メインメニューを開く

くるめりあ六ツ門(くるめりあむつもん)は、福岡県久留米市の中心部にある大規模ショッピングセンターである。

くるめりあ六ツ門
KURUMERIA-MUTSUMON
Kurumeria 01.JPG
店舗概要
所在地 830-0031
福岡県久留米市六ツ門町3番11号
開業日 2010年平成22年)7月29日
延床面積 25,298 m²
商業施設面積 約13,000 m²
中核店舗 マミーズ・サンドラッグ
宮脇書店・Seria
市立六ツ門図書館・児童館
店舗数 28店
営業時間 10:00 - 22:00
駐車台数 約300(うち直営72)台
前身 ユニード ショッパーズ久留米店

ダイエー六ツ門店
商圏人口 411,351人
(10km以内・2009年)
最寄駅 西鉄久留米駅
最寄IC 九州道久留米IC
Mammy's
PREMIUM
ダイエー六ツ門店
Daiei Mutsumon
店舗概要
開業日 1983年昭和58年)3月31日
ユニードショッパーズ久留米店)
閉業日 2005年(平成17年)11月20日
正式名称 六ツ門プラザビル
(六ツ門再開発ビル)
施設所有者 六ツ門プラザ
(六ツ門第一地区市街地再開発組合)
施設管理者 六ツ門プラザ
(六ツ門第一地区市街地再開発組合)
延床面積 25,298 m²
商業施設面積 12,941 m²
中核店舗 ダイエー六ツ門店
店舗数 Daieiと12の専門店
営業時間 10:00 - 24:00(B2-1F)
10:00 - 21:00(2-6F)。
セール時は9:00開店。
駐車台数 533(契約含む)台
前身 タイホー六ツ門店など(建替え
後身 くるめりあ六ツ門
daiei

2005年平成17年)11月まで「ダイエー六ツ門店」であったビルを改装して、2010年(平成22年)7月29日に開業した。

目次

概要編集

  • 所在地 - 福岡県久留米市六ツ門町3番11号
  • 売場面積 - 約13,000m²(図書館などを含む)
  • 建物規模 - 地上6階-地下2階(屋上は閉鎖中。ダイエー時代はプレイランドがあった)
  • 店舗数 - 約35店舗(4階開業時の予定店舗数)
  • 駐車場台数 - 地下2階72台、その他契約駐車場369台。
  • 営業時間 - 10:00-22:00(地階、1階、3階の主要店舗、その他は店舗により異なる)
  • 休店日 - 正月など。店舗により異なる。


柳川市に本社を置く食品スーパー「マミーズ」と、大手ドラッグストア「サンドラッグ」、大手100円ショップ「セリア」、「宮脇書店」を核店舗とする複合商業施設で、「久留米市立六ツ門図書館」も入居する。

飯塚市に本社を置く不動産会社「ティーティーエス企画」が管理を行っている。

久留米市中心部の「六ツ門あけぼの商店街」に近接して立地しており、西鉄久留米駅、JR久留米駅、久留米市役所なども徒歩圏内である。

かつては1983年に開業した「ユニードショッパーズ久留米店」(後のダイエー六ツ門店)が核店舗であり、第3セクター企業「六ツ門プラザ」が管理を行っていたが、2005年11月に閉鎖された後は空き店舗となっていた。

2007年に「六ツ門プラザ」が破産した後、2008年末に「ティーティーエス企画」に建物が買収され、2010年(平成22年)7月29日に開業した。

沿革編集

  • 1982年昭和57年)5月 - 大規模小売店舗法に基づき「六ツ門再開発ビル」の出店申請がなされる。
  • 1983年(昭和58年)3月31日 - ダイエーと業務提携をしていたユニードにより「ユニードショッパーズ久留米店」として開業。ビル名称は「六ツ門プラザビル」。ダイエーグループとしては久留米市4店目。
  • 2003年平成15年)10月 - 6階「大川家具センター」が倒産により閉店。6階を閉鎖。
  • 2004年(平成16年)6月25日 - 6階にキャンドゥが出店、6階の営業を再開。
  • 2005年(平成17年)1月20日 - ダイエーが撤退を表明。近隣の香椎店、荒尾店、熊本店(のちに存続)などと同時発表。
  • 2005年(平成17年)11月20日 - ダイエー六ツ門店(旧ショッパーズ久留米店)が閉店。(久留米市のダイエー店舗は1店舗となる)
  • 2007年(平成19年)5月10日 - 建物を管理していた第3セクター企業「六ツ門プラザ」が破産。
  • 2008年(平成20年)12月 - 飯塚市に本社を置く不動産会社「ティーティーエス企画」が買収。
  • 2009年(平成21年)11月20日 - ハローデイや市立図書館を核店舗とすることを発表。
  • 2010年(平成22年)
    • 3月 - 複合商業施設として営業を再開するための改装工事に着工。
    • 6月 - ビル名称を「くるめりあ六ツ門」と決定。
    • 7月29日 - 地下2階‐2階が開業。
    • 8月6日 - 6階が開業。
    • 10月2日 - 5階、3階が開業。グランドオープン(4階のみ当面マンションモデルルームとして利用されるため未開業)。
  • 2011年(平成23年)4月 - 地下2階-1階の閉店時間が21時から22時に延長される。
  • 2012年(平成24年)11月6日 - 地下1階の食品売場がハローデイからマミーズプレミアムになる。
  • 2013年(平成25年) - 4階が全面開業。

フロア案内編集

以下は主な店舗。太字は核店舗。

フロア概要
RF
6F サテライトキャンパスのフロア
高等教育コンソーシアム久留米 六ツ門サテライトキャンパス、学習ルーム
5F 市立図書館のフロア
久留米市立六ツ門図書館、久留米市児童センター
4F 医療モールのフロア
手芸マキ、プレミスト久留米 マンションモデルルーム、体操教室、立体駐車場連絡通路(トラストパーク六ツ門)
3F レストランとカラオケのフロア
バイキングレストランくるめりあARK、カラオケくるめりあARK、多目的ホール
2F ファッションと生活雑貨のフロア
セリア宮脇書店、ヒツジヤ、ばーすでぃ、NASU、占い、催事場 ほか
1F ドラッグストアと喫茶のフロア
サンドラッグ、サービスカウンター、資生堂ショップ・美容室PURE、木村屋、G-1キッチン、ストーンビカ、西日本旅行、ほけんショップ、クリーニング ほか
B1F 食品と雑貨のフロア
マミーズプレミアム、業務スーパーマミーズプライスクラブ、地球文化屋、フラワーショップマルシェ、韓国料理 韓流屋台朱蒙、ゲームコーナー ほか
B2F 駐車場
地下駐車場

主なテナント編集

 
夜間イルミネーションの点灯時。

ショップ編集

  • マミーズ - 食品スーパー
  • サンドラッグ - 医薬品、雑貨、化粧品
  • セリア - 100円ショップ
  • くるめりあARK - バイキングレストラン&カラオケ
  • 宮脇書店 - 書店
  • 手芸マキ - 手芸店
  • 天然石の手作り屋STONE BIKA - アクセサリー
  • 資生堂ショップPURE - 化粧品
  • フラワーパークマルシェ - 生花
  • HITSUJIYA - ヤングカジュアル(商店街火災により久留米一番街から移転)
  • ばーすでぃ - 婦人服
  • アン・ミリヨン - 雑貨、婦人服
  • 地球文化屋 - 雑貨、婦人服
  • 木村屋 - ベーカリー
  • G-1キッチン - 惣菜、弁当
  • 竹島青果店 - 八百屋(店舗外からしか入店出来ない)

飲食店編集

  • ビュッフェレストランARK - レストラン
  • arcus - 久留米バーガー、ファーストフード、洋菓子
  • コカコーラウエストベンディングカフェ - 喫茶・自動販売機コーナー
  • 韓流屋台朱蒙 - 韓国料理

サービス編集

  • 西日本旅行 - 旅行代理店
  • 美容室PURE - 美容院
  • くるめりあARK - カラオケ
  • ホームドライ - クリーニング
  • ほけんショップ - 保険代理店
  • 占いコーナー
  • 証明写真コーナー
  • 西日本シティ銀行ATMコーナー
  • ゲームコーナー
  • 久留米市立六ツ門図書館
  • 久留米市児童センター
  • 高等教育コンソーシアム久留米 六ツ門サテライトキャンパス
  • プレミスト久留米 マンションモデルルーム

医療・メディカル編集

  • NASU - エステ・フィットネス
  • 体操教室 - 体操

過去に存在したテナント編集

  • アミューズメントフードホールハローデイ(スーパー、2012年撤退、現・マミーズ)
  • くるみぃ(クレープ店、2012年撤退、現・西日本旅行)
  • ライオンズ六ツ門サンリアンタワー マンションモデルルーム(2012年撤退、現・プレミスト久留米モデルルーム)
  • とり唐(唐揚げ、2011年撤退、現・朱蒙)
  • 色空(衣料、2011年撤退、現・地階催事スペース)
  • 水田屋J-スイーツカフェ菓風(喫茶・和菓子、2011年撤退、現・ストーンビガ)
  • アルクス(ハンバーガー、2011年撤退、現・G-1キッチン)

交通アクセス編集

公共交通編集

駐車場編集

店舗の地下2階に直営駐車場(72台)が、隣接して契約立体駐車場(約200台、開店当初は369台)がある。

駐車料金編集

1時間100円。各店舗の1,000円以上のお買い上げレシートを駐車券と共に1階総合案内所に提示すれば2時間無料となる。

また、久留米市立六ツ門図書館の営業時間内は図書館内にて手続きをし、総合案内所に提示すれば2時間無料となる。

周辺施設編集

その他編集

  • 店花は店舗名の由来でもある久留米市の市木「カメリア」(ツバキ)である。
  • 「久留米市中心市街地活性化基本計画」の一環として、改装工事には久留米市からの補助金も活用されている。
  • 客用エレベータはシースルーエレベータ1基のみであるために混雑時は注意が必要である。

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集