メインメニューを開く
武器のくない

くないとは、忍者が使用した両刃の道具。漢字では「苦内」「苦無」等と表記される。

サイズは大苦無(13 - 15cm程)と小苦無(8 - 10cm程)がある。平らな鉄製の爪状になっていて、壁を登ったり、門扉などの備えが厳重で潜入困難な場合に[1]壁や地面に穴を掘るスコップとしての使い方や、武器にも使用されるなど、現代でいうサバイバルナイフに近い装備であった。後部が輪状になっており、紐や縄を通して使用したり、水を張ってレンズ代わりにするなどの使い方もあった。小型のものは手裏剣のように使われることもあり、「飛苦無」(とびくない)と呼ばれた。

現代のフィクション作品においては、棒手裏剣のバリエーションとして扱われることが多々あるが、上記のように実際には多用途に使われるものである。


脚注編集

  1. ^ 山口正之『忍者の生活』雄山閣出版、1981年、4-639-00089-8

関連項目編集