ぐんまちゃん

日本の群馬県のマスコットキャラクター

ぐんまちゃんは、群馬県マスコットキャラクターゆるキャラ)。

この名を持つキャラクターは2つあり[1]、この項では両方について説明する。

初代編集

 
初代ぐんまちゃん

初代ぐんまちゃんは1983年に群馬県で開催された第38回国民体育大会あかぎ国体)のマスコットキャラクターとして馬場のぼるのデザインで登場した[2][3]。国民体育大会のキャラクターとしては名前が初めて付けられた。「4本足で走る」をモチーフにしており、蒼色のを持つ。群馬県に著作権を移すときに「デザインの変更」を含めなかったため、デザインが2通りしかない[2]

国体終了後は県のマスコットキャラクターとなり、テレビ朝日系『さんまのなんでもダービー』に出演していた経歴もある。後に登場する「2代目」に名称が受け継がれることとなる。そうした中、現在も群馬県馬事公苑(前橋市)や道平川ダム(下仁田町)の壁画などにその姿を留めている[4]

2代目編集

ぐんまちゃん
対象
分類 都道府県のマスコットキャラクター
モチーフ ポニー
デザイン 中嶋史子
指定日 2008年
指定者 群馬県庁
性別 なし
身長 不明 cm
体重 不明 kg
備考 旧称「ゆうまちゃん」
公式サイト ぐんまちゃんオフィシャルサイト
テンプレートを表示
 
ぐんまちゃん家

現在、群馬県のPR活動で活躍しているのは2代目である。登場当時の名称は「ゆうまちゃん」で、1994年に群馬県で開催された第3回全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)のマスコットキャラクターとして初登場を果たした[5]。デザインは公募により、群馬県職員の中嶋史子のものが選ばれた[6][3]。名前は「ゆうあい」+「ぐん」から命名された。ポニーをモチーフにした「2頭身・2足歩行」で、「初代のちびっこ版」をコンセプトとした[6]。こちらは群馬県に著作権を移すときに「デザインの変更」を含めたため、基本の「緑色の帽子を被っている(男の子風)」の他に「リボンをしている(女の子風)」もの、各種服装を着ているものなど様々な種類がある。

以降、群馬県の広報紙の表紙を飾るなどして活躍の場が増え、群馬県開催の全国スポーツ・レクリエーション祭1996年)、全国健康福祉祭(ねんりんぴっく、2004年)など、ゆうあいピック以外のイベントにおいてもでもマスコットを務めた[5]

2008年7月、東京都中央区銀座に群馬県のアンテナショップである「ぐんま総合情報センター(通称:ぐんまちゃん家)」がオープンしたことをきっかけに、「ゆうまちゃん」が「2代目ぐんまちゃん」に改名して、群馬のPRに活躍することとなった[7][8]。群馬県の取り決める「取扱綱領」では「2代目ぐんまちゃん」が正式名称となっている[9]2015年第70回国民体育大会冬季大会(2015ぐんま冬国体)でもマスコットを務める。

群馬県の各自治体では、専用のぐんまちゃん入りイラストを制定しており、ご当地ぐんまちゃんとして活用されている[10]

2012年12月21日付で「群馬県宣伝部長」に就任している[11]。また、「好き好き!すき焼き大使」や「ギンヒカリ担当宣伝理事」等のPR大使にも任命。

毎年元日に群馬県で開催される全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)のTBSテレビの中継ではアイキャッチのCGアニメでBooBo(TBSのマスコット)とのたすきリレーを見せてくれる(2015年大会はぐんまちゃん単独で登場)。

TOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』では、群馬テレビが同番組をネットしていることから、番組セットにぐんまちゃんのぬいぐるみが飾られている[注釈 1]。同番組では群馬テレビマスコットの「ポチッとくん」のぬいぐるみも飾られている。また群馬テレビで放送中の県広報番組『 ぐんま一番 』ではMCのエレファントジョン(2017年4月以降はタイムマシーン3号に交代)とともにレギュラー出演している。

毎年「群馬県民の日(10月28日)」に発売される群馬県民手帳の表紙には箔押しされたぐんまちゃんがある他、ページの右隅にパラパラ漫画となったぐんまちゃんが掲載されている。

群馬県の公式ホームページは通常版に加え「ぐんまちゃんモード」があり、トップ絵やバナーがぐんまちゃん仕様に変化する。

群馬県は、ぐんまちゃんのブランド化に力を入れており、2020年度におけるブランド化関連予算は1億2518万円を計上したのに対し、2021年度の一般会計当初予算案においては、2.6倍にあたる3億2927万円を盛り込んだ[12]

プロフィール編集

  • 誕生日 - 2月22日(1994年のこの日の新聞紙上に公表された為[13][3]
  • 年齢 - 永遠の7歳(何回誕生日が来ても7歳のまま[14][3]
  • 特技 - 変身
  • 性別 - なし

コラボレーション編集

人気投票など編集

2005年「第一回全国対抗キャラクターコンテスト」(毎日新聞社主催)にて2位と大差(総票数の半数以上を得票)をつけて堂々の1位に。

ゆるキャラグランプリにおいて、2011年は18位[18]2012年は群馬県の公式HPで投票を呼びかけるなどのキャンペーンもあり、3位入賞を果たした[19]。2013年も引き続き3位入賞、そして2014年は1,002,505票を獲得し、念願のグランプリを獲得した[20][21]

着ぐるみ貸出制度編集

2000年から、ぐんまちゃんの着ぐるみを民間イベント向けに有料で貸し出し、キャラクターの知名度向上に役立てた[22][21]

2020年6月時点において、群馬県は合計18体の着ぐるみを所有しており、違う場所・同じ時間帯のイベントにも対応できた[22]。着ぐるみの貸し出し件数はピーク時で906件、2019年度だけでも787件[注釈 2]と、多くのイベントに向けて貸し出されてきた[22]。ところが、演者によって見た目やしぐさに差異が出てしまい[23]、2013年ごろから本来のキャラクターイメージにそぐわない事例に対する苦情が相次ぎ、県議会でも話題になった[21]。ゆるキャラグランプリで1を獲得した2014年、群馬県は演者向けにキャラクターのしぐさなどを記載したガイドラインを提示したが、順守されていないケースも相次いだ[22][21]

2020年5月12日、県のメディアプロモーション課はキャラクターイメージを守るため、着ぐるみの貸し出しを同年9月を以て終了し、10月以降はぐんまちゃん本人を隊長とした「ぐんまちゃんキャラバン隊」を無料で派遣する方針を立てた[21][23]。また、これに伴い、キャラバン隊の派遣先も、県や特産品のPRに限定された[22][23][21]

テレビアニメ編集

群馬県の製作・著作により、2代目ぐんまちゃんを主人公としたテレビアニメが2021年10月3日から12月26日までテレビ神奈川(放送幹事局)や群馬テレビほかにて放送された。全13回で、各回は7分のエピソード3本からなる[12][24]。ナレーションは本田貴子[25][26]

放送開始に先駆け、「ぐんまちゃんHELLOキャンペーン」が展開されたが、新型コロナウイルスの蔓延に伴い中断となった[27]。2021年8月8日には初回放送の試写会が予定されていたが、新型コロナウイルスの蔓延に伴い中止となった[28]

放送終了後は新作を模索される。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 同番組の土曜日版である『5時に夢中!サタデー』(2014年3月終了)、日曜日版である『夢中にサンデー!』(2013年9月終了)も含む。ただし、この2番組はTOKYO MXのみの放送であり、群馬テレビでは放送されていない。
  2. ^ 2019年度における着ぐるみの貸し出し件数について、朝日新聞の記事では「県の行事も含めて約790件」と記載されている[21]

出典編集

  1. ^ 群馬県 - シンボル - 群馬県公式ホームページ
  2. ^ a b 銀座に群馬県PR拠点「ぐんまちゃん家」-どうする?「ゆうまちゃん」”. (株)フェイス(高崎前橋経済新聞) (2008年6月8日). 2016年6月11日閲覧。
  3. ^ a b c d “ぐんまちゃん 飛躍の25年”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞社). (2019年4月5日). http://www.asahi.com/area/gunma/articles/MTW20190405101060001.html 2020年3月13日閲覧。 
  4. ^ オレは忘れない!「初代ぐんまちゃん」遺跡を探した - デイリーポータルZ(@nifty)、2014年11月12日
  5. ^ a b ゆるキャラグランプリ優勝の「ぐんまちゃん」!県の職員がデザイン”. CREATIVE VILLAGE (2015年5月29日). 2021年10月17日閲覧。
  6. ^ a b ゆるキャラGP優勝:制作者の県職員 ぐんまちゃんはわが子 - 毎日新聞、2014年11月4日配信
  7. ^ 群馬県のマスコット「ぐんまちゃん」 - 群馬県ホームページ
  8. ^ ゆうまちゃん「二代目ぐんまちゃん」襲名-「ぐんまちゃん家」オープンで”. (株)フェイス(高崎前橋経済新聞) (2008年7月8日). 2016年6月11日閲覧。
  9. ^ 「2代目ぐんまちゃん」の利用に関する取扱綱領 (PDF) - 群馬県公式ホームページ
  10. ^ 詳細はぐんまちゃん絵文字・壁紙を参照の事
  11. ^ ぐんまちゃん大忙し 県宣伝部長に就任 Archived 2013年1月1日, at the Wayback Machine. - MSN産経ニュース、2012年12月22日配信
  12. ^ a b 目指すはくまモン? 「ぐんまちゃん」ブランド化に3億円:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年2月12日). 2021年9月10日閲覧。
  13. ^ 【2月20日】「ぐんまちゃんお誕生日会」&「マスコット大集合」を開催します!(企画課)[リンク切れ] - 群馬県公式ホームページ
  14. ^ 「ぐんまちゃんお誕生日会」を開催しました Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine. - 群馬県公式ホームページ
  15. ^ 速報!スマホアプリにぐんまちゃん登場!! - 公式ブログ、2012年7月13日
  16. ^ 群馬県埋蔵文化財調査事業団 2013, pp. 1–2.
  17. ^ 上毛電鉄で「ぐんまちゃん列車」運転”. railf.jp(鉄道ファン・交友社) (2020年4月2日). 2022年2月8日閲覧。
  18. ^ 「ゆるキャラ(R)グランプリ2011」応援ありがとう! - 公式ブログ、2011年11月29日
  19. ^ ゆるキャラグランプリ2012で3位表彰台に立てました たくさんの応援ありがとうございました - 公式ブログ、2012年11月26日
  20. ^ 「ゆるキャラ(R)グランプリ 2014」結果発表!ゆるキャラグランプリオフィシャルサイト
  21. ^ a b c d e f g 森岡航平 (2020年6月7日). “「変なぐんまちゃん」出没にクレーム 貸し出し中止へ”. 朝日新聞. 2020年7月22日閲覧。
  22. ^ a b c d e 池田知之 (2020年6月29日). “ぐんまちゃん着ぐるみ 貸し出しを9月で終了 がに股や高すぎる背に苦情:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞. 2020年7月20日閲覧。
  23. ^ a b c ぐんまちゃん着ぐるみ 9月で貸し出し終了 派遣でブランド強化|社会・話題|上毛新聞ニュース”. 上毛新聞 (2020年5月13日). 2020年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月20日閲覧。
  24. ^ TVアニメ「ぐんまちゃん」10月放送開始、メインキャストに高橋花林、内田彩、小倉唯”. コミックナタリー. ナターシャ (2021年7月1日). 2021年7月1日閲覧。
  25. ^ アニメ『ぐんまちゃん』オフィシャルサイト”. 2021年9月19日閲覧。
  26. ^ きゃらくたー一覧”. アニメ『ぐんまちゃん』オフィシャルサイト. 2021年9月19日閲覧。
  27. ^ 「ぐんまちゃんHELLO(張ろう)」で盛り上げよう テレビアニメ放映を前にポスターを無料配布|文化・イベント|上毛新聞ニュース”. 上毛新聞 (2021年7月30日). 2021年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月10日閲覧。
  28. ^ “アニメ「ぐんまちゃん」試写会 延期のお知らせについて” (PDF). 群馬県公式ホームページ (群馬県). (2021年8月4日). https://www.pref.gunma.jp/contents/100211422.pdf 2021年9月10日閲覧。 

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集