くりぃむしちゅーのどっきり大作戦

くりぃむしちゅーのどっきり大作戦』(くりぃむしちゅーのどっきりだいさくせん)は、日本テレビ系で不定期で放送されたドッキリバラエティお笑い特別番組である。

目次

概要編集

2005年3月29日放送の『くりぃむ芸能人研究所どっきり大作戦SP』を番組タイトルとしてスタートされた。

くりぃむしちゅーが芸能人たちとどっきりにひっかける番組で、内容は芸能界が芸能人を不満や悩みを訴えて依頼し、有田指令本部長が指示にしたがわせて解決する。

第2回から『卍くりぃむVS芸能人卍卍爆笑どっきり大作戦卍[1]と言うタイトルで(まんじ)が4つ書かれている。

第4回以後しばらく新作の放送が無かったが、2009年10月10日22:00 - 23:24に第5回(事実上の復活スペシャル)が放送された。

2007年10月から2008年3月には同様の番組『オトナの資格[2]が土曜17:30枠に放送されている。

第5回放送から9ヶ月後の2010年7月2日には本番組のコンセプトを一部継承した『うわっ!ダマされた大賞』が同局で放送されている。

特徴編集

どっきりのためだけに偽の民族や村、店を作ったりなど、多額の資金を投入している。そのため第2回以降のサブタイトルには毎回、「お弁当がでません」や「ギャラが減ります」等といったことが書かれている。また、司会の有田はかなり派手な衣装を着ていて、第2回では「実際に金をかけたのはこれではないか」と言われたことがある。

どっきりの進行中、シミュレーションのために関係のない芸人がどっきりにはめられたり、仕掛け人やスタッフの判断で依頼人もどっきりの巻き添えになることがある。ちなみにワッキー(ペナルティ)と田中卓志(アンガールズ)は毎回同じ趣旨のどっきりにひっかかっており、ワッキーは第4回では逆どっきりにまでひっかかっている。

主なドッキリ編集

  • 偽民族レポートドッキリ

コンビ愛を確かめるため海外レポートとして秘境の村の偽民族(演じているのは現地の人)を取材するが、そこで掟を破り相方が囚われの身になってしまう。その時ターゲットが相方を助けるか、自分の身を優先し逃げるかを調べる。

ドッキリの中でもかなりスケールが大きく、何にもない土地に数週間で集落を完成させるというちょっとした土木工事並みのレベルである。

  • 偽村おこしドッキリ

「巨大電気ウナギで電力発電」「巨大ミミズで電力発電」といった村おこしを芸人がレポートするが、ちょっとしたことでその生物が住む場所に落ちてしまい命の危機に陥るというドッキリ。もちろんそんな生物など存在しない。

このドッキリではシミュレーションとしてターゲットとは関係ない芸人まではめられる。また、依頼者の方が悪いという事で依頼者が、相方への嫉妬として仕掛け人がはめられることがある。

  • 偽風俗ドッキリ

偽の風俗にターゲットをおびきだし、その後衆人環視の中恥ずかしい格好でさらされるというドッキリ。 ワッキーの場合は衆人環視の中市中引き回された揚句、いきなり特設会場で小道具(毎回しゃもじ)を使って一発芸をさせられる。 一度堤下敦に自分プロデュースでかけようとしたが、本人が一番楽しんでいるという事で逆ドッキリにかけられた。

番組タイトル・放送日編集

※放送時間はいずれも日本標準時

放送回数 放送日及び放送時間 番組タイトル 視聴率 備考
第1回 2005年3月29日
19:00 - 20:54
くりぃむ芸能人研究所どっきり大作戦SP
第2回 2006年1月8日
19:58 - 21:48
卍くりぃむVS芸能人卍卍爆笑どっきり大作戦卍仕掛けに金かけすぎて交通費が出ませんSP 16.5% [3]
第3回 2006年10月5日
21:00 - 22:48
卍くりぃむVS芸能人卍卍爆笑どっきり大作戦卍仕掛けに金かけすぎてお弁当が出ませんSP 13.4% [4]
第4回 2007年4月5日
21:30 - 23:18
卍くりぃむVS芸能人卍卍爆笑どっきり大作戦卍仕掛けに金かけすぎてギャラが減りますSP 12.9% [5]
第5回 2009年10月10日
22:00 - 23:24
卍くりぃむVS芸能人卍卍爆笑どっきり大作戦卍上地雄輔ダマしたんで番組好感度最低ねSP 13.8% [6]

司会編集

総合司会編集

進行編集

  • 佐藤良子(日本テレビアナウンサー、第5回より)

ゲスト編集

スタジオ編集

依頼した芸能人編集

レポーター編集

仕掛け人の芸能人編集

どっきりにはまった芸能人編集

ほか

スタッフ編集

  • ナレーター : 垂木勉(番組当初~第3回, 5回)、木村匡也(第4回)
  • 構成 : 森一盛上野耕平桝本壮志吉橋広宣藤井靖大、石川裕郁、西村隆志、カツオ
  • TM : 江村多加司
  • SW : 木村博靖
  • CAM : 松嶋賢一
  • 音声 : 今野健
  • VE : 三山隆浩
  • 照明 : 小笠原雅登
  • ロケ技術 : 鴇田晴海(EAT
  • モニター : ミジェット
  • CG : ドラゴンファクトリー
  • 美術 : 中原晃一(第4, 5回)、小宮菜々子(第5回)
  • デザイン : 小林俊輔、大竹潤一郎(第5回)
  • 美術進行 : 大川明子(第3回)
  • 大道具 : 岩野健一(第5回)
  • 小道具 : 米山幸市(第5回)
  • メカシステム : 二階堂哲也(第3回)
  • 電飾 : 柏木淳(第3, 5回)、稲葉光宣(第4回)
  • 衣裳 : 宮田薫
  • 持道具 : 高橋由美(第5回)
  • メイク : 奥松かつら
  • VTR編集 : 若宮慎也(スタジオヴェルト、第5回)
  • MA : 奥田幸裕(スタジオヴェルト、第5回)
  • ノンリニア編集 : 亮木雄大(スタジオヴェルト、第5回)
  • 音効 : 幾代学SPOT、第5回)、佐藤賢治(SPOT、第5回)
  • TK : 塚越倫子
  • リサーチ : 宮内智弘(フォーミュレーション、第5回)
  • 編成 : 松隈美和(第5回)
  • 編成企画 : 鯉渕友康(第5回)
  • 広報 : 斉藤由美(第5回)
  • デスク : 小林祐子(第5回)
  • AD : 渡辺春佳、山崎恵美子、大友彩奈
  • AP : 柴田雅美(第5回)、原田里美、矢嶋麻実
  • ディレクター : 田口マサキ小俣猛、藤田幸伸
  • 演出 : 新井秀和(第5回は演出、第3, 4回はディレクター)
  • プロデューサー : 小沢太郎(第4回まで演出兼担当) / 永井英樹、天笠ひろ美(THE WORKS
  • 総合演出 : 財津功
  • チーフプロデューサー : 安岡喜郎(第5回以降)
  • 技術協力 : NiTRo(旧:日テレ映像センター
  • 美術協力 : 日テレアート
  • 制作協力 : AX-ON(旧:日テレエンタープライズ
  • 製作著作 : 日テレ

過去のスタッフ編集

  • チーフプロデューサー : 吉川圭三(第4回まで)
  • プロデューサー : 東山将之(第4回まで) / 阿部滋子、佐々木貴幸
  • AP : 白石綾子(初回~4回)、三浦佳憲(第3回)、佐野優子(第4回)
  • ディレクター : チャーリー小林、古山晃、諏訪陽介、福元洋之、大場剛、福島伸次郎、河野雄平、廣田健介、井上圭、タカハシミミズ(第4回)
  • 構成 : 柏木克紀
  • リサーチ : 島中譲
  • 制作進行 : 渡邉禎
  • デスク : 内田佳与子
  • 編成 : 大澤弘子(第4回)
  • 編成企画 : 毛利忍(第4回)、薗田恭子(第4回)
  • 広報 : 笹木奈緒美(第4回)
  • TM : 古川誠一(第2~4回)
  • SW : 米田博之(第3回)、安藤康一(第4回)
  • CAM : 榎本丈之(第3回)、荻野高康(第4回)
  • 音声 : 太田黒健至(第3回)、白水英国(第4回)
  • VE : 岡田真紀(第3回)、石山実(第4回)
  • 照明 : 小川勉(第3回)、下平好実(第4回)
  • マルチモニター : 小内一豊
  • CG : アイブリックスタジオ
  • 美術 : 磯村英俊(第3回)
  • 大道具 : 沖田浩史(第3回)、本郷寿樹(第4回)
  • 小道具 : 丸山善之(第3回)、中島浄(第4回)
  • メカシステム : 二階堂哲也(第3回)
  • 電飾 : 稲葉光宣(第4回)
  • 特殊装置 : 佐藤政仁(第3回)
  • 特殊効果 : 平井隆生(第3回)
  • 衣裳 : 松本麻由(第3, 4回)
  • 持道具 : 柳下晃一(第3回)、三野尚子(第4回)
  • メイク : 村上静子(第4回)
  • VTR編集 : 横山亜希子(当初~第3回)、土井敬士(第4回)
  • MA : 水野貴浩(第3, 4回)
  • ノンリニア編集 : 横山亜希子、佐藤翔太
  • 音効 : 譲矢健志(第3回)、岡田淳一(第4回)
  • 制作協力 : ザイオンSp!ce Factorychariie's ZORO

脚注編集

  1. ^ 新聞等の番組欄には「」の文字が入っていない。
  2. ^ 司会は大竹一樹さまぁ〜ず)・名倉潤ネプチューン
  3. ^ 当日は上田がレギュラー出演している『おしゃれイズムスペシャル』(22:00 - 23:00)とセットで放送された。
  4. ^ くりぃむ有田の方は…やる気全開4時間SP』内にて放送。
  5. ^ 野球中継により30分遅れ。
  6. ^ 当日は、くりぃむしちゅーがレギュラー出演している『世界一受けたい授業スペシャル』(18:30 - 21:54)とセットで放送された。

外部リンク編集