メインメニューを開く

こてっちゃん 馬場(こてっちゃん ばば、1970年8月15日 - )は日本お笑いタレント。本名は馬場 和幸東京都調布市出身。かつてはたけし軍団に所属していた。身長165cm、体重65kg。

概要編集

1988年ビートたけしに弟子入りし、たけし軍団入団。師匠たけしより『ホルモン馬場』と命名される。後にたけし自身から『こてっちゃん馬場』と改名され、この名はたけし軍団を抜けた後も使っている。『スーパージョッキー』では「ふんばるまんず」のメンバーとして体を張って笑いを取った。

たけし軍団を離れた者の多くは、芸能界を引退したり、俳優に転身したりする者が多いが、こてっちゃん馬場は現在もお笑い芸人として活躍している稀有な存在である。

たけし軍団を離れ漫才コンビ海千山千として活動したが、解散。現在はピン芸人として活動している。主に漫談をやっている。漫談ネタとして、日常のビックリした話をネタにした『ビックリ漫談』。ネタの間に「あー!!ビックリしちゃったなー!!」とテンション高めて舞台上部を向きながら叫ぶ、ブリッジを入れた手法の漫談。また、1400人以上の芸能人・著名人等(一部動物も含む)の命日を本当に記憶し、観客から誕生日や記念日を聞き出し、その日に該当する有名人・著名人の命日を伝え、命日の語呂合わせの覚え方を面白おかしくした、『命日カレンダー』という漫談をやっている。本人曰く、林家ペーと逆転の発想からこの漫談は生まれたらしい。観客が自分の誕生日をリクエストすれば即答し、その日に誰が亡くなったのか、どのように亡くなったのかまできめ細かく教えてくれる。

「今日は何の日?」という365日、何の日なのか、どんな出来事があったのか知っているカレンダー漫談もある。

趣味、特技はプロレス観戦、日曜大工、有名人の墓参り、最近は都内の銭湯めぐりと幅広い。タップダンスもやっている。2005年10月にはお笑いライブの舞台で企画コーナーとして得意のタップダンスを披露したことがある。

現在、出演しているレギュラーライブは、不完全な未完成、ビックワールドライブ、元加賀演芸ライブ、こうしん演芸など。ライブ活動を精力的に行なっている他、ローカル誌等の執筆活動も行なっている。下町の老舗的お笑いライブの、元加賀演芸ライブでは、司会を務めている。また同ライブでは企画コーナーの大喜利をやっていて、ネタ以外に、大喜利の回答者としても出演し、とぼけた語り方と珍回答で笑いを取るが、実は座布団は意外に貯まらず、全部取り上げられていることが何度もある。最近では、“レッサーパンダの家系図”というネタがあり、日本の動物園にいるレッサーパンダの家系をこと細かく漫談してくれる。

2007年4月23日新宿ゴールデン街劇場でフリートークを中心にした、こてっちゃん馬場のかなり久々の単独ライブが行なわれた。観客席は満員だった。元たけし軍団そのまんま東東国原英夫宮崎県知事)との爆笑エピソード等、フリートークを中心にしたライブで、大いに盛り上がった。

2011年東国原英夫が出馬した東京都知事選挙期間中は、応援に駆けつけていた。東国原英夫の乗る街宣車の後ろを付いて行った際に、新宿西口付近を車で二段階右折しかけたというエピソードもある。

出演番組編集

関連項目編集

外部リンク編集