メインメニューを開く
作者不詳 『土佐お化け草紙』より「けち火」

けち火(けちび)は、高知県に伝わる怪火[1]

概要編集

人間の怨霊が火の玉と化したものとされ、草履を3度叩くか、草履にをつけて招くことで招きよせることができるという[1]。火の中には人の顔が浮かんでいるともいう[2]

海上に現れるともいい、そのことから船幽霊の一種ともいわれる[3]奈良県に伝わる怪火・じゃんじゃん火と同一視されることもある[4]

民話研究家・市原麟一郎の著書によれば、大きく二つに大別され、人が死んだ瞬間にその肉体から発生したものと、眠っている人間から発生するものとがあるとされる[5]

後者の事例としては、明治初期の高知県香美郡(現・香美市)の以下のような民話がある。芳やんという男が夜道を歩いていると、物部川のそばで道端にけち火が転がっていた。近づくところころと転がりだすので、好奇心から追いかけたところ、けち火も逃げ出し、その内に人家に入り込んだ。その家では、うなされながら寝ていた男が目を覚まし、妻に「芳やんが追いかけて来るので必死に逃げて来た」と語ったという[6]

また同じく明治時代の高岡郡の民話では、斎藤熊兄という度胸のある男がけち火を目撃し、「ここまで飛んで来い」と怒鳴ったところ目の前に飛来して来た。斎藤はけち火を生け捕りにしようとするが、手でつかんだり足で踏みつけようとするたびにけち火は消え、また現れを繰り返した。ようやく両手でつかみ取って家へ持ち帰ったが、家で手を開くと、いつの間にかけち火は消えていた。翌日から熊兄は原因不明の熱病にかかり、そのまま死んでしまったという[7]

江戸時代土佐国(現・高知県)の妖怪絵巻土佐お化け草紙』(作者不詳)では、鬼火と書いて「けちび」とふりがながふられている[8]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 柳田 1956, p. 212
  2. ^ 多田克己『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、234頁。ISBN 978-4-9151-4644-2
  3. ^ 高木 1978, p. 250
  4. ^ 江戸の闇へとご招待! 大江戸魔界散歩”. 週刊エキサイト. エキサイト (2004年8月10日). 2008年5月14日閲覧。
  5. ^ 市原麟一郎編著『土佐の妖怪』一声社、1977年、225頁。ISBN 978-4-87077-022-5
  6. ^ 市原 1979, pp. 311-313.
  7. ^ 市原 1979, pp. 431-432.
  8. ^ 著者不詳「土佐お化け草紙」『妖怪百物語絵巻』湯本豪一編著、国書刊行会、2003年、66頁。ISBN 978-4-336-04547-8

参考文献編集

関連項目編集