メインメニューを開く

げそ天(げそてん)は、イカの足を揚げた天ぷらである。

山形県で消費量が高く、山形県内の蕎麦屋やラーメン屋のトッピングとして使用される他、居酒屋などで一品メニューとしても提供されている。

歴史編集

山形県の村山地方最上地方江戸時代頃から食べられたとされる。当時は生のイカが簡単には手に入らず、スルメの足(げそ)をで戻してから天ぷらにして食べるのが庶民の間で親しまれていたという。

脚注編集