こちら海です』(こちらうみです)は、1977年10月から2004年3月28日まで放送された紀行番組である。関西電力一社提供

こちら海です
ジャンル 紀行番組
出演者 岩国美弥子
牧野晴歌
猿渡ゆか
永倉由季
山本陽子
扇松真規子
ほか
製作
制作 KBS京都
サンテレビ
テレビ和歌山
福井テレビ
放送
音声形式モノラル放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1977年10月 - 2004年3月28日
放送時間当該節参照
放送分30分
回数1383

特記事項:
関西電力一社提供
出演者は初期の岩国を除き、番組末期の出演者
テンプレートを表示

概要編集

KBS京都サンテレビテレビ和歌山福井テレビの4局が共同制作していた番組で、26年半にわたって放送されていた。番組制作は各局がローテーション制で行い、京都・福井は日本海側 = 丹後半島若狭湾、滋賀は琵琶湖、和歌山は紀伊半島、兵庫は日本海・太平洋両側と、それぞれの沿岸地域に関連する海と人々の暮らしを取り上げたり、各地域の最新スポットを訪れたりしていた。年に数回ほど、各局のリポーターが集結する回もあった。

初期の本編エンディングでは音頭調のテーマ曲「チョッチョ節」が流れ、この曲の最後の部分でネット局テロップが出ていた。テロップは下記リニューアル後も継続されている。

1992年4月5日放送分をもって番組ロゴが一新された。

放送時間編集

  • 日曜 11:30 - 12:00 (KBS京都)
  • 日曜 12:00 - 12:30 (サンテレビ)
  • 日曜 18:30 - 19:00 (テレビ和歌山)
  • 日曜 10:00 - 10:30 (福井テレビ)

出演者編集

タイトルロゴ編集

初代(1977年10月 - 1992年3月)
「こちら海です」の下に波を現す形だった。海の部分が大きかった。
2代目(1992年4月 - 2004年3月)
ポップな書体になっており上にこちら、下に海ですと大きく配列。「こ」と「海です」がブルー「ち」がスカイブルー「ら」がオレンジとサーモンピンクのカラーを施し、小さい魚3匹とカモメが付く形だった。

番組の終了編集

スポンサーの関西電力が、2003年の美浜原子力発電所での配管ミスの事故をきっかけに広報活動を自粛(事実上のスポンサー降板)した関係で、2003年8月から8か月間はノンスポンサー(公共広告機構(現:ACジャパン)のコマーシャルに差し替え)となり、番組は2004年3月に終了した。最終回では、参加各放送局のリポーターが集結しての総集編が放送された。

その他編集

  • お笑いコンビ・オセロ中島知子は、学生時代にこの番組のリポーターを務めた経験がある。

関連項目編集

外部リンク編集

KBS京都サンテレビ 日曜正午前半枠
前番組 番組名 次番組
不明
こちら海です
各放送局別による別番組
テレビ和歌山 日曜18時台後半枠
不明
こちら海です
不明
福井テレビ 日曜10時台前半枠
不明
こちら海です
笑っていいとも!増刊号
(これより同時ネット)