くま川鉄道湯前線

熊本県人吉市の人吉温泉駅から熊本県球磨郡湯前町の湯前駅に至るくま川鉄道の鉄道路線。

湯前線(ゆのまえせん)は、熊本県人吉市人吉温泉駅から熊本県球磨郡湯前町湯前駅に至るくま川鉄道鉄道路線である。

湯前線
人吉温泉駅に入線するKT-500形.jpg
人吉温泉駅に入線するKT-500形
概要
起終点 起点:人吉温泉駅
終点:湯前駅
駅数 14駅
運営
開業 1924年3月30日 (1924-03-30)
三セク転換 1989年10月1日
所有者 鉄道省運輸通信省運輸省
日本国有鉄道(国鉄)→
九州旅客鉄道(JR九州)→
くま川鉄道
使用車両 くま川鉄道#車両を参照
路線諸元
路線総延長 24.8 km (15.4 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 全線非電化
運行速度 85 km/h[1]
テンプレートを表示

旧国鉄特定地方交通線であった九州旅客鉄道(JR九州)湯前線を転換して開業した路線。人吉盆地の東西を結んでいる。

路線データ編集

  • 管轄(事業種別):くま川鉄道(第一種鉄道事業者
  • 路線距離(営業キロ):24.8km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:14駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:なし(全線単線
  • 電化区間:なし(全線非電化
  • 閉塞方式:タブレット閉塞式(人吉温泉 - あさぎり間)、スタフ閉塞式(あさぎり - 湯前間)
    • 交換可能駅:1(あさぎり)
  • 保安装置:ATS-SK
  • 最高速度:85km/h[1]

利用状況編集

沿線に複数の高等学校があり、高校生の通学利用が8割と大半を占める[2]

輸送人員は減少傾向にあるが、沿線の県立多良木高等学校が統廃合のため2017年度をもって募集を停止したことにより、近隣から高等学校が消滅した多良木町湯前町から人吉温泉駅方面への利用が増え、定期利用者に限っては2015年の約51万9千人から、2017年には約60万2千人に増加している[2]

輸送実績編集

湯前線の輸送実績を下表に記す。[3] 表中、輸送人員の単位は万人。輸送人員は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別輸送実績
年 度 輸送実績(乗車人員):万人/年度 輸送密度
人/1日
特 記 事 項
通 勤
定 期
通 学
定 期
定期外 合 計
2005年(平成17年)     15.7 91.8    
2006年(平成18年)            
2007年(平成19年)            
2008年(平成20年)            
2009年(平成21年)            
2010年(平成22年)            
2011年(平成23年)            
2012年(平成24年)     16.0 74.0    
2013年(平成25年)     16.0 72.3    
2014年(平成26年)     15.9 69.8    
2015年(平成27年)     15.8 69.4    
2016年(平成28年)     13.5 71.2 1,108  
2017年(平成29年)     13.2 75.4    

運行形態編集

転換前は八代駅までの肥薩線直通運転があり、さらに1993年頃まで急行「くまがわ」上り1本が湯前線内を普通列車として運転されていたが、以後はすべて線内折り返し運転であり、1 - 2時間に1本程度(2014年3月15日改正時点で1日あたり定期列車14往復と後述の観光列車1往復。平日、休日とも同じダイヤ)の運行になっている。日中は並行する産交バスの方が本数が多い。また、転換後から22時台に上り最終列車として途中多良木駅・免田駅(現:あさぎり駅)・相良藩願成寺駅の3駅のみに停車する快速が運転されていたが、2009年3月14日のダイヤ改正で各駅停車になった。1両編成(単行運用)の列車はワンマン運転を実施し、2両編成以上の列車には車掌が乗務する。

観光列車編集

2009年4月から2016年6月まで一部の列車に観光車両「KUMA1」「KUMA2」が使用されていた[4]

2014年3月15日からは昼間にKT-500形車両「田園シンフォニー」による観光列車が運転されていた。2017年3月改正時点では土休日に下り人吉温泉発湯前行きのみの運転となっている[5]。2019年から列車名が「観光列車はぴねすトレイン」となった[6]。観光列車は他の列車よりも速度を落として運転する。当初、観光列車は相良藩願成寺駅・肥後西村駅・東免田駅・公立病院前駅・新鶴羽駅を通過していたが、2015年3月14日のダイヤ改正時点では全駅に停車するようになっている[7]。全車座席指定で、2019年10月1日時点の発売額は運賃(往復の場合は一日乗車券)・座席指定料金・はぴトレセット(専用絵馬、切手付きオリジナルポストカード、サインペン)のセットで片道1500円、往復2000円(いずれも大人)[8][9]である。往復の場合は一日乗車券がセットされるので他の列車も終日利用できた。

2020年3月8日をもって観光列車の定期運転が終了。以後は貸切や団体のみでの運転となる[10]

歴史編集

改正鉄道敷設法によって湯前駅から妻線の杉安駅まで延伸が計画されていたが、建設されぬまま宮崎県側の佐土原 - 杉安間の妻線は1984年に廃止された。湯前駅から西米良村の村所を経て杉安駅・西都バスセンター間を結んでいたJR九州バス日肥線1996年に湯前駅 - 村所が西米良村営バス、1998年に村所 - 西都バスセンター間が宮崎交通バスに移管された。

  • 1924年(大正13年)3月30日 湯前線として人吉 - 湯前間が開業、肥後西村・一武・免田・多良木・湯前の各駅を新設。
  • 1937年(昭和12年)4月1日 東人吉駅を新設。
  • 1953年(昭和28年)7月15日 川村・木上の両駅を新設。
  • 1963年(昭和38年)4月5日 東免田・東多良木の両駅を新設。
  • 1974年(昭和49年)10月1日 多良木 - 湯前間の貨物営業を廃止。
  • 1980年(昭和55年)6月1日 人吉 - 多良木間の貨物営業を廃止。
  • 1987年(昭和62年)
    • 2月3日 第3次特定地方交通線として廃止承認。
    • 4月1日 国鉄分割民営化にともない九州旅客鉄道が承継。
  • 1989年(平成元年)
    • 2月27日 第三セクター鉄道への転換が決定。
    • 10月1日 くま川鉄道に転換、東人吉駅を相良藩願成寺駅に改称、おかどめ幸福・公立病院前・新鶴羽の各駅を新設。
  • 1995年(平成7年)
    • 7月4日 午後4時56分、相良藩願成寺 - 川村間の線路が陥没しているところに人吉行き列車が通りがかり脱線転覆する事故[11][12]。乗客は乗っておらず、乗員2名が軽傷。これにより全線不通となる[12]
    • 7月7日 肥後西村 - 湯前間で運転再開[13][要検証]。その後、川村 - 肥後西村間も運転再開する[14]
    • 7月13日 全線復旧[14]
  • 1996年(平成8年)
    • 7月1日 おかどめ幸福 - 免田駅間の免田川橋梁が大雨により橋脚3基が傾いているのを下り始発列車の運転士が発見して緊急停止[15]。人吉 - おかどめ幸福間で折り返し運行となり、おかどめ幸福 - 湯前間はバス代行となる[16]
    • 7月3日 午後4時ごろ、相良藩願成寺 - 川村間の築堤が崩壊し、全線不通となる[17][18]
    • 7月8日 人吉 - おかどめ幸福間で運転再開し、おかどめ幸福 - 湯前間はバス代行となる[19]
    • 10月1日 全線復旧[20]
  • 2009年(平成21年)4月1日 免田駅をあさぎり駅に、人吉駅を人吉温泉駅にそれぞれ改称。
  • 2020年(令和2年)7月4日 令和2年7月豪雨の影響で、球磨川第四橋梁等の多くの設備が流出及び浸水し、全線で不通となる[21]

駅一覧編集

  • 全駅が熊本県に所在。また、人吉市以外は全町村球磨郡に属する。
  • 全列車とも各駅に停車する。
  • ()内は旧駅名。*印は転換時以降に設置された新駅
  • 令和2年7月豪雨の影響で、全線で不通となっている。
駅名 駅間
営業
キロ
累計
営業
キロ
接続路線 所在地
人吉温泉駅
(人吉駅)
- 0.0 九州旅客鉄道肥薩線(人吉駅) 人吉市
相良藩願成寺駅
(東人吉駅)
1.5 1.5  
川村駅 2.9 4.4   相良村
肥後西村駅 1.4 5.8   錦町
一武駅 3.4 9.2  
木上駅 2.1 11.3  
*おかどめ幸福駅 1.7 13.0   あさぎり町
あさぎり駅
(免田駅)
2.0 15.0  
東免田駅 2.4 17.4  
*公立病院前駅 1.1 18.5   多良木町
多良木駅 1.3 19.8  
東多良木駅 1.9 21.7  
*新鶴羽駅 1.6 23.3  
湯前駅 1.5 24.8   湯前町
  • 14ある駅のうち、改札業務などを行う有人駅は、人吉温泉・相良藩願成寺・あさぎり・多良木・湯前の5駅。その他の駅は無人駅である。

文化財編集

以下の施設が国の登録有形文化財に登録されている。

  • 御溝橋梁
  • 大王川橋梁
  • 石清水アーチ橋
  • 川村駅待合所
  • 球磨川第四橋梁
  • 第一高柱川橋梁
  • 第二高柱川橋梁
  • 内門橋梁
  • 第二覚井橋梁
  • 木上駅待合所及びプラットホーム
  • 崖下橋梁
  • 免田川橋梁
  • 井口川橋梁
  • 宮田橋梁
  • 平原アーチ橋
  • 東多良木駅待合所及びプラットホーム
  • 百太郎橋梁
  • 高橋川橋梁
  • 湯前駅本屋

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 線路施設・運転の概要(平成31年3月末現在) - 国土交通省九州運輸局
  2. ^ a b “乗車率130%、ローカル線の謎 都会並みの大混雑 皮肉なラッシュの背景とは 熊本のくま川鉄道”. 西日本新聞社. (2018年7月22日) (2018-07-22発行). オリジナルの2018年7月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180723114057/https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/434798/ 2018年7月23日閲覧。 
  3. ^ [1] - 平成30年九州運輸要覧、2019年7月26日閲覧
  4. ^ 熊本)くま川鉄道「KUMA」、26日ラストラン - 朝日新聞デジタル、2016年6月18日
  5. ^ JTBパブリッシング『JTB時刻表』2017年3月号 p.471
  6. ^ JTBパブリッシング『JTB時刻表』2018年3月号 p.471では「観光列車田園シンフォニー」、同2019年3月号 p.471では「観光列車はぴねすトレイン」
  7. ^ 『JTB時刻表』2014年3月号 p.465、同2015年3月号 p.467、JTBパブリッシング
  8. ^ 『JTB時刻表』2019年12月号 p.471
  9. ^ 観光列車”. くま川鉄道. 2019年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月20日閲覧。
  10. ^ 観光列車”. くま川鉄道. 2020年4月20日閲覧。
  11. ^ “くま川鉄道、列車が横転”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. 31. (1995年7月5日) 
  12. ^ a b “豪雨で相良村のくま川鉄道軌道敷が陥没、列車転覆”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. 27. (1995年7月5日) 
  13. ^ “湯前-肥後西村駅間 折り返し運転 普通のくま川鉄道”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. 20. (1995年7月7日) 
  14. ^ a b “大雨による脱線事故で運休していた くま川鉄道が運転再開”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. 28. (1995年7月14日) 
  15. ^ “くま川鉄道、重い復旧費”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1996年8月13日) 
  16. ^ “雨で増水、橋脚グラリ”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. 11(夕刊). (1996年7月1日) 
  17. ^ “くま川鉄道、また路床2ヵ所崩落、大雨で災害”. 西日本新聞 (西日本新聞社): p. 24. (1996年7月5日) 
  18. ^ “あんぐる96 くま川鉄道、災害復旧まで2カ月 経営難で抜本対策困難”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. 25. (1996年7月10日) 
  19. ^ “くま川鉄道 8日ぶりに一部が開通”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. 28. (1996年7月12日) 
  20. ^ “おかどめ幸福-湯前間、復旧 3カ月ぶり全線運転 くま川鉄道”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社): p. 1(夕刊). (1996年10月1日) 
  21. ^ “7月3日からの梅雨前線に伴う大雨による被害状況等について(第4報)” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国土交通省, (2020年7月5日), p. 12, オリジナルの2020年7月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200705094909/https://www.mlit.go.jp/common/001352038.pdf 2020年7月5日閲覧。 

関連項目編集