くやし涙』(くやしなみだ)は、NHK銀河ドラマ」枠で1970年3月9日から3月20日まで放送された連続テレビドラマである。全10回の白黒作品である。NHK大阪が制作した。

概要編集

「銀河ドラマ」第23作目である。昔の初恋の女性が忘れられず、その面影を求めて次々に巡り会う女性たちに心から尽くしては夢を踏みにじられる中年男の悲哀を、テレビに進出して間もない船越英二が演じるコメディドラマであった。

物語編集

大阪にある製薬会社課長の稲見は上司の親戚の娘淑子と結婚して十年、夫婦の間に波風は立たないが、子供もおらずやや倦怠期。上の階の住人小林の騒音に悩まされ疲労気味のある日、小学校以来の親友宮下からある女性との仲立ちを頼まれた。その女性諒子が昔の恋人にそっくりで、しばらく忘れていた稲見の恋心に火がつく。そんな時、旅行で訪れた鹿児島で知り合った若いホステスのユカと緑が大阪に現れたことで騒動が巻き起こる。

キャスト編集

スタッフ編集

参考資料編集

NHK 銀河ドラマ
前番組 番組名 次番組
めし
(1970.2.23 - 1970.3.6)
くやし涙
(1970.3.9 - 1970.3.20)
針千本
(1970.4.6 - 1970.4.17)