」(作詞・作曲・編曲)
  • いおたす「誰か教えて」(編曲)
  • MAISONdes
    • 「本当は夜の端まで、」(作詞・作曲・編曲)
    • 「For ten minutes, for a hundred yen」(作詞・作曲・編曲)
  • にしな「透明な黒と鉄分のある赤」(作詞・作曲・ベース・プロデューサー)[注釈 2]
  • りぶ「手紙と迷路」(作詞・作曲)
  • May'n「シキザクラ」(作詞・作曲・編曲)
  • SixTONESフィギュア」(作詞・作曲・共編曲)
  • 菅原圭ブランケット」(作詞・作曲)
  • Payrin's「シアター」(作詞・作曲・編曲)
  • Ado花火」(作詞・作曲・編曲)
  • さんひ
    • 「銃口をこちらに向けて」(ベース・編曲)
    • 「ペトリコールについて」(作詞共作・作曲共作・編曲)
  • 青虫
    • 「ゆぶね」(作詞・作曲・編曲)
    • 「記憶の部屋」(作詞・作曲・編曲)
    • 「ケーキみたいだ」(作詞・作曲・編曲)
  • 山下大輝「キャンドル」
  • 花譜「春陽」(作詞・作曲・編曲)
  • NORISTRY「今日も僕らは」(作詞・作曲)

ライブ編集

ワンマンライブ編集

公演年 公演日 公演名 会場
2022 12月5日 鯨と水星 渋谷WWW X

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f g h CDのみの楽曲
  2. ^ にしなとの共作

出典編集

  1. ^ くじら「ねむるまち」Spotifyバイラルチャート急上昇 新世代ボカロPの詞曲に共通する“諦念”のムード” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2020年12月6日閲覧。
  2. ^ yama「春を告げる」がバイラルチャート急上昇 カバーからオリジナル曲へ、高い注目集めネット発のヒットに” (日本語). Real Sound|リアルサウンド. 2020年12月6日閲覧。
  3. ^ “DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE ver.~」バイラルチャート上昇中 表現者として成長し続ける北村匠海の歌声”. Real Sound. https://realsound.jp/2020/06/post-561645.html 2020年12月21日閲覧。 
  4. ^ “yama「春を告げる」がバイラルチャート急上昇 カバーからオリジナル曲へ、高い注目集めネット発のヒットに”. Real Sound. https://realsound.jp/2020/05/post-558058.html 2020年12月21日閲覧。 
  5. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 2021年6月27日閲覧。
  6. ^ yama「春を告げる」ストリーミング累計1億回再生を突破 | Daily News”. Billboard JAPAN. 2021年6月27日閲覧。
  7. ^ a b https://twitter.com/whaledontsleep/status/1315247614133104640” (日本語). Twitter. 2020年12月6日閲覧。
  8. ^ くじら、初の自身歌唱アルバム「生活を愛せるようになるまで」8/17発売決定。アートワークは漫画家・浅野いにお描き下ろし。”. PR TIMES. 2022年8月18日閲覧。
  9. ^ くじら、初ワンマンライブ『鯨と水星』で見せた生歌唱での多彩な表現 アーティスト名の由来も明らかに”. Real Sound. 2022年12月10日閲覧。

外部リンク編集