メインメニューを開く

くろがね工作所(くろがねこうさくしょ)は主に事務機器や医療、老健施設向け設備などを製造するメーカー。本社は大阪市西区みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]

株式会社くろがね工作所
Kurogane Kosakusho Ltd.
Osaka Yotsubashi Shinmachi Building.JPG
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
550-0013
大阪府大阪市西区新町1丁目4番地24号
設立 1936年3月17日
業種 その他製品
法人番号 8120001042947
代表者 代表取締役社長 神足泰弘
資本金 29億9,845万円
売上高 単体104億円、連結106億円
(2012年11月期)
純資産 単体33億円、連結36億円
(2012年11月)
総資産 単体98億円、連結105億円
(2012年11月)
従業員数 単体280人、連結312人
(2012年11月)
決算期 11月30日
主要株主 神足泰弘 8.87%
くろがね生産持株会 4.61%
日本生命保険 4.30%
第一生命保険 3.98%
(2012年11月)
外部リンク www.kurogane-kks.co.jp
テンプレートを表示

事務用品のほかに医療用ベッドや医療用アキュドアユニット(後述)など医療設備に強みを持っているのが特徴であり、また世間では学習机のブランドとしても知られる。

社名のくろがねとは古来を表す言葉であり、スチール製品を扱うメーカーであることを主張している。

2013年7月、大阪証券取引所と東京証券取引所の現物株市場統合に伴い、東京証券取引所2部に上場。

目次

主な商品編集

事務用品編集

医療設備編集

  • アキュドアユニット
    同社開発の吊り下げ型ドアで引き戸になっている。そのため、開閉に力を必要とせず、またその際の音も発生しない。そして床にレールを敷かないため段差がなくバリアフリー対応。同社を代表するヒット商品となっている。
  • チェアベッド
  • 医療用ロッカー

その他編集

  • 劇場用チェア
  • 図書用設備
  • SOHO用品

脚注・出典編集

外部リンク編集