メインメニューを開く

くずはタワーシティは、大阪府枚方市にある超高層マンション

目次

概要編集

京阪電気鉄道が開発したくずはローズタウンというニュータウンに位置する。京阪本線樟葉駅に隣接するくずはモールと連結する。敷地面積は14,402.08平方メートル。

超高層棟(T棟)の他、3棟の中高層棟、フィットネス棟の5棟からなっている。

超高層棟(T棟)は、高さ136.8m、42階建てで、戸数は273戸。2003年に完成。完成当時は、世界で最も高い免震住宅だった[1]。最上階からは、枚方市、高槻市、八幡市などが一望できる。

なお、高層棟(A棟)は24階建て・112戸。中層棟(B棟)は13階建て・56戸。中層棟(C棟)は11階建て・47戸。フィットネス棟は4階建てである。マンションの運営は京阪電気鉄道である。

周辺編集

脚注編集

関連項目編集