ぐるっと松江レイクライン

ぐるっと松江レイクライン(ぐるっとまつえレイクライン)は、島根県松江市で運行する観光周遊バス。

ぐるっと松江レイクライン

1995年8月1日に運行が開始された[1]ため、観光周遊バスとしては最古参にあたる。

松江駅松江しんじ湖温泉駅から、主要施設・観光施設を周遊する。時間帯により2ルートが運行されている。

特徴編集

コース編集

※全停留所記載

  • 松江駅 → くにびきメッセ前 → くにびき駐車場前 → 鍛冶橋 → 栄橋 → 京橋 → 松江城(大手前) → 大手前堀川遊覧船乗場 → 塩見縄手小泉八雲記念館前 → 堀川遊覧船乗場 → ふなつ橋 → 黒田町 → 四十間堀川 → 月照寺前 → 清光院下 → 松江しんじ湖温泉駅 → 千鳥町 → 福祉センター前 → 千鳥南公園 → 宍道湖大橋北詰 → 須衛都久神社前 → カラコロ工房前 → 大橋北詰 → 大橋南詰 → 天神町中央 → 灘町 → 県立美術館 → (夕日公園前 → 西嫁島2丁目 → 嫁ヶ島西 → 嫁ヶ島夕日公園) → 魚町 → 大橋南詰 → 宍道湖遊覧船乗場 → 松江駅
    • 日中は、夕日公園前・ホテル宍道湖前・嫁ヶ島西・嫁ヶ島に入らない。
    • 夕日鑑賞コース(嫁ヶ島運行ルート)はルートが大幅に変わります。詳細は公式サイトを参照。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “人気呼ぶ周遊バス 松江市交通局「レイクライン」”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (1995年8月21日) 

外部リンク編集